忍者ブログ

私ではなくキリストⅡ(東洋からの風の便りI)

「あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている。」(ピリピ2:15)

今や、恵みの時、今こそ、救いの日。神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません。

今もなお忍者ツールズにはログインもできない状態が続いている。このブログを除き、ホームページやブログの更新ができなくなっているが、物事は困難な方が面白い。大々的に自己宣伝して更新を触れ回るようなことは、もともと筆者の好みではない。いつまでこうした状況が続くか知らないが、表向きは、更新もされていないように見えながら、知る人のみ知るよう、記事がこっそり書き足されている状況は、なかなか乙だと思う。

昔々、大震災が起きたとき、亀裂が入り、液状化現象が起きているアスファルトの道路の上を、自転車をこいで願書を出しに行ったときのことを思い出す。大事な時期に、まあ、世界の終わりのような、えらいことが起きてしまった、と感じたが、筆者はただ自分のなすべきことを淡々と果たすだけであった。

当ブログに対しては、何とかして当ブログの正しい訴えを妨害しようと、ひどい中傷の嵐が掲示板で吹き荒れたことは記憶に新しい。その後も、ひどい妨害が起き続けた。まことに異常な事件が起き続け、今になっても、何とかしてこのブログを地上から消し去ろうと願い続けている存在があるらしい。だが、目的は初めからそこにある。この信仰の証しのブログを地上から殲滅することが、敵の目的なのである。

要するに、それほどまでに、牧師制度を糾弾することが許せない、と考えている人たちがいるということだ。

いや、牧師制度を糾弾するというより、地上にはまるで本物のように広がっているキリスト教界の偽りなることを語る者が出て来ては困るということなのだ。牧師や教師などとに頼らず、万民祭司の原則を、この地上で忠実に実現し、神にのみ頼って生きようとする者が現れると、困る人々が大勢いるのだ。

何しろ、霊的中間搾取が成り立たなくなってしまうからだ。中間搾取だけで成り立っている商売が、あがったりになってしまうからだ。だから、妨害はいつまで経ってもやまないのである。

とはいえ、掲示板での中傷などは、それが止まった時期を考えてみれば、どの筋から来た妨害工作であったのか、読者にはすぐ分かるはずだ。

筆者は諦めたり、退却するつもりもない。今はまだ語れない多くのことがあるが、時が来れば、明らかにできるだろう。

筆者が目指しているのは、あらゆる意味で、この悪しき中間搾取から抜け出て、主イエスの名を通して、父なる神に直結し、誰からも霊的搾取を受けないで、神から恵みをじかに受け、神との直接的な交わりを失わないでいられる、そういう生活を送ることなのである。

そして、栄光から栄光へ、鏡のように主に栄光を反映させながら、本当に主に似た者とされるとは、どういうことなのか、知りたいと思っている。

霊的中間搾取というのは、モーセの書を朗読するときに、顔にかかる覆いのようなものである。そして、霊的中間搾取を受けるか受けないか、という問題と、地上で中間搾取を受けるか受けないか、という問題は、どこかしら密接につながっているように思われてならない。

本当はキリスト者一人一人が、父なる神に直接つながり、御言葉を自分で解釈し、恵みを受けられるはずなのに、これをピンハネする存在がある。キリスト者の目をくらまして、何とかして霊的中間搾取に気づかせまい、そこから逃がすまいとする勢力は確かに存在する。

聖書は、全世界は悪しき者の支配下にあると言う。しかし、同時に、我々、贖い出された者たちは、サタンの支配下から連れ出され、愛する御子の支配下に入れられている。主に向くときに、私たちの心の覆いは取り除かれる。私たちの命は、キリストと共に、神の命の中に隠されている。このことをはっきりと心に覚えよう。

私たちはこの土の器の中に神のはかりしれない力をいただいているのであり、神は教会を通じてすべての存在に対して、ご自分の多種多様な知恵を現されることを願っておられる。私たちは弱くとも、主は強く、カルバリでキリストは勝利を取られ、世に打ち勝ったのだから、彼を信じる者も、必ず勝利する。このことを覚えよう。

それゆえ、何も絶望することはなく、我々は勝利を求め、根気強く、敵に渡った陣地を取り返し、そこに復活の旗を立てて行かねばならない。

「でも、ヴィオロンさん、あなたは少しも勝ってなんかいないじゃないですか。いつも追い詰められて、中傷されて、恥をかかされ、窮地に立たされているのではありませんか? それでどうしてキリストの勝利の証なんかできるというんです? どこに勝利があるんです?」

人々はそう尋ねて来るかも知れない。ヨブに対して神を呪って死になさいと言った彼の妻のように。しかし、筆者は言う、いや、今日が恵みの日、救いの日だと。パウロの言葉を思い出そう。


「わたしたちはまた、神の協力者としてあなたがたに勧めます。神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません。なぜなら、「恵みの時に、わたしはあなたの願いを聞き入れた。救いの日に、わたしたちはあなたを助けた」と神は言っておられるからです。


今や、恵みの時、今こそ、救いの日。わたしたちはこの奉仕の務めが非難されないように、どんな事にも人に罪の機会を与えず、あらゆる場合に神に仕える者としてその実を示しています。


大いなる忍耐をもって、苦難、欠乏、行き詰まり、鞭打ち、監禁、暴動、労苦、不眠、飢餓においても、純真、知識、観桜、親切、聖霊、偽りのない愛、真理の言葉、神の力によってそうしています。


左右の手に義の武器を持ち、栄誉を受けるときも、辱めを受けるときも、悪評を浴びるときも、好評を博するときにもそうしているのです。


わたしたちは人を欺いているようでいて、誠実であり、人に知られていないようでいて、よく知られ、死にかかっているようで、このように生きており、罰せられているようで、殺されてはおらず、悲しんでいるようで、常に喜び、貧しいようで、多くの人を富ませ、無一物のようで、すべてを所有しています。」(2コリント:1-10)


聖書の原則は、私たちがキリストを知ることにより、「選びから除外された者が選ばれた民になる」、「愛されなかった者が愛される者となる」、「罪を宣告された者が赦しを得る」、「死に定められたはずの者が生きる」というものだ。

世には自分の手練手管により栄達を得る者がいる。もしくは、生まれた家柄によりかかって繁栄を手にする者もいる。その他、運の良さ、巡り合わせ、コネ、年齢の力などによって、色々なチャンスを掴む者がいる。もちろん、生まれ持った能力、知恵、経験も大いにものを言う。

ところが、私たちの主は言われる。「権勢によらず、能力よらず、我が霊によって」(ゼカリヤ4:6)


筆者はこの言葉を噛みしめ、前に向かって進んでいる。確かに、若い時分には、何も持っていない人でさえ、色々と自分により頼むものがあると考えているものだ。だが、そんな自信は時と共に消えうせていく。そして、主だけを頼りに進むとなると、他人を当てにすることはできない。時には、自分の無力さに、もうこれ以上、自分では対処できないと、叫びたくなることがあるだろう。

だが、筆者の場合、神は、そういう時の信じる者の叫びを、とても好意的に受けとめて下さる。

人間的な観点から見れば、「もう駄目だ!」と叫ぶことは、不信仰か、みっともないことに思われるだろう。

しかし、神は、人間が「もう駄目だ」という限界を迎えるときにこそ、速やかに助けの手を差し伸べて下さり、私たちが助けを求めることを、決して恥ずべきことや、みっともないことだとはお考えにならない。

むしろ、いついつまでも自分にはできると思って自己過信しているからこそ、神の助けを受けられないのであり、自己の力で生きる限界に早く達した方が、早く神の助けを受けられるから、早く平安に到達できる。そして、その平安、安息は、決してまやかしでも、偽りでもない。

ただし、そのようにして神の助けを受けるためには、しばしば真の窮地を通らされ、全身全霊で神を求めるという過程が必要になる。ただ単に困った時の神頼みなどという程度の求めではない、心の底からの願い求めが生まれる必要がある。人間的な観点から見れば、まさにすべてが絶望という状況から、ただ信仰によって、新たな望みが起こされ、キリスト者の勝利が始まるのである。

ローマの信徒による手紙9:13-33にはこうある。


「ところで、あなたは言うでしょう。「ではなぜ、神はなおも人を責められるのだろうか。だれが神の御心に逆らうことができようか」と。人よ、神に口答えするとは、あなたは何者か。造られた物が造った者に、「どうしてわたしをこのように造ったのか」と言えるでしょうか。


焼き物師は同じ粘土から、一つを貴いことに用いる器に、一つを貴くないことに用いる器に造る権限があるのではないか。神はその怒りを示し、その力を知らせようとしておられたが、怒りの器として滅びることになっていた者たちを寛大な心で耐え忍ばれたとすれば、それも、憐れみの器として栄光を与えようと準備しておられた者たちに、御自分の豊かな栄光をお示しになるためであったとすれば、どうでしょう。


神はわたしたちを憐れみの器として、ユダヤ人からだけでなく、異邦人の中からも召し出してくださいました。ホセアの書にも、次のように述べられています。「わたしは、自分の民でない者をわたしの民と呼び、愛されなかった者を愛された者と呼ぶ。『あなたたちは、わたしの民ではない』と言われたその場所で、彼らは生ける神の子らと呼ばれる。」


また、イザヤはイスラエルについて、叫んでいます。「たとえイスラエルの子らの数が海辺の砂のようであっても、残りの者が救われる。主は地上において完全に、しかも速やかに、言われたことを行われる。」


それはまた、イザヤがあらかじめこう告げていたとおりです。「万軍の主がわたしたちに子孫を残されなかったら、わたしたちはソドムのようになり、ゴモラのようにされたであろう。」


では、どういうことになるのか。義を求めなかった異邦人が、義、しかも信仰による義を得ました。しかし、イスラエルは義の律法を追い求めていたのに、その律法に達しませんでした。なぜですか。イスラエルは、信仰によってではなく、行いによって達せられるかのように、考えたからです。彼らはつまずきの石につまずいたのです。


「見よ、わたしはシオンに、つまずきの石、妨げの岩を置く。これを信じる者は、失望することがない」と書いてあるとおりです。」


あなたはどちらの組に入りたいだろうか? 義を追い求めながらそれに達し得なかった人々と、義を追い求めなかったのに、信仰による義を得た人々と?

努力して熱心に働き、熱心に財を築こうとして、ビジネスに成功した人でも、天災が来れば、一瞬でその富を失ってしまうことがあるように、自己の力で築き上げたもの、信仰によらないものは、神の目に永遠性を持たない。

霊的高みに達しようと、あらゆる勤行や精進を重ね、牧師や教師たちからお誉めの言葉を得て、日々、熱心に学びを積み重ねた人が、神から、義に達し得ないものとして疎外され、罪に定められる。義に到達しないどころか、罰せられて終わる。

キリスト教を、霊的高みに到達するための壮大な偏差値教育のようにしてしまった人たちがいる。そして、その無限のヒエラルキーの階段を日々上に上ろうと学びを重ねている人たちがいる。

だが、筆者はその階段をいつも中途で回れ右して降りて行く。真の高みに達するための方法は、その階段を自力でよじのぼろうとすることにはない。その階段には終わりがない。それは欺きであるから、高みもなければ、頂上というものも存在しない。あなたがどんなに努力しても、決して頂上を見ることはない。それは霊的搾取のために作られた階段であるから、どの段に立っていようと、恵みをかすめ取られ、栄光を曇らされ、他人に欺かれ、犠牲者になる道でしかないのである。

私たちのために、すでにすべてを達成された方がおられる。その方は、ご自分のもとにやって来る人に、ひざで階段をのぼれとはおっしゃらない。その方が私たちのために、すべての恥を負い、労苦を担って下さった。真の高みは、その方が就いておられる天の御座にこそあり、私たちは信仰によって、この方と共に死に、よみがえられ、共に御座に引き上げられている。だから、ひざで階段をよじのぼろうとしなくとも、すでにすべてを足の下にしているのである。

だが、それがあまりにも想像を超えた恵みであるがゆえに、そのことを素直に信じ、受け入れることは、人知では難しいであろう。だが、このパラドックは、考えれば考えるほど面白い。主イエス御自身が、「つまずきの石、妨げの岩」と呼ばれた。人には捨てられたが、神に選ばれた生ける石。人の目に尊ばれるものと、神の目に尊ばれるものは、正反対なのである。

とはいえ、神は信じる者を恥や失望の中に打ち捨ててはおかれない。だから、私たちをいつまでも弱さの中に打ち捨てて置かれることもなく、私たちの弱さの中に働いて、力となり、知恵となり、勝利となって下さる。すべての争いや、悪しき者のしかけた罠の中から、鳥のように救い出し、静けさと平安の中にかくまって下さる。そして義人の正しさはあけぼのの光のように輝き、明るさを増してやがて真昼のようになる。

だから、筆者は言う、今日が恵みの日、救いの日。望みを絶やすことなく、これを正直に主に申し上げながら、主と同労し、前進して行きたい。どんな状況にあっても、また、私たち自身がどうあろうとも、神の愛と憐れみに満ちた眼差しが、今日もふんだんに私たちに降り注いでいることを忘れたくはない。状況が私たちを支配するのではなく、主こそがすべての状況に対するまことの支配権を持っておられる方であり、私たちにとっての正解であり、栄誉であり、勝利なのである。

真実は、人間にもなければ、状況にもなく、ただ一人の真実なるお方がおられるだけである。この点を見失わなければ、私たちを取り巻く悪しき状況は、いずれ朝日を浴びた露のように消え去る。

「子たちよ、だれにも惑わされないようにしなさい。」(1ヨハネ3:7)

「わたしは、すぐに来る。あなたの栄冠をだれにも奪われないように、持っているものを固く守りなさい。」(黙示3:11)

PR

命の木に対する権利を与えられ、門を通って都に入れるように、自分の衣を洗い清める者は幸いである。

「だれも健全な教えを聞こうとしない時が来ます。そのとき、人々は自分に都合の良いことを聞こうと、好き勝手に教師たちを寄せ集め、真理から耳を背け、作り話の方にそれて行くようになります。しかしあなたは、どんな場合にも、身を慎み、苦しみを耐え忍び、福音宣教者の仕事に励み、自分の務めを果たしなさい。」(2テモテ4:3-5)


このところ、忍者ブログのサーバーが全体的にダウンしており、接続することさえできない日が続いている。当ブログに対しては、これまで絶え間のない迫害が起きて来て、多くの人が、このブログを閉鎖するよう執拗に要求し続けて来たのだが(こんな個人のブログに対してそんな反発が起きること自体が普通ではない)、こうした現象もその一環なのであろうか?

いずれにしても、終わりの時代が迫っていること、心を引き締め、より一層、清さにあずかるために、訣別せねばならないものと訣別し、まどろんでいてはならないことを感じさせられる毎日である。

ちなみに、当ブログがこれまで絶えず迫害を受けて来た最大の理由の一つは、牧師制度の誤りを指摘しているためで、牧師制度とは、神と人との唯一の仲保者であるキリストを退けて、牧師という人間に過ぎない者が、神と人を仲介しようとする偶像崇拝の制度である、と主張して来たためである。

牧師をを介さなければ、信者が自分では御言葉を理解することもできないとし、毎週日曜日に牧師の説教を聞くために、信徒が牧師に献金を払い、牧師一家を養うことを当然視しているプロテスタントの教職者制度は、根本的に誤っている偶像崇拝の制度であり、このような制度に属している限り、信者は真実な福音にたどり着くことはなく、真実な信仰を求めるならば、信者はこれを離れてまことの福音を追い求めねばならない、と強調して来たためである。

また、同時に、当ブログでは、牧師制度の腐敗により堕落した教会に対して批判の声をあげている反カルト運動も、同時に牧師たちに導かれる運動であるから、両者は根本的に同一であって、どちらにも救いはないと主張しているためである。

牧師制度を早急に離れることこそ、必要なのであり、それをしないまま、カルト化した教会だけを非難していたのでは、全く話にならない。プロテスタントの教会で起きる不祥事は、かつてカトリックが宗教的腐敗に陥って、そこから改革を唱えてプロテスタントが出現したように、プロテスタントもまた腐敗に陥って、終焉に至りつつあり、万民祭司の時代が始まるべき時がすでに来ていることをよく表しているだけなのである。

その中で、私たちがせねばならないことは、聖書に忠実な信仰に立ち戻ることだけであって、何が本当に神の喜ばれることであって、何がそうでないかを見極め、目に見える人間にではなく、ただ神だけを信頼して、ただ神だけに栄光を帰するために、御言葉に従順に歩むことだけである。だから、このブログに反対している人がいるとすれば、その人たちは、自身が教職者であるか、教職者同然に振る舞っている人たち、また、その制度を擁護している人たちだけと見て良い。

2009年には当ブログで述べているのとほぼ同じ考えを持っている人々は相当数、存在していた。キリスト教界からエクソダスせねば、真実な福音にたどり着けないという危機感は、多くの信者らによって共有されていたため、このテーマを語ることは何ら困難ではなかったし、もっと言えば、珍しい意見でもなかった。そのテーマを語ったからと言って、カルト信者扱いされることもなければ、インターネットでバッシングを受けるというわけでもなかった。

しかし、その後、非常に激しい迫害が起きるようになり、エクソダスを主張している多くの人々が、神の御前で一人で信仰を守り抜くことに挫折し、人の歓心、人の理解や慰めを求めて、自分たちのめいめい好き勝手な指導者を選んで立てては、組織に戻って行った。それは彼らが、当ブログに対してしかけられた戦いのあまりの激しさを見て、自分たちはそういう目に遭わされないで生きたいと願ったためでもあろう。一言で言えば、彼らには、御名のために受ける苦難よりも、自己の安寧の方が大切だったのである。

そのようなわけで、今や真にエクソダスを主張している人は、探しても、ほとんど見受けられない状態となった。見当たるのは、エクソダスと言いながら、キリスト教界と妥協し、牧師を批判しながら、自分自身が牧師となって、信者の心を支配し、メッセージを語り、自分たちは組織を作らないと言いながら、自前の組織を作るような偽り者ばかりである。(というよりも、そういう人たちは注目されるところで語るのが好きなので、人目につくところに彼らの発言が掲げられているというだけであるが。)

だが、筆者は、どれだけ大勢の人々が、自ら表明したエクソダスを撤回し、偽りと分かっている組織に舞い戻って行こうとも、人間を崇め、奉る生き方からは離れ、神の御言葉を守り抜いて生きることこそ、誰よりも自由で、豊かで、高貴な人生を送る秘訣であると確信しており、それだけが、勝利の秘訣であることが、身に染みて理解できる。

だから、この先、筆者のこれからの人生を通して、御言葉の正しさが証明されなければならないと考えている。そうなったときに初めて、神の恵みは、権勢によらず、能力によらず、ただ主の御霊によって、御言葉に忠実に生きる人々に恵みとして与えられるものであることが、万人に知れるようになるだろう。

多くの人たちは、自分たちが目で見て確認したものしか信じない。そこで、そのような人々の目には、彼ら自身があり得ないと思うことが成就する他、筆者の信じる神が、まことの神であって、今日も生きて働いておられ、信じる者を全ての苦難と悪から完全に救い出す力があり、聖書の御言葉が真実であることを、思い知ることもないであろうと思う。

そのために、筆者は残りの生涯、主の栄光のために、正しいことを行なわねばならないと決意しており、そうして行くときに初めて、筆者自身に尊厳が与えられ、人々のための利益も、満たされると考えている。

そのようなわけで、詳細はまだ語ることはできないが、筆者の心の中には、今まで考えもしなかったような、遠くまでの道筋、計画が思い描かれている。

だが、先の記事にも書いたように、そういう話を全く受けつけられない人たち、そんなことは絶対にあってはならないと猛反発を示す人もいなかったわけではない。「あなたを助けたいんです、ヴィオロンさん。」などと言いながら、接近して来る人たちは、大概、筆者が真に御言葉に従って生きるなら、悪者に対しては勝利をおさめられるという話を始めると、激しい反発を示して去っていくのであった。

助けたい、と言いながら、自分たちが助けようとしている相手が、真に自由になることを、誰よりも必死で阻止する。こんな人々は助け手の名には値しない。彼らの本質は、私たちが自分を縛っている偽りの体系からエクソダスを試みようとしない限り、現れることはない。だが、私たちが本気で主にあって、自由を目指そうとする時、こうした人々が、足もとに絡みついて来ては、脱出を阻止しようと、あれやこれやの言い分をぶつけ、その時、彼らの偽り者であることが私たちに分かるのである。

たとえば、悪魔に立ち向かいなさい、などという御言葉を好んで引用して語る人たちが、どういうわけか、筆者の周りで実際に起きている様々な霊的戦いについては、筆者に勝利が与えられることを喜ばない。実際に勝利をおさめることが、筆者にはどうしても必要であり、そのための方法を見いだした、と筆者が喜んで証を始めても、「そんなことが神の御心のはずがない!」と猛反発して去っていく。

さらに、筆者が自分の人生において、神の命の豊かさを体現して生きるために、制約だらけの状態から抜け出て、もっと自由にならなければならないし、そのための模索を行っているところだ、という話をすると、それにも耳を塞いで去っていく。

それはちょうど、筆者がとても窮屈で貧しくて不自由な世界から、自由を求めてエクソダスを決意すると、寄ってたかって、「おまえには幸福になる資格などない! おまえが自由になることが、神の御心のはずがない!」と叫んで、不自由な世界から筆者を決して逃がすまいと、必死で束縛して来るような具合である。

そのようなことを、普段から敬虔そうに御言葉を語り、自分は真実な信仰を知っていると豪語する人たちが、まさに行うのである。ただし、そのような人たちは、あなたが主によって真に恵まれたという話をしても、普段から決して喜んでその話を聞かないので、その態度かを通しても、大体、彼らが信奉している教えが何であるかは想像がつくのだが、あなたが真に不自由な状況からエクソダスを遂げて、主にあって、自由と勝利を掴もうとする時には、さらに強烈な反対を示して、それが成就しないように妨害して来るので、よく分かる。その時、彼らの信じている教えが、人を自由に導くように見せかけながら、実際には、貧しさと不幸と滅びの中に連れ込むことしかできない、偽りの宗教体系であることが、私たちによく分かるのである。

だから、そういう人たちに向かっては、筆者は「どうぞあなたの信じるところを行って下さいな。私は一人にされることを一切、恐れませんから」と通告するのみである。こういう人たちと手を携えて前に進んで行くことは絶対にできない相談である。

たとえば、こういう状況を考えてみて欲しい。

あなたが若者であって、軍隊に入隊したとしよう。あなたの祖国は、今や戦争を始めようとしており、士気が高まっているところだ。

ところが、あなたは、その戦争の動機が根本的に間違っており、あなたの国には正しい理念がなく、敵国はあなたの祖国よりも圧倒的に強く、打ち負かせる望みがなく、しかも、あなたの軍隊の上官たちは大変な愚か者で、間違った戦略を立てているため、それに従って戦地に送り出されれば、あなたは戦場で死ぬだけで、どんなに戦っても、生きて帰れる見込みは1%もない、という情報を、仲間よりもいち早く先に掴んだとしよう。

戦場に行けば、十分な兵糧もなく、武器も与えられないのに、飢えと、寒さと、疲労の極致の中でゲリラ戦を続けるという極限状態が待ち受けているだけであり、そこには、仲間同士の間でも、助け合いの精神はなく、あるのは、自分が生き延びるためには互いに殺し合い、互いに食い合うことで、命をつなぐ運命だけである。つまり、仲間を殺して食うという鬼畜の所業にでも手を染めない限り、生きて帰れる見込みもないというのだ。

また、その他にも、特攻作戦が実行され、敵に打撃を与えることもできないのに多くの命が無駄に費やされるという情報もあなたは掴んだ。

このような情報を得て、あなたは何をしようとするだろうか。まずは同僚たちに、この戦争は無謀である、戦っても勝ち目がない、無駄な犠牲が生まれるだけだ、ということを説いて聞かせ、反対者を募ろうとするかも知れないが、同僚たちは誰も耳を傾けてくれず、その話を聞きつけてやって来た上官が、かえってあなたを叱りつけ、これ以上、軍隊の士気を低めるような根拠のない話をすれば、祖国に対する中傷、軍隊への裏切り行為として、軍法会議にかけるぞ、などと言う。

あなたは仕方がなく、この話を誰かに理解してもらうことを断念せざるを得なくなる。だが、何も知らなかったふりをして軍隊の中にとどまっていれば、いずれ戦いにもならない戦いの中で、犬死する他ない。せめて自分の命だけは、この愚かしい戦争によって失うことのないように対策を講じる以外に、なすべきことはないと思うだろう。そこで、あなたは何とかしてこの軍隊から早く脱出するか、死ななくて良い任務に就くかして、呪われた運命を避ける方法を模索しなければならないと決意する。あるいは、そのような状況から脱するためには、亡命ということも考えてみなくてはならないだろう…。

人に先んじて情報を掴むというのは、そういうことなのである。知恵はそのためにあり、いち早く正しい情報を得た人だけが、我が身を救うための方法を、人よりも先んじて講ずることができる。もしかしたら、自分の家族をも救える方法が見つかるかも知れない。だが、残念ながら、多くの人たちは、正しい話を聞かされても、信じない。特に、自分たちが誇りとする軍隊が、愚か者の指導者に導かれているとか、自分の祖国が負けるかも知れないなどという話は、人の心を喜ばせないので、誰も耳を傾けようとしない。

戦って敵国を打ち負かし、自分たちの力と知恵で勝利を打ち立てるという話は人の歓心を買うが、戦争そのものが無謀であって、祖国には正しい理念と知恵がないから勝ち目がないという情報には、人々は耳を傾けたがらない。その話は彼らの無力さと限界を思い知らせるので、彼らにとってはあまりに悲観的過ぎるだけでなく、恥と屈辱をもたらすように思われるからだ。

だが、彼らと同じ価値観の中を生きていれば、あなたは前線で死ぬしかないことが分かっているのに、どうして彼らと一緒の道を行けようか。このように、多くの人々が考える勝利をもたらす方法と、実際に勝利を掴んで生き延びる方法は、いわば、正反対なのである。

同じように、人間が自己の力で罪を贖うために作り上げられた一大宗教体系というものがあり、そこで人々は知恵と力の限りを尽くして、天にまで至り着く高い塔を建設しようとしている。荘厳を極めた儀式、感動的な説教、多くの涙ぐましい奉仕、人々の熱狂がそこにある。

人々は筆者に対しても、その塔の建設に加わるように言う。そして、筆者のような者が、かえって彼らの建設しようとしている塔は、偽りであって、天に到達することなく、神の聖に至り着くこともなく、何らの勝利ももたらさないまま、ひどい倒壊をもたらすだけだと主張すると、彼らは自分たちのしようとしていることに、いたく水を差されたと感じ、侮辱を覚え、敵意を表すだけである。

ノアが洪水を避けて箱舟を建設していた時も、ロトとその家族がソドムを脱出しようとした時も、全く同様であっただろう。ごくわずかな義人たちだけが、堕落したこの世に定められた滅びのことを知っており、何とかしてそこから逃れ出なければならないことを知っていたが、その時、人々は、飲み、食い、売り、買い、建て、めいめいしたいと思うことをして、その日常がこれからも決して妨げられることはなく、自分たちは望みのままに生き、それによって神の聖にまで到達することができると信じて、義人たちの警告には全く耳を貸さなかった。

それだけでなく、彼らに対して耳の痛い忠告をして来た神の僕たちを排斥し、踏みつけにし、あるいは殺した。そうした警告は、人々にとっては、彼らが喜んで謳歌している人生、彼らの生きる目的そのものを、恥や、誤った考えのように思わせるものだったので、彼らはそれを聞きたくなかったし、自分たちに侮辱を感じさせる者を憎んだのである。

もちろん、筆者はこの世界が明日滅びるとか、私たちの町が滅ぼされるなどと言っているのではない。主に従うためには、自分を捨て、自分の十字架を負って、日々主に従うしかないにも関わらず、自分たちに好ましい言葉を述べてもらい、平和だ、無事だ、安全だと耳障りの良い福音を聞き、自分たちの欲望を肯定してもらいたいがために、人間に過ぎない宗教指導者をあちこちから招聘し、彼らを神のごとく崇め、奉り、つき従っている、御言葉に従わない者の末路は滅びでしかない、ということを述べているに過ぎない。

そして、ある人々が、どんなに筆者の口を塞ぎ、当ブログを踏みつけにすることによって、筆者の主張をないものにしようと考えたとしても、そのことによって、間違っているものが間違っているという事実にまで変化が起きるわけではないため、人々が自己の力で罪を贖おうとして必死の思いで積み上げている努力が、その人たち自身に呪いしかもたらさず、寸分たりとも報われないという事実に、変わりはないのである。神の僕を踏みつけにすることはできるかも知れないが、そのことによって、踏みつけた人の罪に罪が増し加わるだけであって、神の御言葉の正しさがいささかも消えるわけではなく、その決定が寸分も変更されることはないのである。

御言葉は言う。


「兄弟たち、その時と時期についてあなたがたには書き記す必要がありません。盗人が夜やって来るように、主の日は来るということを、あなたがた自身よく知っているからです。人々が「無事だ、安全だ」と言っているそのやさきに、突然、破滅が襲うのです。ちょうど妊婦に産みの苦しみがやって来るのと同じで、決してそれから逃れられません。


しかし、兄弟たち、あなたがたは暗闇の中にいるのではありません。ですから、主の日が、盗人のように突然あなたがたを襲うことはないのです。あなたがたはすべて光の子、昼の子だからです。わたしたちは、夜にも暗闇にも属していません。従って、ほかの人々のように眠っていないで、目を覚まし、身を慎んでいましょう。」(1テサロニケ5:1-6)


今年に入ってから、筆者には、心の偶像がどのようにキリスト者を弱体化させるかが分かり、また、それを投げ捨てることによって、霊的視力が回復されることも分かった。筆者が、これまで見たことのないほど遠くまで、これから起きることを予想できるようになったと述べているのも、そのためでもある。

敵に対する勝利がどのようにしてもたらされるのか、霊的軍事作戦が見えて来たのである。偽りの宗教体系であるバビロンは、自分は勝利した、無敵である、自分に敵対した者は、一人ぼっちの孤独の中で、恥と敗北を噛みしめているだけだ、二度と立ち向かって来ることはない、と豪語している。しかし、バビロンには、その罪のための裁きが下る時が必ず来て、しかも、その倒壊は非常に激しく、人々の驚きと恐怖の的になる。

これは一種の比喩であって、最終的なバビロンの崩壊は、この世の終わりを待たなければならないが、その前に起きる地上的な様々な出来事の中にも、バビロンの倒壊現象は、確固として現れるのである。だから、筆者は、その時がどうやって来るのか、少しずつ、予想しているのだが、サムソンがそうであったように、真実なキリスト者までが、バビロンの倒壊に巻き込まれるようなことがあってはいけない。

そこで、あなたがバビロンを去ろうとしているその時に、その都に駆け戻って行く人たちとすれ違うかも知れないし、その都にいる人たちを助け出さなければならないと言う人があるかも知れないが、その都に一切の未練を持ってはいけない。決して後ろを振り返らず、前へ進まなければならない。あなたが見つめなければならないものは、不完全さではなく、完全さなのである。

「より完全なものを目指す」――という言葉で検索してみると、大体、企業がより良い商品を開発しようとするときの文章が見つかる。

私たちは自分の商品を開発しているわけではないが、キリスト者として、日々、自分自身が、より完全な、完成された状態になることを目指して歩んでいることを忘れてはならない。私たちは神の作品であって、キリストの手紙のようなものである。神が完全な者であられるように、私たちもそうなることを目指すべきである。

黙示録にはこう書かれている、「この書物の預言の言葉を、秘密にしておいてはいけない。時が迫っているからである。不正を行う者には、なお不正を行わせ、汚れた者は、なお汚れるままにしておけ。正しい者には、なお正しいことを行なわせ、聖なる者は、なお聖なる者とならせよ。見よ。わたしはすぐに来る。わたしは、報いを携えて来て、それぞれの行いに応じて報いる。わたしはアルファであり、オメガである。最初の者にして、最後の者。初めであり、終わりである。


命の木に対する権利を与えられ、門を通って都に入れるように、自分の衣を洗い清める者は幸いである。犬のような者、魔術を使う者、みだらなことをする者、人を殺す者、偶像を拝む者、すべて偽りを好み、また行う者は門の外にいる。」(黙示録22:10-15)


このように、終わりの時代、不正な者はますます不正になるが、正しい者はますます正しくなり、聖なる者は、なお聖なる者となると記されている。時を無駄にしてはいけない。神に従う者は、他の人々がどのような人生を歩もうと、それに関係なく、ますます正しく、ますます聖なる者となり、ますます完全とされることを目指すべきである。

だから、たとえ多くの人たちが、脱出の道を貫徹できず、荒野で誘惑に負け、倒れ、あるいはもとの故郷に駆け戻って行ったとしても、他の人たちがどうなったのかに心を留めてはいけない。後ろを振り向いてもいけないし、滅びに定められている一切のものに未練を感じてもならない。見つめなければならないのは、私たちの前に置かれた褒賞であり、信仰の創始者であり完成者であるイエスご自身であり、高き御座に座しておられる方である。

私たちの衣を洗い清めるのは、ただ小羊の血潮だけであり、ただ主イエスだけが、私たちの救いであり、栄光を受け、誉め讃えられるべき方なのである。

このことが分からず、人間同士が互いに賞賛し合い、慰め合うことに活路を見いだし、人の温もりに心惹かれた大勢の人たちは、エクソダスと言いながらも、出て来た元の故郷へ戻って行って、そこで神ではない別なものに栄光を帰するはめになった。彼らに待ち受けているのは、やがてその都が倒壊したとき、その下敷きになる運命だけである。それにならってはいけない。


祝福されよ、主に信頼する人は。主がその人のよりどころとなられる。呪われよ、人間に信頼し、肉なる者を頼みとし、その心が主を離れ去っている人は。

「待ち続けるだけでは心が病む。

かなえられた望みは命の木。」(箴言13:12)


少し前の記事で、筆者は二着の「アカンの外套」を心から捨て去ったと書いた。このアカンの外套とは、人の心の偶像となりうるものの比喩である。神は、信じる者が、ただご自分だけに頼ることをお求めになる。人間への愛情と、神への愛情はほとんどの場合、両立しない。このことを私たちはよく覚えておく必要がある。主を経由しない魂の愛情はことごとく腐敗したものとして取り除かれる。


「主はこう言われる。

 呪われよ、人間に信頼し、肉なる者を頼みとし

 その心が主を離れ去っている人は。

 彼は荒れ地の裸の木。

 恵みの雨を見ることなく

 人の住めない不毛の地

 炎暑の荒野を住まいとする。

 祝福されよ、主に信頼する人は。

 主がその人のよりどころとなられる。

 彼は水のほとりに植えられた木。

 水路のほとりに根を張り、

 厚さが襲うのを見ることなく

 その葉は青々としている。

 干ばつの年にも憂いがなく

 実を結ぶことをやめない。」(エレミヤ17:5-8) 


この原則は厳しいものがある。真に実を結ぶ生き方をしたいなら、目に見える一切のものに心を留めず、ただ真直ぐに主を見なければならない。上にあるものを求めなさい、と聖書は言う。地上のものに心を惹かれると、それが私たちに絡みつき、足手まといとなる。人間に頼る者は滅びる。

だから、主の御前に静まって、いつもただ主にのみ己の心を注ぎだすことを忘れてはならない。異教徒の娘デリラを愛しすぎたサムソンは、聖なるものと、汚れたものとの区別を見失ってしまった。デリラの愛は不実であって、デリラに心を秘密を打ち明けたことがあだとなり、眠っている間に、サムソンは髪の毛を切られ、力を失ってしまう。

目覚めたとき、サムソンの怪力は失せており、彼は奴隷として捕えられ、引いて行かれることとなった。何度も書いたことであるが、その後の彼の運命は悲惨であった。両眼をえぐり出され、奴隷として重い引き臼を引きずり、ついに生涯の終わりにはペリシテ人の宴会の余興として引き出される。そのとき、サムソンは、最後の力を振り絞ってペリシテ人の神殿を崩壊させるが、自分もその下敷きになって死んだ。

もちろん、サムソンの運命は、人の堕落した肉の性質がどれほど深いかを表しているのであって、それは主イエス・キリストが十字架で担われた刑罰の予表でもある。サムソンは、信仰を失うことはなく、生涯の終わりには、自分自身のすべてをかけてまことの神を証した。しかし、できるならば、キリスト者はそんな運命を辿ってはならない。

サムソンの勇者としての力は、ただまことの神のみを信頼するところにあった。そこで、私たちが鷲のように翼をかって、天高く舞い上がるためには、同じように、主のみを信頼して、足手まといとなる地上のものへの信頼をすべてを心から振り捨て、ただ上にあるものを真直ぐに求めねばらならない。

そのために、人の目に慕わしいもの、心に好ましいもの、地上的なものへ心惹かれ、それを信頼しようとする傾向を警戒しなくてはいけない。真に重要な事柄を、神ではなく人間に打ち明け、人を信頼して歩いて行くことをやめなければならない。

神の御言葉を流暢に語っているからと言って、誰もがキリストの僕であるわけではない。霊を試さなければならない、と聖書は言う。さらに、仮に忠実なキリストの僕であっても、主ご自身以上に、目に見える人間に頼ることも非常な危険である。

そういうわけで、この道の原則は厳しい。どんな人であれ、肉なる人間には誰も信頼してはならず、すべてのことを主にのみ相談せねばならないからだ。それができなくなると、多くの誘惑に直面することになり、天の高度から引きずりおろされ、その高さを歩めなくなってしまう。

だが、偶像を心の中から捨て去り、天にのみ目を注ぐなら、主はその人を喜んで迎えて下さり、恵みを与えて下さる。これは霊的に動かせない法則性であるものと筆者は感じている。鷲も足に錘をつけながら、軽々と飛び立つことはできない。人間も、どんなに心の望みによって羽ばたこうとしても、その心に、地上のものに対する未練が含まれていれば、飛び立つことさえ叶わないのだ。

神を愛すると言いながら、この世を愛し、この世における人々の寵愛、賞賛、慰めを愛すれば、結局、その人はいずれ神を捨てることになる。


「命の木に対する権利を与えられ、門を通って都に入れるように、自分の衣を洗い清める者は幸いである。」(黙示21:14)


アダムとエバがエデンの園を追放されたのは、神の御言葉に背いたためであり、背いた者が、命の木の実を取って食べることによって、永遠に生き、聖なる者とされた者たちと同じ命にあずかることがないためであった。

命の木とは、キリストご自身のことでもある。彼が人となられ、十字架にかかられ、復活された後は、死を経て復活された彼のまことの命のことである。その命は、すべてを超越して支配する命であり、私たちの望みをかなえる力も持っている。だが、その木の実を取って食べることは、神の御言葉を守って生き、これに背かないという、御言葉への従順と一つである。

御言葉を守らない者が、命にあずかることはない。黙示録の上記のくだりの直後にはどうあるか、「犬のような者、魔術を使う者、みだらなことをする者、人を殺す者、偶像を拝む者、すべて偽りを好み、また行う者は都の外にいる。」(黙示21:15)


犬のような者とは、偽善者たちのことを指すと見て良いだろう。当ブログでは、ずっと牧師という存在は、神と人との唯一の仲保者であるキリストの代用であり、聖書に反した制度であると言い続けて来た。だから、牧師たちも「犬」の中に当てはまる。キリストに頼らず、牧師に頼って生きるなら、その人は偶像崇拝者である。さらに、牧師を名乗らずとも、牧師と同じことをしている者たちも同じように偽善者に含まれる。

キリストの御名を使いながら、命を失った偽りの一大宗教体系というものがあり、それはこの世そのものである。この世を愛しながら、神に従うことはできない。偽りを好む者も、命の木から取って食べることはできない。こういう人たちはみな門を通っていないので、命の木へ近づくどころか、都の中に入ることもできない。

黙示録をどんなに読みふけったところで、御言葉を守らなければ、その人たちは滅びの中に投げ入れられることとなるだけなのだ。

* * *

「あの犬どもを警戒しなさい」

聖書にはそういうフレーズが幾度も出て来る。主イエスは、偽預言者たちを警戒せねばならないことを、繰り返し、繰り返し、弟子たちに教えられた。

当ブログ始まって以来、ずっと述べ続けていることは、「人間に優しい生き方」と「まことの神に従う生き方」は決して両立しないということである。一方は、世を愛し、世人と協調して歩む道であり、もう一方は、世に対して死んで、まことの神だけを主として生きる生き方だからである。聖書にこう書かれてある通りである。


「あなたがたは、信仰のない人々と一緒に不釣り合いな軛につながれてはなりません。正義と不法とにどんなかかわりがありますか。光とやみとに何のつながりがありますか。キリストとベリアルにどんな調和がありますか。信仰と不信仰とに何の関係がありますか。神の神殿と偶像にどんな一致がありますか。わたしたちは生ける神の神殿なのです。神がこう言われているとおりです。

「『わたしは彼らの間に住み、巡り歩く。

 そして、彼らの神となり、

 彼らは私の民となる。

 だから、あの者どもの中から出て行き、

 遠ざかるように』と主は仰せになる。

 『そして、汚れたものに触れるのをやめよ。

 そうすれば、わたしはあなたがたを受け入れ、

 父となり、

 あなたがたはわたしの息子、娘となる。』

 全能の主はこう仰せられる。」(2コリント6:14-18)


信仰のない人たちと手を携えて生きようとすれば、彼らが抱えている、負い切れない軛を私たちも負わされることになる。

だが、ここで言う「信仰のない人たち」が、キリスト教を全く知らない世の人たちだけを指すと考えてはいけない。それは何よりもこの世と迎合した偽りの宗教体系としてのキリスト教も含んでいるからだ。

つまり、訣別せねばならない「あの者ども」の中には、非常に敬虔そうに見えるが、人工的に作り上げられた、命を失ったキリスト教という一大宗教体系が含まれているのである。

だからこそ、「キリスト教界からエクソダスせよ」というスローガンは、偽りではないと、筆者は言う。この偽りの一大宗教体系に属しながら、同時に、まことの神に従って生きる、ということはできない相談なのだ。死んだ組織としての「宗教体系」に触れるとき、私たちはデリラの誘惑に、死の力に触れることになる。

だが、非常に根深い誘惑は、エクソダスせよ――と言いながらも、その圧倒的大半の人々は、この世を愛しすぎたために、自ら組織に戻って行くか、組織と混合するかし、結局、自分たちが訣別せよと叫んでいるものと、むしろ逆に一体化してしまったことである。

筆者は2009年から現在に至るまで、同じことを主張し続けているが、その中で、かつてはエクソダスに共感していたほとんどの人々が、上記のような過程を辿り、組織へ舞い戻り、おのおの好き勝手な指導者の教えに帰依し、清さを失った様子を見て来た。

だが、そうして交わってはならないものと交わると、私たちからは神の清さ、聖別が失われ、かえって敵の重荷が押しつけられることとなる。

私たちに与えられているのは、主イエスの軛であり、その軛は軽く、負いやすいと言われた、日々の十字架である。しかし、信仰のない(もしくはキリストの十字架に逆らう)人々には、その負いやすいと言われた十字架がない代わりに、彼らは自分たちでは決して返済することのできない、自己の罪という無限大の負債を背負っている。

偽りの宗教体系とは、一言で言えば、人類が己が返しきれない罪を、自力で返済しようと、終わりのない精進を続けるための体系なのである。従って、そこには様々な儀式は存在するものの、そのどれ一つとして人の罪を贖う効果はない。

もしも私たちがそのように信仰のない人々を信頼し、彼らを友のように考え、彼らと交わり、その宗教儀式に参加し、彼らと手を携えて生き始めれば、彼らが負っている無限大の負債が、私たちのものとして押しつけられることになる。

それが、サムソンがデリラに心を打ち明けたことによって、デリラから押しつけられた「負債」だったのである。本来、その苦しみは、デリラが担うべきであったが、サムソンがデリラに心を打ち明け、彼女と交わった結果、その負債がデリラからサムソンに転嫁された。

有史以来、サタンが人間に対して試みて来たのは、そういうこと(=罪の責任転嫁)であり、偽りを好む人たちが、聖徒らに自分たちの重荷を転嫁しようとしていることを、私たちは忘れてはならない。サタンは自らに対して地獄で定められている永遠の刑罰を、何とかして人(信仰者)に転嫁しようと考え、さらに転嫁できなくても、できる限り多くの人間を同じ滅びの運命に引きずり込みたく、それゆえ、自前の偽りの福音の「布教」を試みているのだと言えよう。

だから、私たちはそのような思想を受けた人々との交わりを続けてはならない。エクソダスを遂げた――と言いながら、依然、組織の中を歩き回り、宗教儀式に参加し、また、人前でメッセージを語っている人は、エクソダスを完了しておらず、それどころか、彼はまさに牧師でしかないのである。

神と人との仲保者は、キリスト・イエスだけであるにも関わらず、その間に無資格の「代理人」として立ちはだかって、神の御言葉を独占して、信者に自分自身で聖書を理解させようとしない牧師という教職者は、信仰の妨げになるから、必要のないものである。必要ないだけでなく、キリストになり代わって、信徒の心を支配するものであるから、悪しき職であり、神の栄光を盗むものであると言って良い。だが、そのことを理解して、あえて信仰の道を行くために牧師は必要ない、と言いながら、自分で牧師と同じことをしている人は、単なる牧師よりもさらに罪が深いと言えよう。

筆者が過去に遭遇した事例の中には、「私は何も分からず組織にとどまっている人々に、本当の福音を教えてあげて、彼らを助けたいんですよ」などと言いながら、訣別したはずの組織の中を歩き回っている人がいた。だが、そのような二重性を帯びた生き方を続ける人も、当然ながら、偽り者である。

私たちはソドムを脱出したならば、後ろを振り返らず、前に向かって歩かねばならないのであって、ソドムに残っている他の人々を助けてあげようなどという理由で、ソドムの町の中を歩き回っていれば、自分も彼らと一緒に火と硫黄によって滅ぼされてしまうだけだ。それはミイラ取りがミイラになるだけの道である。しかも、ソドムに残っている人々に「布教」するということは、ソドムの土着の宗教と交わり、その影響を受けた新たな混合キリスト教を形成することしか意味しない。そのようなことをすれば、神に最も忌み嫌われる偽りの福音が出来上がるだけである。

生まれながらの人間の魂には、神の救いを知らない人々に対して、神が定められた滅びの刑罰を、受け入れられない残酷なものとみなして、これに反発する性質がある。ソドムが滅びに定められたことに反発し、ソドムの人々が「可哀想」だから、助けてあげなければ・・・、などとみなして、ソドムに残って布教し続ける人たちは、実のところ、神が下された滅びの宣告そのものに逆らい、それと同時に、神がもうけられた救いにも逆らっているのだと言えよう。

神は、救われる人と、そうでない人たちの間に峻厳な区別をもうけられた。それがキリストの十字架であって、この贖いを受け入れない人々は助からない、そのことが、聖書がはっきり示している結論である。だが、信仰のない人々は、それを指して、キリスト教の神は残酷であると非難し、キリスト教徒を名乗っている人でさえ、その線引きは残酷すぎるとして、それを巧妙にずらそうとする。キリストを信じている、と言いながら、主にのみ従うのでは、やっていけないとして、そこに人間の指導者をつけ加え、人間を神として拝むがごとく、人間に栄光を帰そうとする。そういう人々も、偶像崇拝者なので、命の木の対象外である。

カトリックの法王への崇拝はもちろんのこと、プロテスタントにおける牧師崇拝という偶像崇拝の罪からも、信者は離れなければならない。人間に栄光を帰するすべての宗教組織を離れなければならない、ということを当ブログではずっと主張して来た。世の一部と化した偽りの宗教体系に未練を持ちながら、同時にまことの神だけを愛することはできないのである。

偽りの宗教体系とは、この世そのものであるから、そこには大勢の人々がおり、富があり、平穏があり、敬虔そうに見える様々な儀式と、人間の栄光を誉め讃えるチャンスがある。だが、それが偽りである以上、真理とは相容れず、それに接触するならば、私たちは清さを失って、返しきれない負債を押しつけられてしまうだけなのだ。そこにいる人たちが「可哀想」だから、救い出してあげなくてはならない、などと言って、その宗教体系が偽りなることを知りながら、そこに舞い戻って行く人たちも、滅びからは免れられない。

だから、世とは、聖書を知らず、神を知らない人たちだけのことを指し、そこに信者を名乗る人々は含まれていない、などと決して思っていていはいけない。主イエスが言われた最も警戒せねばならない相手とは、そういう人々ではなく、信者を名乗りながら、この世を愛し、この世に生きる偽預言者、偽教師たちのことなのである。

そういう人々の言い分に欺かれないためにも、有効かつ必要な自己防衛策は、私たちが心を向けねばならない相手は、あくまで「人」ではなく「神」であるという点を見誤らないことである。自分の心のすべてを尽くして、ただ神を愛せよ。隣人に対しては善良であり、親切である必要はあろうが、それは決して、彼らが抱えている罪の負債を、押しつけられて共に連帯責任として背負わされるためではないのである。

* * *

そういうわけで、筆者のそばに、知らないうちに、「犬」と呼ばれて差し支えない人々が接近して来たこともあった。彼らは筆者の心を逸らして、何とかして人との交流に第一に心を向けさせようと、大変、熱心であったが、ある瞬間が来たときに、はっきりと自己の偽りの福音を語ったため、筆者には彼らが偽り者であることが分かった。

それはいわば、「交わり教」とでも呼んだ方が良いもので、彼らはあまりにも人との交わりを熱心に追い求め、人を愛するあまり、(というよりも、彼らが交わりを愛するのは、自分たちが指導者となって、集めた人々の心を支配し、栄光を受けるためなのだが)、彼らは自分たちが忌み嫌っているこの世と妥協した既存のキリスト教体系の中にも、積極的に出入りしては、人々をスカウトし、そこで自己流のネットワークを作り上げ、これを繁栄させ、自分たちがその恩恵を受けることを、第一に念頭に置いていた。

前にも言った通り、それはマルチ商法にもどこか似ており、彼らは自前の組織を持たないまま、様々な出来合いの組織の中に入り込んでは、心の定まらない人たちをスカウトし、自分たちの組織を作り上げて行くのである。「宗教組織からエクソダスせよ」などというスローガンを片手に、宗教組織の中に入り込んで行くこともある。

だが、はっきり言えば、それは他に指導者がいる組織から人員を盗んで、彼らの心を自分に向けさせることであるから、信者の心を盗むことである。もちろん、彼らが人々をスカウトして来る先の組織も偽りなのだが、この人たちは、他の牧師たちから信徒を奪って、自分が牧師になろうとしているだけなので、単なる牧師よりも、さらに質が悪い。

反カルト運動も、原則はそれと同じである。それはすべて既存の組織の中にいる人、もしくはそこにいた人たちを引き抜いて、自分たちが新たな指導者となり、さらに彼らを出て来た既存の組織と敵対させて、かつての指導者に戦いをしかけ、人間同士を争わせるために行われているに過ぎない。それをやっている限り、彼らは出て来た組織と訣別することができない。

いずれにせよ、この人たちが一番大切にしているものは、敵対運動を組織する時でさえ、人との交流、人の集まりと、そこに生まれる熱狂、そして人間の栄光なのであって、彼らは目に見えるもの――人間の数や栄光しか見ておらず、彼らが愛しているのは、真理でもなければ、神との交わりでもない。彼らがそうまでして熱心に作り上げている人との交流は、ソドムの滅びゆく人々が、一刻でも滅びのときを先送りしながら、互いに慰め合うための協同組合のようなものでしかなく、彼らが積み上げているすべての所業は、彼らの罪を贖う効果を持たないものであり、時が来れば、火と硫黄で滅ぼされてしまうものでしかない。

さて、こうした人々には、どういうわけか知らないが、共通して、このブログを憎み、忌み嫌うという特徴があるようだ。そこで、ある時までは、筆者に対しても、仲間のように振る舞いながらも、突如として、筆者がブログを書くことには反対だ、ブログをやめない限り、交わりを断つ、などと言ってくるケースもある。

彼らは、人との交流を失いたくないがゆえに、筆者がそう言われれば、彼らにすがりつき、どうか私を一人にしないで下さい、と追いすがって懇願すると考えているのかも知れないが、筆者はその逆に、「どうぞお考えの通りになさって下さい」と言うだけだ。

非常に可笑しいのは、「あなたのブログには、私の出る幕は微塵もない」という理由で、筆者にブログを書きやめるよう要求する者もあったことだ。だが、「私の出る幕がない」とは、どういうことであろうか?

当ブログは、神の栄光を証するために作られたものであって、もともと人間に「出る幕」を与えることを目的としていない。人を批判することが目的もでなく、人はみな不真実な存在であって、真実な方は、ただ神お一人しかいないことを証し、まことの神に栄光を帰することを目的としている。だから、人間に「出る幕」がないのは、大いに結構なことである。人間がここで栄光を受けたり、注目と賞賛を浴びるようなことがあってはならない。それは筆者自身も同じである。筆者自身も、生まれながらには不真実な人間の一人であって、キリストと共に死の刑罰を受け、復活の命にあずかることによって、初めて神に対して生かされたのであり、今もこれからも、証するのはキリストの栄光だけだ。

それだからこそ、このブログで、筆者は自己を証しないと決めている。筆者が個人情報を公開しないことを責め立て、これを暴き立てようとした愚かしい者たちもあったが、そもそもなぜ彼らはそうまでして神ではなく人間のことにばかりこだわるのだろうか。神の御前で死の刑罰を受け、死んだ人間の名や功績など記すことによって、何が得られると思うのであろうか。

自分の名を知らしめ、自己を偶像化して人々の心を引くチャンスが欲しくて執筆を続けている人々であれば、自分の情報を大いに利用するであろうが、そんなことが当ブログの目的では初めからないので、筆者はそうしないだけである。

筆者は、このブログを通して組織を作ることなど考えたこともなく、そのような組織が作られた過去もなく、神の御前の単独者として歩むことを決めているので、人の歓心を失うことを恐れない。

そういうわけで、アカンの外套がそばに置かれていた間に、この重い外套が足手まといとなって、様々な遅延が生じてしまったが、これから先は、その遅れを取り戻して、さらに前進を続けて行かねばならない。今、詳しくことのことについて説明できないが、いずれ、はっきりと遅れを取り戻すとは何か、進んで行った先に何があるのか、結論を示すことができる日が来よう。

今日、デリラは大きな都にまで発展している。それはバビロンという名の巨大な都であり、神ではなく人間の栄誉を称え、人間を拝ませるために作られた偽りの宗教体系である。そして、偽りの宗教をエクソダスしなければならならないと叫びながらも、デリラの魅力が忘れられない大勢の人たちが、この堕落した都に吸収されて行った。その際、彼らは、自分たちは世故に長けており、如才なく器用に立ち回れるタイプなので、今までにも決して一人になったことはないし、孤独を味わったこともなく、これからもそのようなことは決してない、などと豪語しながら、貧しい者たちを踏みつけにし、嘲笑うことも忘れなかった。

そして、彼らは、自分の好みに従って、好き勝手な教師たちを集め、彼らに自己の心を慰めるための作り事の福音を語らせ、真理から逸れて行ってしまったのである。

哀れなことである。筆者は彼らから見れば、あまりにも不器用過ぎたために、様々な苦難に遭ったこととされているようであるが、この人たちには、あまりにも誇るべき様々な長所がありすぎ、あまりにも多くの世の富を持ちすぎていたので、それが妨げとなり、主の御前で、それを捨てるに忍びなかったのだ。

こうしてデリラはバビロンと化し、女王のように栄耀栄華を極めている一方で、今日のサムソンは、怪力を奪われ、奴隷のごとく両手を縛られ、視力を失い、惨めな状態で、ペリシテ人に対する復讐を神に叫び求めつつ、苦役に従事させられている。これが、今日のまことのキリスト者の全体的に置かれている有様である。偽りの宗教体系は、巨大な都となって繁栄している一方、正しい人が、悪者たちに踏みつけにされ、神の御言葉が冒涜されても、立ち上がる者もない。

だが、なぜそんな状態に陥ったのか、考えてみるが良いのだ。キリスト者にも反省すべき部分が大いにあり、その弱体化は、神の聖を知っているはずの民が、この世との接触を断たなかったからではないのか?

戦いに勝つためには、二心のない清さが必要である。私たちが目指している見えない天の都と、地上に築かれたこの偽りの都(この世と合体した偽りの一大宗教体系)とは、正反対の方向にある、完全に相容れないものである。一つは上にあり、もう一つは地上に、私たちの足の下にある。もしも私たちが足の下にしているはずのもの――デリラに少しでも未練を持ち、これを聖なるもののように見上げて――この世の都を振り返るなら、私たちの霊的優越性は失われる。その先には、サムソンの最期が待ち構えているだけなのである。

そこで、何度も繰り返すが、主に信頼して、この方にのみ頼って生きることが、私たちの驚くべき力の源であり、秘訣なのである。望みがかなうことは、命の木である。その命の木にあずかり、天の高度を羽ばたいて生きるためにも、地上のものに決して心を惹かれてはならないし、肉なる人間を信頼してもならない。

この秘密を敵に明け渡し、後ろを振り向きながら、同時に前に進んでいくことは誰にもできない相談であり、キリスト者が、敵に定められた運命を、自分の運命と交換するようなことは、絶対にあってはいけない。

だが、神は真実な方であるから、私たちがどんなに不真実であっても、意図的に神に反逆することなく、御言葉に従って生きようと心から決意し、神の忌み嫌われるものと分離し、この世を愛さず、デリラへの信頼を心から完全に断つならば、ご自分の栄光のために、御言葉の約束を成し遂げて下さり、そうしてペリシテ人の神殿が崩壊する時が実際に来るのを、私たちは見るであろう。

筆者はそのことをよく知っている。そして、筆者が必ずそのように成るから、この先に起きることをよく見ていて欲しいと語っただけで、以上に書いたようなことが起き、偽預言者は、そんな証は決して聞きたくないと、筆者の証にも、このブログの内容にも耐えられないと、耳を塞いで自分から去って行ったのであった。それは、万民祭司の原則が忠実に履行され、一人一人の信徒が自立して自ら御言葉を咀嚼するようになり、自分たちの証を語り出し、神の命の豊かさにあずかり、牧師も教師も必要なくなり、彼らが偶像として拝まれ、栄光が帰されることがなくなって、バビロンが崩壊して焼失すれば、偽預言者たちはみな失業し、一切の「出る幕」がなくなると悟ったからであろう。

そういうわけで、罪人は正しい者の集いに耐え得ないという御言葉が成就して、何の論争もなく、信仰の証は、敵の思想を受けた人々をふるい分け、分離すべきものと分離するための良い試金石となってくれたのであった。


あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神であるからです。

「ヤコブよ、なぜ言うのか
 イスラエルよ、なぜ断言するのか
 わたしの道は主に隠されている、と
 わたしの裁きは神に忘れられた、と。

 あなたは知らないのか、聞いたことはないのか。
 主は、とこしえにいます神
 地の果てに及ぶすべてのものの造り主。
 倦むことなく、疲れることなく
 その英知は究めがたい。

 疲れた者に力を与え
 勢いを失っている者に大きな力を与えられる。
 若者も倦み、疲れ、勇士もつまずき倒れようが
 主に望みをおく人は新たな力を得
 鷲のように翼を張って上る。
 走っても弱ることなく、歩いても疲れない。」(イザヤ40:27-31)

なぜ鷲は天高く翼をかって飛んでも疲れないのか、その理由として、上昇気流に乗って飛ぶからだということが解説されていた。

上昇気流に乗って飛ぶ・・・、このことは我々キリスト者にとっても非常に重要であると筆者は考える。

キリスト者が翼をかって天高く舞い上がる秘訣となる上昇気流とは何か?と問うならば、その答えは、「望み」であると筆者は考える。

私たちを高く舞い上がらせる原動力となるものは、私たち自身が心に抱く望みであり、その望みの高さが、私たちを舞い上がらせる高度を決める。
 
フィリピの信徒への手紙にはこうある、「あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神であるからです。」(フィリピ2:13)

また、エフェソの信徒への手紙にはこうある、「わたしたちの内に働く御力によって、わたしたちが求めたり、思ったりすることすべてを、はるかに超えてかなえることのおできになる方に、教会により、また、キリスト・イエスによって、栄光が世々限りなくありますように、アーメン。」(エフェソ3:20-21)
 
私たちは自分が思いのままに何かを願い、志を立てているように思うかもしれないが、神が私たちの心に願いを起こさせて下さることがここに記されている。

しかし、しばしば私たちは、もはや二度と翼をかって天高く舞い上がることもできないほど、どん底に突き落とされたように感じることがある。望む気力さえもはや残っていないほど、疲れ果ててしまうこともある。

だが、それでも、時と共に、主は私たちの内なる人を強めて下さり、その苦難の只中からさえ、新たな望みを引き出して下さる。

そして、その新たな望みが、私たちを再び、天の高度へ引き上げ、主に似た者へと変えて行く原動力になる。

「しかし、主の方へ向き直れば、覆いは取り去られます。ここでいう主とは”霊”のことですが、主の霊のおられるところに自由があります。わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。これは主の霊の働きによることです。」(2コリント3:17-18)

ここで言う主の似姿に変えられること、栄光から栄光への変遷、それはまさに一つの望みから新たな望みへと、上昇気流を掴みながら天の高度を飛んで行くようなものである。

とはいえ、もちろんのこと、その望みとは、人がてんでんばらばらに自分で思い描く望みではなく、主が与えて下さり、主の御心を満足させる望みでなければならない。
 
人にはあたかもすべての望みが潰えてしまったように思える時があるだろう。しかし、主は、地中に深く埋もれた種のごとく、私たちの望みを保って下さる。その望みが、時が来て発芽する。そして、私たちの目の前に天からの贈り物のごとく現れる。

キリストの復活の命は、支配する命であると書いた。その支配は、私たちが心に抱く望みと連動して働く。それはこの世の物流も、経済も、何もかも超越して支配する命である。

「何事でも神の御心に適うことをわたしたちが願うなら、神は聞き入れてくださる。これが神に対するわたしたちの確信です。わたしたちは、願い事は何でも聞き入れてくださるということが分かるなら、神に願ったことは既にかなえられていることも分かります。」(一ヨハネ5:14-15)

もしも御心にかなう望みを抱くならば、それは神に聞き入れられていること、すでに望みはかなえられていることを信じなさい、とある。

筆者は望みが潰えてしまったように感じられるときに、多くの望みの芽が発芽するところを見させられて来た。たとえば、神は正義を実行されることを決してためらわれる方ではない。

だから、筆者が正義や真実をこの地に引き下ろすための戦いをあきらめようとしても、それで戦いが終わることはない。神は何がご自分の真実であるかをはっきりと全世界に示される。そのために、道端の石からでも、ご自分のための証人を起こすことがおできになる。

そこで、私たちがもう疲れた、戦いは終わった、全世界は悪しき者に牛耳られ、キリスト者には一縷の望みもない・・・、などと思っているところから、神はご自分の力を発揮される。それが死を打ち破る復活の力なのである。

キリスト者には失敗というものはなく、人の目にどんな失敗と見える事柄であっても、神はそれを修正してもとの軌道に戻すことがおできになる。だから、何事も悔やむ必要もなければ、思い悩む必要もないのである。
 
また、私たち自身が、自分でも心に願っていることを気づいていないような、かすかな願いであっても、神はキリストの復活の命を通して、これをただちに実現に至らせる力を持っておられる。私たちは何かを願ってから、それがかなうまでには、大変な時間がかかると考えているかも知れないが、必ずしもそうではない。

キリスト者の願いは、この世のすべてのものが、その支配に服する高き御名をつけられた方の命と連動して働いている。だから、願ったとき、もうすでにそれは私たちの手に、まるで目に見えるもののように約束として与えられていることを信ずるべきなのである。

神は何より正義と真実を愛される。公義を行なわれる方である。だから、正しい者が悪者にとらえられて裁かれ、罪に定められることを決してお許しにならない。主に逆らう者が滅ぼされるときを、正しい者はその目に見ることができる。それが聖書のあらゆる箇所で約束されている事柄であり、また、筆者が心から望んでいる結末でもある。

それが御言葉の約束である以上、それは必ず成就するから、現状がどのように見えても、人々には落胆しないでもらいたい。筆者があきらめたとか、退却したとは思ってもらいたくない。神は今日も生きて働いておられ、御言葉の約束も確かなものとして生きて効力を及ぼしている以上、主に信頼を置く者が見捨てられたり、恥をこうむることは決してないのである。

そういうわけで、私たちは御言葉の約束を手に心の限りを尽くして主に呼ばわり、その約束の実現を権利のごとく求め、固く信仰に立って歩みを進め、未来に何が起きるのか、神がどれほどはかりしれない恵みを私たちの信仰の報いとして与えて下さるのか、大きな期待感を持って主を見上げるべきである。
   
「主に従う人は、口に知恵の言葉があり
 その舌は正義を語る。
 神の教えを心に抱き
 よろめくことなく歩む。
 主に逆らう者は待ち構えて
 主に従う人を殺そうとする。

 主は御自分に従う人がその手中に陥って裁かれ
 罪に定められることをお許しにならない。
 主に望みをおき、主の道を守れ。
 主はあなたを高く上げて
 地を継がせてくださる。
 あなたは逆らう者が断たれるのを見るであろう。」(詩編37:30-34)

わたしの恵みは,あなたに十分である。というのは,わたしの力は,弱さのうちに完全に現われるからである。

ヨシュア記7章20節~26節
「アカンはヨシュアに答えた。
「わたしは、確かにイスラエルの神、主に罪を犯しました。わたしがしたことはこうです。

分捕り物の中に一枚の美しいシンアルの上着、銀二百シェケル、重さ五十シェケルの金の延べ板があるのを見て、欲しくなって取りました。今それらは、わたしの天幕の地下に銀を下に敷いて埋めてあります。」
ヨシュアの出した使いたちがアカンの天幕に走って行って見ると、果たして彼の天幕の中に、銀を下に敷いて地下に埋めてあった。
彼らはそれを天幕から取り出して、ヨシュアとイスラエルのすべての人々のもとに運び、主の前にひろげた。
ヨシュアはゼラの子アカンはもとより、銀、上着、金の延べ板、更に息子、娘、牛、ろば、羊、天幕、彼の全財産を取り押さえ、全イスラエルを率いてアコルの谷にそれらを運び、
こう宣言した。
  「お前は何という災いを我々にもたらしたことか。今日は、主がお前に災いをもたらされる(アカル)。」全イスラエルはアカンに石を激しく投げつけ、彼のものを火に焼き、家族を石で打ち殺した。

彼らは、アカンの上に大きな石塚を積み上げたが、それは今日まで残っている。主の激しい怒りはこうしてやんだ。このようなわけで、その場所の名はアコルの谷と呼ばれ、今日に至っている。 」

* * *

最近、主は筆者にこう問われたように思われた。
「ヴィオロンさん、あなたは本当に自分のことを不器用だと思っているのですか?」

筆者はその問いを受けて考え込んだ。

「ヴィオロンさん、もう一度聞きます、あなたは私が着いているのに、自分は不器用だ、と人前で吹聴し、それをあたかも謙虚さであるかのように言うつもりですか?」

筆者ははっとして黙り込んだ。

「ヴィオロンさん、もう一度聞きます。私があなたの中で、あなたの弱さを覆い、あなたのための強さとなっているのに、それでも、あなたは自分は不器用だ、他人に比べて何もできない、自分は大した人間ではない、などと吹聴して回る気ですか?

 そのあなたの言葉は、あなた自身に対する侮辱であるだけでなく、私に対する侮辱でもあり、不信仰であることが分かりませんか?

「しかし,主は,『わたしの恵みは,あなたに十分である。というのは,わたしの力は,弱さのうちに完全に現われるからである。』と言われたのです。」(2コリント12:9)

この御言葉はあなたの中でどこへ消えたのです? なぜあなたは自分は弱い、などと得意げに吹聴して回るんですか? なぜそうした言葉を聞かされて、それに無条件に頷くのです・・・?」

このような気づきがあってから、筆者は人々との関係性を根本的に見直さねばならないことに気づいた。いつからか分からないが、振り返ってみると、筆者のものの考え方が、巧妙に主ではなくこの世を中心とするものへ、次第にシフトしていたことに気づかされたからだ。

「だれも、ふたりの主人に兼ね仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛し、あるいは 、一方に親しんで他方をうとんじるからである。あなたがたは、神と富とに兼ね仕えること はできない。」(マタイ6:24)

この御言葉は、どういうわけか、筆者の記憶では、いつも「神と人とに兼ね仕えることはできない」という風に思い出される。ここで言う「人」とは「この世」のことだ。つまり、この御言葉を、筆者は、神と世の両方に兼ね仕えることはできない、という風に理解して来た。富とは、この世の権勢のことでもある。だから、この御言葉が「神と世に兼ね仕えることはできない」という意味を兼ねていると筆者が考えたとしても、その理解は、この御言葉の本質からそうかけ離れていないだろう。

筆者は、これまで自分を取り巻いている状況があまりに苦しくなったり、極度に自由が圧迫され、天の高みから地に投げ落とされたように感じられ、さらに退路が封じ込められたように思われるときには、自分をつぶさに振り返ってみると、大抵、巧妙に、「この世」が生活の中に入り込んでいることを発見したことを思い出す。

しかも、そうしてキリスト者を堕落させたり、自由を奪う「この世」とは、ほとんどの場合、人を通してやって来る。誰かが神の御前を孤独に静かに歩くことをやめ、「自分は一人ではない!」などと豪語し始めれば、その人は、大変な危険に直面していると思った方が良い。人々から誹謗中傷され、のけ者にされ、蔑まれることがやんで、笑顔で迎えられるようになり、どこへ行っても、もてなされ、必要とされ、歓迎されるようになり、本人までが、その状態を喜んで、自分は二度と孤独になることはないなどと、人前に吹聴するようになれば、もはやその人は、まことの信仰の道から逸れて、偽預言者の道を歩いていると考えた方が良いのだ。

そういう意味で、筆者は、この年始に、主によって、危ない道から危険に遭遇する前に引きずり出された。筆者は年明けに、真に気高い目的のために、人々に本当に奉仕する道を選ぼうと決意したが、それは直接的に、人間の喜ぶ奉仕をして、人々を喜ばせようという計画ではあり得ず、そこで、筆者は、直接的に人の心を喜ばせ、満足させる生き方からは、引きはがされねばならなかった。

モーセがシナイ山に登って、十戒を授かったとき、民は山のふもとで金の子牛像を作って、これを拝み、歌い踊り、戯れていた。てんでんばらばらな欲望を心に抱き、それを互いに自慢し、承認し合って、祝杯をあげていたのである。モーセは民のその姿を見て、憤りに燃え、十戒の刻まれた石板を地にたたきつけて粉砕した。

キリスト者の道は、山のふもとで生きる道ではない。むしろ、ふもとにいる民を置いて、高い山を登り、望みうる限りの最高の目的を神に向かって申し上げ、その高みへ到達できることを信じ、孤独な戦いを一人で戦い抜くことが必要な道である。そうして信仰の戦いを戦い抜いて帰って来ても、民は理解もせず、歓迎もせず、むしろ、そのキリスト者はとうに死んだと思って、怪訝そうな顔をし、疎んじるだけかも知れない。

それほどまでに、誰も理解も賞賛も感謝もしないかも知れない道であり、それはとてもとても婉曲で、困難で損な道に見えるかも知れないが、結果的には、それこそが、民全体のために奉仕するエクソダスの道なのであり、天の無尽蔵の栄光で報いられる十字架の道なのである。

私たちは自己満足のために高い山に登ろうとしているわけではない。それは自己の栄光のためではなく、まさに山のふもとにいる民に本当の利益をもたらすための試みでもあるのだ。
 
そういうわけで、筆者は年始になると、心から狭い道を行こうと決意させられると同時に、それから瞬く間に、心にある「アカンの外套」を手放すよう求められた。それが、神を喜ばせない「この世」の奉納物であるとは、筆者は知らなかったのだが、主は「自分は一人ではない!」と豪語する道を行ってはいけないと、早速、筆者を引き戻された。

主は、それがイミテーションの心の慰めであり、この先の道で、筆者はそれらのものを携えて行くことはできないし、それを持ち続ける限り、それは筆者の心の偶像となり、筆者の生活を堕落させて敗北に導き、地に投げ落とす原因になると告げられた。

筆者はその時が来るまで、その外套が、これまでの間にも、筆者を天的な生活から地に投げ落とすきっかけとなっていたことを知らなかった。筆者の気高さ、尊厳を失わせている源は、筆者がまさに仕えていると考えていた民だったのであり、もっと言えば、彼らの心を支配する欲望であった。主は、金の子牛を拝んでいる民のために給仕することは、決して神の御心ではなく、筆者の尊厳を失わせるだけだと示された。
 
それらの被造物が、あたかも筆者の主人のごとく、ぴったりと筆者に身を寄せて、味方のように振る舞い、なおかつ、真実な信仰者の姿に非常によく似ていたので、筆者にはそのことが分からなかったのである。

だが、筆者が霊的な山に登り、真に困難な挑戦に挑もうとした時、それはふもとの民となって、筆者を引き留めようとし、訣別の時が来た。彼らは彼らなりの金の子牛像を取り出して、筆者にそれを拝むよう求め、筆者がそうしないならば、筆者とはもはや一緒に行けないと告げて来た。その瞬間が来てから、ようやくそれらは世から来たものであり、偶像であることに気づかされたのである。

筆者は主以外に筆者の心を占めるものを完全に取り除き、筆者の隣の席を、主のためだけに空席として、進んで行くことに決めた。

この世でも、人は誰しも、誰かの愛人になりながら、自己の尊厳を主張することなどできはしない。まして大勢の愛人の一人の立場に自ら甘んじながら、尊厳などという言葉を口にすること自体が、僭越であり、滑稽であろう。それと同じように、欲望の奴隷となった人には、尊厳も自由もなく、この世(地上的な人間関係、この世の富、権勢、栄誉など)は、すべて堕落した人間の欲望から成り、世に支配される者は、欲望の奴隷であり、罪と死の奴隷である。そこにあるのは、いわば、一夫一婦制ではなく、人を奴隷にする愛人関係のようなものだけである。それに仕えている限り、その人は卑しめられた状態から抜け出せない。

堕落した欲望に縛られ、その奴隷となりながら、自分は高貴で自由な人間であると、どんなに叫んでも無駄なことである。

だからこそ、御言葉は、私たちが主と共なる十字架を経由することにより、「キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、さまざまの情欲や欲望とともに、 十字架につけてしまったのです。」(ガラテヤ5:24)と言うのであって、私たちはこの十字架を離れてはならないのである。

だが、この世には偽りの信仰の一大体系や、偽りの信仰者たちがいて、その教えは結局は、グノーシス主義に他ならないのだが、それは人が自己修練することで、信仰の高みを目指せると教える。

確かに、信仰の高みというものは存在するものと筆者は思う。だが、その高みは、あくまで人の個人的な望みによるものであり、その道も、個人的に様々に異なっているのに対し、グノーシス主義の教える信仰の高みとは、いわば、偏差値みたいなもので、何かしらの共通のヒエラルキーの階段を通して、人々が自分の信仰の度合いを比べ合い、裁き合って、品定めし合いながら、自分はどこまでその階段を登ったのかを競い合うことを言う。

そういう考えを持つ人々は、一見、この世の信仰を持たない人々のように、あからさまに己が肉欲の奴隷となったりはしないため、あたかも敬虔な信仰を求める人々のように見えるかも知れないが、よくよく話を聞いてみれば、その内容は、ヒエラルキーの階段を上に上に登ることで、あなたも自己の栄誉欲を満しなさい、という内容となっている。彼らは弟子をたくさん作って互いに競争させながら、彼らの言う「高み」を目指すよう、過酷な鍛錬を敷いて、成果を競い合っている。

そうして自己修練に励むことで、神に近付けると考える人々は、肉体を鍛えたり、修道僧のように禁欲的な生活を送り、自分よりもはるかに弱い人たちに仕え、謙虚で、誠実そうにも見えるため、一見すると、この世の人々の及ばない人格者のようにも見える。また、弟子を作ることに熱心なので、人々をスカウトする術にも長けているし、人の心に寄り添う術を心得ている。

だが、それでも神は、筆者がそうした仕掛けにひっかからないよう、それが偽りであることが分かる瞬間を用意される。

筆者はこうした人々が築いた偽りの一大宗教体系の真っただ中を何度も通過して来たのだが、いつも、彼らと筆者とは異質であることが、途中で判明するのだった。それはこんな具合である。筆者が一歩でも彼らの言うヒエラルキーの階段を上に上ろうとすると、その階段が、まっさかさまになって筆者の上に落ちかかってくる。階段が、ものすごい重さになって筆者にのしかかり、筆者の人生を押し潰そうとしてくる。そこで、筆者は、ああ、これは何かしら栄光に満ちた達成のように思われたが、やはりそうではなく、決して聖書に基づく信仰の道ではなく、むしろ、破滅への道だったんだな・・・と分かり、一歩も登らないうちに、その階段にさよならを告げることとなる。

そうして筆者は、これら清楚で謙虚で誠実そうに見える人々を離れて、彼らの賞賛や関心を得ようとすることもやめて、一人、神の御前に、静まって自分の道を申し上げ、極めて個人的な、誰にも知られない、主と二人だけの道を歩き始める。人の考えなどどうでも良いから、何事も主に相談の上、真実、神に喜ばれ、真実な栄誉を得るための道を、歩いて行きたいと、主に率直に申し上げる。

そういうわけで、新年早々、筆者のトランクからは、二つのアカンの外套が見つかった。それは色違いのおそろいの外套であり、一つはこの世の生地で出来ており、もう一つは、信仰に似た生地で編まれていた。どちらも人からプレゼントされたものであり、これを着れば、高みへ舞い上がれると勧められたが、着ようとして手に取っただけで、外套は鉛のように重く、一歩たりとも進んで行けそうになかった。外套についていた札を見てみると、素材は小羊の毛に似せて造られた合成繊維のイミテーションであることが分かった。

しかも、もっと悪いことに、その外套は、プレゼントされたものにも関わらず、支払いが完了していないというのである。つまり、贈り物と言いながら、手渡されたのは負債であった。それに気づいて、筆者はこの呪われた二着の外套を焼き捨てる(もしくは贈り主に返す)ことに決めて、初めから筆者にプレゼントされていた真っ白な外套を手に取った。それは小羊の毛で編まれ、小羊の血で洗われて、雪のように白く、また、軽い外套であった。それはもちろん、ただで贈られたものであるばかりか、すべての負債を帳消しにする力まで持っていた。

その小羊の毛で出来た真っ白な外套を着ると、改めて次の御言葉が思い出された。

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」(マタイ11:28-30)

そうだ、何だか随分疲れた気がしていたのは、あの偽物の外套のせいだったのだ。あれを着ると、自分はあれもできない、これもできない、この世に自分ほど不器用で、何もできない人間はいない、自分にできることは、せいぜい人々の後から着いて行って、彼らに奉仕するために、地に頭を擦りつけて、身を投げ出すことだけだ・・・などと思わされ、人々を喜ばせるために、絶えず奔走させられることになり、疲れ切ってしまうだけだ。日々、歓迎され、引っ張りだこにされ、感謝されて、喜ばしいイベントが連続しているようでありながら、その裏では、陰口が絶えず、絶えず不満を述べて来る人たちのご機嫌をなだめるために、果てしなく新たなノルマが課され、てんでんばらばらな人々の心の欲望を満たすために、奴隷のごとく奔走せねばならなくなる・・・。

しかも、その外套は何日着ても、体になじむことなく、ますます重くなり、ますます歩きづらくなり、ますます足手まといになって行くばかりなのだ。

その一方で、小羊の外套は、着るや否や、心の内が軽くなり、内なる人の力と尊厳が回復されて、主が着いておられるから、どんなことでもできる、と、御言葉が自然と口から湧き出て来る。この外套には、多分、翼がついているのだろう。歩いてもたゆまず、走っても疲れない。そして、疲れたときには、隠れ家なる主の砦の高い塔に筆者を連れて行って休ませてくれる。
 
休日に電話が鳴って、潰えたはずの希望が再びよみがえり、御国への奉仕に呼び出された。主よ、私をお見捨てにならなかったのですね、と思わず、感謝が心に溢れた。だが、この世は、筆者がしようとしていることが、御国への奉仕だとは、理解することはないし、認めることもない。あの外套を着た、敬虔そうな恰好の信者たちは、こんな仕事が神の栄光になどなるものかと反対して、それに唾棄して、踏みつけにして去って行った。彼らは世を捨てられなかったのである。

そうやって、宝石をちりばめた僧服のように重すぎる外套を着た人たちが、筆者のしようとしていることをかえって罪のように考えて、自分から去って行ってくれたのは、まことに好都合なことであった。

筆者は、別離の時も、出会いの時と同様、すべて主が定めておられると確信している。だから、来る者も拒まず、去る者も追わない。主が与え、主がとりたもう。

キリスト者の道は、神の御前でつつましやかな、やもめの道であって、時期尚早に現れた愛人たちをぞろぞろと引き連れては、豪奢な服を着て、自分は孤独ではないから悲しみを知らないと豪語する女王の道とは異なる。
 
だから、心して、自分は一人になることはないとか、孤独とは無縁だなどと言う台詞を、どんなことがあっても、二度と口にすることがないよう気をつけねばならない。そういう台詞は、まさに地獄から出て来るのではないだろうか。キリストは人に蔑まれ、忌み嫌われ、人に尊ばれず、顔を背けられるほど、疎んじられた。彼は歓迎されず、良いことをしてもなじられ、絶えず誤解され、罵られた。それなのに、なぜ、私たちが彼に先だってこの世で栄誉など受けて良いものだろうか。

筆者は、孤独でつつましやかなやもめの道を、シナイ山へ一人で登って行ったモーセの道を、ゴルゴタへ向かった主の道を、人知れず歩き続けようと思った。勝利は、この細い道の向こうにあり、復活は、いつも我々の死の先にある。

ところで、グノーシス主義者は、自力で神が「光あれ」と言われる前の状態、すなわち、神と人とが分離される前の状態に逆戻ることによって、自己を神と同一にすることを願っている。だが、筆者は、彼らとは異なり、神から切り離されて堕落した人間が、キリストの十字架の贖いを通して神に立ち戻り、その後、主と同労して、共に「光あれ」と力強い命令を発する時を待ち望んでいる。

命令は、実行されなければ意味がない。筆者は命令(御言葉)と実行(その成就)が一体化する時を待ち望んでいるのであって、そのために、何とかして命令そのものに近づき、これがまさに発せられんとする瞬間に立ち会い、さらに、それが発せられた後に、実際となって成就する有様を、主と共に見たいと願っているのだ。

そのことを、信仰においてだけでなく、この世の働きを通しても、経験できないものかと願っている。今年はそのための挑戦となるし、筆者が真にその道を行かない限り、おそらく筆者が本当の意味で、人々に仕え、益をもたらすこともできないものと確信している。もしかすると、モーセがシナイ山で十戒を受けたように、筆者も筆者なりのやり方で、神から御言葉を授かろうとしているのかも知れない・・・。
  
山に登る時は、すべてのからみつく罪を捨て、心の偶像になりそうな一切を振り切り、主の前に心を孤独にして、一人で進み出なければならない。その意味で、この道は決して人に優しい道とは言えないし、楽な道であるとも言えない。だが、その代わり、真に筆者を支えてくれる真実な主人があり、筆者を迎えてくれる天の栄光がある。

日に日に罪の負債の重さだけが増し加わる、色違いの美しい外套の贈り物を捨てたとき(もちろん、これは比喩であるが)、それが足手まといとなって、これまで天の高度に飛び立てなくなっていたことが、はっきりと筆者には分かった。

次の御言葉は極めて象徴的である。大勢の信者たちが、この聖句をお気に入りの歌にして口ずさんでいるが、この御言葉は、信仰によって実際となるばかりか、主の民のために下される神の正しい裁きと密接につながっている。
 
「ヤコブよ、なぜ言うのか
 イスラエルよ、なぜ断言するのか
 わたしの道は主に隠されている、と
 わたしの裁きは神に忘れられた、と。

 あなたは知らないのか、聞いたことはないのか。
 主は、とこしえにいます神
 地の果てに及ぶすべてのものの造り主。
 倦むことなく、疲れることなく
 その英知は究めがたい。

 疲れた者に力を与え
 勢いを失っている者に大きな力を与えられる。
 若者も倦み、疲れ、勇士もつまずき倒れようが
 主に望みをおく人は新たな力を得
 鷲のように翼を張って上る。
 走っても弱ることなく、歩いても疲れない。」(イザヤ40:27-31)