忍者ブログ

私ではなくキリストⅡ(東洋からの風の便りI)

「あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている。」(ピリピ2:15)

主は必ず良いものをお与えになり、わたしたちの地は実りをもたらします。

「わたしを刻みつけてください。
 あなたの心に、印章として
 あなたの腕に、印章として。

 愛は死のように強く
 熱情は陰府のように酷い。
 火花を散らして燃える炎。
 大水も愛を消すことはできない
 洪水もそれを押し流すことはできない。
 愛を支配しようと
 財宝などを差し出す人があれば
 その人は必ずさげすまれる。」(雅歌8:6-7)

キリストの復活の命は、無から有を生み出すことのできる命であり、この世の経済も、人間関係も、仕事も、すべてを支配し、キリスト者にいつでも必要な助けを供給することができる。

とはいえ、それらはあくまで私たちの精神的生長にふさわしいレベルにおいて、一歩一歩、実現する。私たちが主の死と復活の命を知ったからとて、いきなり一足飛びに億万長者になるとか、桁違いの賢人に引き上げられるというわけではない。

私たちの無力に見える人間的な要素の只中に、キリストが働いて下さり、すべての必要を満たすに十分な不思議な秩序が生まれるのである。

良い人間関係を得るには、キリスト者の人格的生長が必要である。たとえば、本人が無知である間は、周りにも、無知な人々が取り巻くであろうし、心の生長と共に、価値ある尊い人々との出会いが生まれて来る。

今、十年来、筆者の周りで続いて来た混乱に満ちた紛争が、終わりを告げようとしている。筆者の周りには、どんなことが起きても、筆者を決して見捨てず、裏切らず、そして、筆者の言い分の正しさを信じて、筆者の心の求めに応答してくれる人々が現れ始めたためだ。それは敵が長い間、蒔き続けて来た、分裂や、疑心暗鬼といった作戦が、ついに功を奏しなくなって、打ち破られたことを意味する。

しかし、そのように信頼できる人々が現れたのも、筆者自身が、彼らを命がけで愛し、従い抜こうと決意したことの結果であって、筆者が全く心を開かないのに、人々の側だけで、心を開いてくれたり、筆者を信じてくれることはない。

ある意味で、自分が人に与えたものだけが、自分に戻って来ているのだと言うこともできよう。
 
ところで、人に対して心を開くことは、裏切られたり、誤解されたり、離反されたり、不意の別れに至るリスクをも負うことを意味するから、容易なことではない。何より正直であらねばならないため、常に自分の心を試される。もちろん、信頼できる相手を見抜くための十分な知識と経験も必要となることは確かだが、人間関係に初めから100%の保障などというものがあるはずもない。

私たちは、常に様々な試練によって翻弄され、試されながら、自分で望んでいる関わりを、自分で作り上げて行くのである。状況や、相手の態度が、結果を決めるわけではない。物事の最終決定権を持っているのは、私たちキリスト者自身であり、私たちが心に信じ続けたことだけが確固として実現するのである。
 
2009年にキリストの十字架の死と復活の意味を知って以来、筆者は神に従う道を選びつつ、人間の指導者につき従うことを避けて来た。ところが、ここに来て、信仰者でないにも関わらず、目に見える人間としての地上の権威者に対し、神に従うのと同じように、従い抜くことの意味を教えられている。

そこには非常に不思議な、信仰者の交わりにも似た、えも言われぬ満足をもたらす関わりが存在することが分かった。
 
それは宗教団体とは関係のない、ごくごく普通の生活の中で起きていることである。

聖書はこう述べている、「奴隷たち、どんなことについても肉による主人に従いなさい。人にへつらおうとしてうわべだけで仕えず、主を畏れつつ、真心を込めて従いなさい。何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心から行いなさい。あなたがたは、御国を受け継ぐという報いを主から受けることを知っています。あなたがたは主キリストに仕えているのです。」(コロサイ3:22-24)

これは奴隷制のあった古代ローマ帝国の時代に、奴隷たちに向かって述べられた言葉であり、現代では、奴隷制度の肯定のためかと批判を受けることもあるかも知れない。確かに、奴隷制度は様々な理不尽をはらんでいたとはいえ、聖書はそうした制度の理不尽さを強調して、制度の廃止のために運動を起こすことなどを決して信者に奨励してはいなかった。

むしろ、各時代に、どんなに不合理な社会制度があっても、キリスト者は、あくまで地上において定められた主従関係や、社会の秩序を守りながら、その秩序を転覆させることなく、信仰のない主人に対しても、キリストに従うように従いなさい、その従順によって神に仕えることができる、と教えていたのである。

筆者はここしばらく、以上の御言葉の確かさを教えられている。信仰のない人々のもとで、地上の主人に従いながら、神に仕えることが、実際に可能なのだということを知らされている。

しかも、力づくで脅されて従うのではなく、生活のためにやむなく嫌々従うのでもなく、あくまで自由な意思により、真心から、主人に仕えなさいと言われているのであって、そのような関わりを打ち立てることは、実際に可能なのであり、それによって、天における報いを得ることができると知らされている。
 
それにしても、筆者の人生において実現している物事は、すべてが信仰によって呼び出されて来たものばかりである。

筆者はキリスト者の交わりに属していた頃も、新たな交わりに足を踏み入れる前には、必ずと言って良いほど、兄弟姉妹の心を得られるように、主に祈った。「主よ、あの人の心を私に与えて下さい」と、あまりに大胆かつ率直な祈りをしていたことを、しばしば兄弟姉妹にも、語ったくらいである。

それは、筆者が、見知らぬ交わりの中に出て行こうとする時、自分の生来の力を頼みとして、人々との関わりを築くことができないのを分かって、恐れを感じつつ、ただ主の御名のゆえに、自分がそこで受け入れられ、願っている交わりが実現するよう、神に求めたものであった。

そして、神は筆者がやむにやまれぬ思いから、新たな交わりに足を踏み入れる必要を覚えていることを知って下さり、必ずと言って良いほど、願いに応えて下さり、ほとんど特別と言っても良いほどに親しい交わりを与えて下さったのである。

筆者は、通過したほとんどの交わりにおいて、最も重要な部分を目撃し、必要不可欠と思われる体験を得ることができたと考えている。筆者が自らそれを手放すまでの間、その交わりは有意義であり続けた。だが、当時の筆者は、信仰の有無に関わらず、あらゆる人間関係は、暗闇の勢力によって激しく試され、その試練を乗り越えたものだけが、永遠に価値あるものとして残るのだという事実を知らなかった。

筆者が属した交わりにおいては、絶えず分裂、敵対、信頼関係を破壊するための様々な陰謀や工作がはりめぐらされた。それらすべての策略を乗り越え、信頼関係を守り抜かなければ、交わりを有効に保つことができないという事実を、筆者が知らされるまでには、相当に長い月日と、痛みに満ちた経験がなくてはならなかった。

そうした試みのすべてを耐え抜くためには、ただ現実的な策を講じるだけでは不十分であり、何より自分の心で、大切にしている人々や価値を、最後まで手放さずに、守り抜くための激しい防衛戦が必要となった。

目に見える状況に変化が起きるよりも前に、まず自分自身が、その交わりが、どれほどの疑いの中でも、神聖さを保たれ、守り抜かれることを信じ切らねばならないのである。心の戦いを突破したものだけが、現実生活において、揺るぎない価値として守り抜かれるのであって、防衛を諦めてしまった時点で、結果は確定する。

それが、とりなしの祈りの効果でもあるのだが、それには、とりなしの祈りなどという一般的な言葉では表現しきれないほどの意味がある。愛する人々を、絶対に一歩も退かないという強い覚悟と決意のもとで、敵の陣営から行われる激しい攻撃と圧迫の中から断固、守り抜く姿勢が必要となる。そうした激しい心の戦いに勝利をおさめ、自分の心のすべての恐れを自ら打ち破って、尊い価値ある交わりを保たなければならないと分かったのは、様々な試練によって、実に多くの交わりが、壊滅的なダメージを受け、破壊され、離散して、だいぶ後になってからのことであった。

私たちは、敵のあらゆる攻撃から、自分たちの交わりを信仰によって守る必要がある。そうして敵の放つ死の力によって触れられることなく、それによって滅ぼされなかったものだけが、復活の領域に移行し、揺るぎない価値として残るのである。

そのようなわけで、筆者が受けた判決文も、バプテスマを通過することを求められた。判決を放棄せよと求められたこと自体が、筆者にとって、一種の「死」を意味した。これは王妃エステルが王の前に進み出るに当たり、死を覚悟した瞬間にも似て、筆者が、価値ある宣言を守り抜くために、与えられた試練であった。

だが、こうして判決文が筆者と共に、信仰よって試されることになったのは、非常に良い契機であり、また必要不可欠な試練だったと言える。なぜなら、それによって、私たちは新たに死をかいくぐって、復活の世界に移行することができるからである。

筆者はすべての恐れに打ち勝って、これを守り抜くことができると確信している。そして、洪水のあとには、静けさと平和が訪れ、以前のような戦いはもうなくなることも。その領域に移行した時こそ、以下の御言葉を大胆に宣言できるだろう。

「わたしは神が宣言なさるのを聞きます。
 主は平和を宣言されます。
 御自分の民に、主の慈しみに生きる人々に
 彼らが愚かなふるまいに戻らないように。

 主を畏れる人に救いは近く
 栄光はわたしたちの地にとどまるでしょう。
 慈しみとまことは出会い
 正義と平和は口づけし
 まことは地から萌えいで
 正義は天から注がれます。

 主は必ず良いものをお与えになり

 わたしたちの地は実りをもたらします。
 正義は御前を行き
 主の進まれる道を備えます。」(詩編85:9-14)

このような天的秩序が実現するためには、私たちが深く主の死の中にとどまることが必要であり、それだからこそ、筆者が大切にしている価値は、常にあらゆる方法で試され、信仰によって試され、死を経由して復活の領域に移行し、そこで目に見えない永遠の証印を押されなければならないのである。

判決文は、筆者にとって、初めから、死んだ文字ではなく、実に不思議な効力を及ぼして、筆者に生きた命に溢れる出会いを与えてくれるものだったのだが、それが復活の領域に移行した後では、今まで以上に、不思議な効力を持つものへと変わるだろうと思う。

それはもはや紛争当事者に対する法的宣言などという意味合いをはるかに超えて、永遠に至るまでも変わらない、神から筆者へ向けられた愛の宣言のような効果を持つものとなり、常に筆者の生きているそば近くに、この地にいつまでも約束としてとどまり、筆者のみならず、筆者の死後に至るまで、広域に渡り、影響を及ぼすだろうという気がしてならない。
 
主を畏れる人に救いは近く
栄光はわたしたちの地にとどまるでしょう。
 
それは未来に起こることでありながら、同時に現在起きていることなのであり、筆者は、信頼する人たちと共に、その宣言がもたらす洪水のような愛の只中にすでに立たされていることを感じている。その生きた宣言あればこそ、現在の人間関係も与えられたのであり、その交わりはこれから生長し、深まって行くものなのである。

判決文に限らず、すべての言葉は、筆者から見ると、実体を呼び起こすための命令である。命令としての効力を失って、抜け殻となった言葉は、もはや言葉とは呼べず、単なる死んだ文字の羅列でしかなく、筆者は、そういうものを憎んでいる。

だから、法的効力を失った判決文などというものを、筆者は考えることさえできないのであって、元来、言葉というものは、およそすべてが命を保った、実体の伴う、生きた効力を持つものでなければならず、権威ある命令でなくてはならない。

私たちキリスト者は特に、自分は神の力ある御言葉によって生かされているのであって、目に見えるすべてのものは、神の言葉によって保たれていることを信じている。その言葉とは、うわべだけの文字の羅列でなく、神が最初に天地を創造され、「光あれ」と命じられた時と同じ、真のリアリティとしての言葉である。

だから、判決文が、その効力を保つかどうかという問題は、筆者にとっては、筆者自身の生死に直結しており、それはつまり、筆者が、この先、命なるキリストご自身を知って、その御言葉によって生かされることの絶大な価値を知った後の、生きた言葉の世界にとどまるのか、それとも、キリストご自身に出会う前の、一切の希望のない、死んだ文字の世界に自ら逆戻るのか、という問題に直結している。
 
それは筆者がエクソダス前の世界に戻るのか、エクソダス後の世界にとどまるのか、という分岐点でもある。

エジプト軍は、何とかしてエクソダスを押しとどめようと、武器を手に主の民を追って来るが、私たちはすでに紅海を渡ったのであり、時計の針を逆にして、エジプトに戻って罪と死の奴隷になることはできない。

筆者は、ただ時間軸を逆にできないから、キリストを知る以前には戻れないというだけでなく、新たな出会いによって生まれた愛の関係が、あまりにも強く、死によっても断ち切れないほど強いものであるから、それに出会う前の自分に戻ることは決してできないと言う他ない。

そのことは、人がキリストに出会って、花嫁なる教会として完成するためには、「その父と母を離れ」、すなわち、自分の生まれながらの出自に死んで、新たな出会いに向かうことが必要であるという次の御言葉にも重なる。

「「それゆえ、人は父と母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。」この神秘は偉大です。わたしは、キリストと教会について述べているのです。」(エフェソ5:31-32)

ウォッチマン・ニーが、このことを『キリスト者の標準』の中で巧みに表現している。人類は、キリストの十字架を知って、救われる以前には、アダム、もしくは、モーセの律法(罪と死の法則)という残酷な「夫」に結ばれて、己が罪のゆえに絶えず責め立てられ、罰せられ、奴隷として売られ、過酷な生活を送っていたが、主と共なる十字架の死によって、その悪しき天然の関係が断ち切られ、キリストを新たな主人とする「再婚」が成立し、私たちは新たな自由な生活に入ったのだと。

エクソダス前の世界は、律法の支配する世界であり、そこには、罪と死の法則だけが働き、人は絶え間なく死の恐怖に脅されて、暗闇の勢力に屈従するしかない。それは不自由と、苦痛の満ち溢れた世界である。それは生まれながらの父母、すなわち、アダム来の出自が支配する世界である。

だが、神は私たちを暗闇の支配から連れ出し、愛する御子の支配下である、エクソダス後の世界へと導かれた。私たちはそこで生まれながらの「父と母を離れ」、新たな主人であるキリストに結ばれて、命の御霊の法則の中を、自由と安息の中を生きる。

「主の霊のおられるところに自由があります。わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。これは主の霊の働きによることです。」(Ⅱコリント3:17-18)

これは花嫁のベールアウトの瞬間であると以前に述べたことがある。ただ罪と死の法則から解放されるだけでなく、神と人とが、顔と顔を合わせて相見え、「似た者同士」へ変えられる。人類にとっては、弱く、劣って、みすぼらしい生まれながらの出自に死んで、神の栄光を反映し、キリストの性質を内側から付与されて、主に似た、新しい者へと変えられて行く過程である。

これが、キリストとエクレシアとの「結婚生活」であり、その生活は、私たちにあまりにも大きな平安、安息をもたらすものであって、そこには愛に基づく自由な関係が成立しており、栄光に満ちた変容がある。

そこで、このような絶大な解放、栄化の恵みが、信じる者に約束されていることを知ってしまった後で、再び以前の世界に、すなわち、「父と母」(アダム来の出自)に戻ることは、もはや不可能である。

そのような復活の領域へ向かう過程で、判決文のみならず、筆者自身や、筆者の人間関係や、筆者の交わりも、すべて絶え間なく、十字架を通るよう、試されており、死をくぐることによって、新たな価値としてよみがえらされている。

筆者の側で必要なことは、どんなに試みられても、心の中で、固く信頼を保ち、価値ある宝を手放さずに保ち続けることである。

保ち続けるとは、絶えずエクソダスを経て、復活の領域にそれらが保たれるよう、筆者にとってかけがえのない価値であるもの、人々を、絶えず守り抜き、かくまうことである。
 
それは言葉を変えれば、愛し、信頼し続け、呼び寄せ続けることを意味する。必ずしも、愛には愛で応答があるから、誰かを愛する、というものではない。地上でどんな関わりがあろうと、応答があろうとなかろうと、その関わりを決して手放したくない、敵に渡したくないと願うならば、自分の側からの愛と信頼を、どんなことがあっても、投げ捨ててはならないのである。

私たちが信仰の領域で、手放さなかった関係だけが、永遠に至るまで残り続ける。この法則性はすべてにおいて同じである。私たちの生活も、健康も、経済も、何もかもすべてが、私たちの信仰にかかっているのであって、信仰の領域において、私たちがあらゆる試みにも関わらず、確固として守り抜いて手放さなかったもの以外は、すべて滅びゆくものとして消え去って行くことになる。
 
そのことが筆者に分かるまで、相当に長い歳月が必要であった。だが、それを学習するために、最も必要だったのは、筆者が命を投げ打ってでも、自分自身がどうなっても構わないから、自分のすべてと引き換えにしてでも、守り抜きたいと思う交わりや、人々、価値に出会うことだったかも知れない。

キリストと信じる者とが、非常に強い信仰による愛の絆によって一つに結ばれているように、その他の人々との間でも、同じような強固な愛と信頼による連帯が、生まれることが必要だったのである。

神の御言葉は、相当以前から、筆者の心に蒔かれ、筆者の内側で発芽し、霊的には一つとなっていたが、筆者は、自分一人だけでは、主の御身体なる教会を完全に構成することができず、主の御思いを表すためには、団体に編成される必要があった。

敵はそれを全力で妨害し、筆者が決して人々と連帯しないよう、分裂や、悪評や、疑心暗鬼の種を蒔き、筆者を人々から引き離そうとしたが、判決は、そうして蒔かれた不信を打ち破り、筆者を信頼へと導き、筆者と人々との間に、確固とした協力関係、連帯が成立しうることの最初の強力な証しとなった。

主の御言葉が、筆者の霊に刻みつけられ、神との関係を再生させたように、人の書いた言葉である判決も、不思議な形で、筆者の心の中に刻みつけられ、筆者の人間関係を新たに再生させたのである。

そこで筆者は、以前には、信仰のためならば、命を賭しても構わないと、絶えず告白し続けて来たが、現在は、そうした生き方が、主に対して仕えるように、人々に仕え、人々を愛し、信頼するために、自己放棄するという生き方の中に実現するようになった。

以前には、筆者は、自分には確固とした信念があると思っていたが、今はかえって、人々の方に、筆者よりも、まさった信念、あるいは、高い目的があり、権威ある言葉や、宣言を発することができる人々がいることも分かったので、そうした人々を見ると、筆者は喜んで自分の考えを投げ捨て、彼らと共に協力して進んで行くようになった。

信仰者であるかないかはもはや関係がなく、信仰がなくとも、そこに信徒の交わりに非常に近い、それと同じくらい、愛情や、配慮に満ちた、強い信頼で結ばれた関係が成立している。筆者は、彼らに信仰がなくとも、自らの信仰によって、彼らを覆い尽くし、彼らを十字架のバリケードの中に入れてしまう。

そのように自由で新しい協力関係が、気づくと始まっており、筆者はもはや一人で生きているのではなく、キリストの目に見えない御身体なる団体の一員として召されている事実を発見した。また、そこで間接と関節をつなぎ、命を流し出すための管として置かれている役目が分かってしまったので、その役目を発見しなかった以前に逆戻ることはできない。

おそらく、生ける水を流し出すための干潟の掘削作業の中で、その水の流れを押しとどめていた最後の障害を、判決はぶち抜いて取り払ったのである。

だから、今や前から書いている通り、この不思議な名のついた土地から、全国に向かって、命の水が、生ける水の川々が、奔流のように流れ出す時が来ている。それはやがて洪水のようにすべてを覆い尽くし、やがて命が死を飲み尽くしてしまうだろう。

その頃には、筆者が辿って来た苦難の痕跡など、人が思い出すこともなくなるに違いない。筆者自身は、それを覚えているが、それも慰めや励ましによって、良き思い出に変えられていることであろう。

今、巨大なパイプラインからの放水作業が、すでに始まっているのであって、この作業はもはや何人もとどめることができないほどの勢いになろうとしている。

神は人々を死に至らしめるのではなく、立ち帰って生きることを望んでおられるのであって、尊い御子の犠牲の上に、神が自由を宣告された人々を、再び死の恐怖の奴隷とすることは、誰にもできない。

神が結び合わせたものを、人が引き離すことはできない。そこで、キリストとエクレシアとが強い愛と信頼の絆で結ばれているように、エクレシアの只中にも、愛や慰めや配慮に満ちた命が駆け巡っているのであって、一人一人はそこで助け合い、支え合う関係に置かれているのであり、これらをばらばらに分解して、再び出会わなかった以前に引き戻すことはできない。
 
主の民を追って紅海を渡ろうとしたエジプト軍は溺れ死んでしまった。主の民を絶滅させようと企んだハマンは木にかけられて吊るされた。筆者に命を与えた宣言を無効化しようなどと考える人々がいれば、かえってその人々自身が、命を奪われることになる。
 
筆者には、目には見えずとも、筆者のいる干潟から、命の泉がすでに激しい流れとなって湧き出ていること、祝福に満ちた流れとなって、筆者の周囲を潤していること、やがては洪水のような流れにさえなって行くだろうことが確信できる。敵にとらわれていた人でさえ、その様子を見れば、立ち帰って、その恩恵にあずかりたいと願うことであろう。

多くの人々が、敵の策略によって分裂、離散したが、同時に、信仰によって、多くの人たちを獲得し、さらにまさった交わりを得ることができた。その交わりは、未だかつてないような深いレベルに達しており、筆者の弱ったところや、欠けたところをも、覆い尽くしてし、互いの弱さをかばい、支え合うことのできる命の交換が確かに行われていることが分かる。

だから、いつの日か、紛争などというものがかつてあったことさえ、忘れ去られる時が来よう。それよりも、こうして、団体としての体が、少しずつ組み合わさり、生ける霊の家として生長しつつあり、御座から始まる、激しく、同時に、優しく、清らかで、澄んだ、生ける命の水の流れを、ようやくこの地から、本格的に流し出す作業が始まったことが、大きな喜びである。

この見えない事業の価値を確かに知っている人は、ほとんどいないが、筆者には、非常に長期に渡る壮大な事業が確かに開始したことが分かり、それがやがて多くの人々を潤すときを待ち望むだけである。
 
「いかに幸いなことか
 神に逆らう者の計らいに従って歩まず
 罪ある者の満ちにとどまらず
 傲慢な者と共に座らず
 
 主の教えを愛し
 その教えを昼も夜も口ずさむ人。
 その人は流れのほとりに植えられた木。

 ときが巡り来れば実を結び
 葉もしおれることがない。
 その人のすることはすべて、繁栄をもたらす。

 神に逆らう者はそうではない。
 彼は風に吹き飛ばされるもみ殻。
 神に逆らう者は裁きに堪えず
 罪ある者は神に従う人の集いに堪えない。

 神に従う人の道を主は知っていてくださる。
 神に逆らう者の道は滅びに至る。」(詩編第1編)
PR

あなたの民はわたしの民、あなたの神はわたしの神。あなたの亡くなる所でわたしも死にそこに葬られたいのです。

「しかし、天地創造の初めから、神は人を男と女にお造りになった。それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。だから二人はもはや別々ではなく、一体である。従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」(マルコ10:6-9)

「あなたを見捨て、あなたに背を向けて帰れなどと、
そんなひどいことを強いないでください。
わたしは、あなたの行かれる所に行き
お泊りになる所に泊まります。
あなたの民はわたしの民
あなたの神はわたしの神。
あなたの亡くなる所でわたしも死に
そこに葬られたいのです。
死んでお別れするならともかく、
そのほかのことで
あなたを離れるようなことをしたなら、
主よ、どうかわたしを幾重にも罰してください。」(ルツ1:16-17)

* * *

先日の和解協議において、被告Aは訴えを取り下げろ、さもなくば和解しない、という条件を提示して来た。

一つ前の協議において、被告Aは双方からの控訴の取り下げを和解の条件としていたにも関わらず、その要求をさらに拡大して、原審において、ちょうど被告Bと息を合わせて筆者に反訴を予告したときと同じように、筆者が訴えそのものを取り下げなければ、和解協議を決裂させるぞと言って、自らにとって不利な判決を撤回させようとして来たのである。
  
それに伴い、彼ら(人物は特定できないし、いかなる協力関係があるのかも不明だが、あえて「彼ら」と表記しておく)は、まずは当サイトの名前を悪用した権利侵害サイトを作り、そこにおいて、筆者のドッペルゲンガーを作って、彼らの前にひざまずかせ、懺悔させ、訴えの取り下げの「リハーサル」を行わせた上で、現実に行われた和解協議の場においても、訴えの取り下げを要求し、掲示板においても、匿名の投稿者が次のような投稿を行って、訴えを取り下げなければ、ひどい目に遭うぞと予告したのである。



これを見れば、筆者が向き合っている相手が、いかにまともではない人々であるかということが誰にでもよく分かるであろう。
 
しかも、こういう投稿は、これまでにも絶えまなく行われて来たのであって、何ら珍しい内容でもない。要するに、ブログを執筆するのをやめなければ、人生が破滅するぞと脅していた今までと同様である。

結局のところ、彼らはこう言っている。「被告らに対する訴えを全面的に取り下げないと、なしりすましサイトを100個作るぞ。それから、あんたを何重にも提訴・刑事告訴してやる。和解協議が決裂するくらいのことでは済まない。犯罪者にされていいのか。人生が破滅するんだ。考え直せ」

彼らは、何としても、筆者に訴えそのものを取り下げさせることで、判決を無効にしたいのである。
 
命が惜しいなら、主張を撤回せよとの「踏み絵」である。
 
控訴審では、秘匿の措置が認められていないので、判決に向かってためらいなく突き進めない事情がある。それを分かった上で、裁判所も判決言い渡し日をあえて未定としており、和解協議を勧めたのであり、さらに、被告Aも以上のような条件に、筆者が応ずるよう迫っているのである。

しかしながら、筆者はこの訴訟においては、もともと完全な敗訴もしていないし、完全な勝訴もしていない。さらに、被告Aは何年間にも渡り、筆者を告訴しようとしても、できなかった経緯があるため、この先も、告訴が受け入れられる見込みはまずないものと考える。

被告Bについても、被告Bが筆者を告訴したと主張する前から、筆者自身がすでに被告B対策を幾重にもして来たのであり、先週もさらに大量の資料を警察署に送って備えとしたところである。

さらに、以上のような投稿がなされたのを皮切りに、掲示板も、これまでは文体などが投稿者の身元の確認に役立つと考えて様子を見て来たのだが、そろそろ時期が来たと判断した。発信者を特定してIPアドレスを警察に提供し、犯人を告訴し、損害賠償請求訴訟を提起するための準備に入る。

だから、掲示板が聖域になるなどといった考えは捨ててもらわなければ困る。身元が特定された暁には、当然のこととして、人物が公表される可能性があることを十分に考慮してもらわなくてはならない。そうなれば、手が後ろに回るのは、こうして藪の中から石を投げて無責任な生き方をしている匿名の投稿者なのであって、筆者ではない。投稿前によく考えることをお勧めするのみである。
 
さて、和解協議において、被告Aから訴えを取り下げないと、和解に応じないとの条件が、裁判官を通して告げられたとき、筆者は尋ねた。

「判決が下された後に訴えを取り下げたらどうなるのですか?」
「判決は法的には効力を失うでしょう」

筆者はしばらく言葉を失った。判決を無効にしたならば、賠償も行う義務はないのであって、何のための和解なのか。ごくわずかな金銭と引き換えに、命に等しい約束を手放させようなどというこの卑劣な条件に、心の底から憤りが込み上げて来た。

ここに懐剣があれば良いのに・・・、との思いが脳裏をよぎった。

もちろん、裁判所には小刀一つ持ち込むことはできないが、筆者は、まるで武家の娘になったような気分で、裁判官の前で、黙って懐剣を差し出し、テーブルの上に置くことができればいいのに・・・との思いに駆られた。

「一体、あなた方は、私を誰だと思っているのですか。私がはした金と引き換えに、個人情報を開示されたくないとか、提訴や告訴をされたくないなどという願いと引き換えに、自分を生かすと言ってくれた人の言葉をやすやすと裏切って、命乞いをするような女だと、本気で思っているのですか? あなた方はあまりにも大きな考え違いをしています。そんなことをして自分の操を穢すくらいなら、私はいっそこの場で自分の命を絶って、この先の世界を一瞬たりとも見ないで済むことを願います。」

むろん、筆者は自殺などするつもりもない。以上は単なる比喩である。しかし、そのような思いが込み上げて来たとき、筆者は同時に、何かえも言われぬ感動を覚えた。

いつの間にか、判決は、筆者にとって、もはや二度と離れることのできない、かけがえのない命となり、友となっていた。これがあったからこそ、今日まですべてを耐え抜き、控訴審まで来ることもできたのだ。

これは筆者の苦悩を深く理解し、ねぎらってくれた裁判官が、その善良な思いのすべてをかけて、筆者に「生きよ」と命じてくれた、忘れ形見のような命である。

この判決と引き離されるくらいなら、筆者は、むしろ、死を選ぶ。この宣言を自分で否定して、これまで戦ったプロセスを自分ですべて否定して、抜け殻となった宣言を手に生きるくらいならば、喜んですべての苦難を引き受け、何重にも告訴・提訴された上、潔く死に追いやられることを願うだろう。

敵は何でも願うことを筆者に対してすれば良い。だが、筆者はそのすべてを恐れない。全く恐れないし、逃げようとも、隠れようとも思わない。筆者は全力でそのすべてに立ち向かい、提訴されるなら反訴するし、告訴されるなら、虚偽告訴罪を主張して、どんなに訴訟が泥沼化しようと、命の限りを尽くして徹底的に立ち向かい、彼らの常軌を逸した残酷さを証明し、身の潔白を証しする機会とするだけである。
 
筆者が恐れるのは、自分に害を加えられることではなく、自分を愛し、かばい、助け、命を与えようとしてくれた人の言葉を裏切って、否定することなのだ。そうして、自分一人だけ、身の安全を保ち、生き延びようとして、再び、真っ暗闇の世界に投げ出され、その挙句、栄誉だけでなく、命をも失うことなのである。

確かに、判決は人間の言葉であるため、神の御言葉のように完全なものではないが、自分に命を与えてくれた権威ある裁判官の判決を否定し、裏切ることは、神の御言葉を否定し、裏切ることにも通じるほどの恐ろしい効果がある。

判決を保とうとすることが、筆者の破滅につながるのではなく、逆に、筆者を生かし、守る命である判決を裏切り、これを否定し、捨てることこそ、筆者の身の破滅につながるのである。

それは、聖書がファンタジーだと言って、聖書の神の御言葉の正しさを否定している人が、その後、正常な意識を保って生きられなくなるのと同じである。

被告らは、筆者のブログをファンタジーだ、創作だと言っているが、その背後には、聖書の神の御言葉の揺るぎないことを否定しようとする思いがある。だからこそ、彼らは権威ある裁判官の下した判決にも服さず、これを何とかして自分たちの言葉で飲み尽くし、否定し、覆そうと試みているのである。

それは彼らが自分たちは裁判官よりも上に立っていると考えていることの証拠である。しかし、 聖書の秩序はこれとは逆であり、死ではなく、命が死を飲み尽くすのだ。

だから、この踏み絵を踏んではならない・・・ということが、筆者には実によく分かった。

この訴訟を提起した時、筆者には支援する者はなく、ただ一人、裁判官が、筆者の心を知っており、これを汲み上げてくれた。その後、裁判官が下してくれた判決は、筆者に命を吹き込んで、新たな場所へと導き、そこで新たな人々に出会わせてくれ、かけがえのない助言者や、理解者をも与えてくれた。

以前は支援者もなかったが、今はもうそうではない。職場も、同僚も、筆者の生活も、すべてこの宣言文が書かれた後に与えられたものであり、筆者はこれまでどんなにこの宣言に助けられて、支えられて生きて来たろうか。

その判決文から権威ある命の効力を除き去って、これを抜け殻同然の空文句に変えてしまうことに自ら同意するくらいならば、筆者はこの判決文と、目に見えない領域で、しっかりと手に手を取りあったまま、その場で一緒に殺されてただちに息絶えることを選ぶだろう。

判決文の威力を殺すことは、筆者を殺すことと同じなのであり、私たちは不可分の存在なのであるから、判決が無効化された世界に、筆者一人だけが生きていることはできない。

だから、絶対にこれを無効化するようなことに同意してはならない。

そこで、筆者は一計を案じ、自分にできるただ一つのことを提案した。

それは、判決の正しさを守り通す代わりに、筆者が自分の主張を放棄するという、これまでに幾度となく取って来た策である。

筆者はそれまでの協議の深刻な雰囲気とは打って変わって、にっこりと笑って裁判官に言った。

「私は判決文をスキャンして一般に公開したこともありませんし、事件番号も公開していません。この事件記録を閲覧した人も、今日まで誰もいませんので、被告Aについては、誰もどんな判決があったのか、現物を手にして見たわけではありません。客観的な証拠がないので、ネット上では当てにならない噂しか流れていないのです。被告Bも、自分に関することしか書いていませんので、被告Aのことは誰も知る術がありません。

ですから、そうした状況で、私が訴えを取り下げることで、判決を無効化する必要もないのです。公開しなければ、判決もただ裁判所の記録として残るだけで、その外に出て行くことはありません。実態が分からない以上、誰にも不名誉を与えることはないのです。

ですが、ネットに書かれた個人情報は、いつまでも人の目に触れるところに残り続けて、現実的な悪影響を及ぼす恐れがあります。被告Aは、個人情報を消して欲しいのでしょう? それなら、たとえこの先、被告Aが私を提訴し、告訴したところで、到底、目的は遂げられるものではありません。権利侵害の事実は、自ら立証しなければ認められませんし、権利侵害に当たらないと判断されれば、削除も認められませんので、すべての記述を取り去るためには、膨大な分量の書面を、ものすごい時間をかけて書き続なければなりません。多分、一生かかっても、目的は達成できないと思います。

そんな無駄な訴訟を起こしても意味はありませんから、その代わりに、私が自分で記述を修正してはどうでしょう。本当は一年くらい欲しいところですが、もっと早くしろというなら、可能な限り、迅速に行うことはできます。それで、この先は双方、互いの個人情報を書かないという約束で、和解すればどうでしょう?」

裁判官はその要望を被告Aに伝え、被告Aは、弁護士と協議すると言って、その日の話し合いは終了した。

すでに夕方になっていたが、筆者にはまだ裁判所に用事があったので、帰宅するわけにいかず、裁判官は何度も「被告を先に返しますよ?」と筆者に念押ししてから、実際にそうした。

実は、裁判所には、勝訴(もしくは勝訴的和解)を遂げた方が先に帰宅するという暗黙のルールがあるのだ。被告Aが先に帰宅するということは、あたかも被告Aが勝ったと言っているも同然であるが、筆者にとっては、それは些細なことであった。

被告らは、見かけの栄誉を何より重んじる。人前に自分がどう映るかを気にする。しかし、筆者は人に知られないリアリティを重んじる。だから、外見的に、被告Aが勝訴したかのごとく扱われたとしても、別にそのことで何とも感じることはない。この点で、被告らの考え方と、筆者の考え方は、正反対なのである。

これまで被告らの書面を公開しようかと考えたことも何度もあったが、それをしないで来たのも、何かしらそれを押しとどめるものがあったためである。公開すれば、どんなにひどい主張をされているのか、万人に開示して訴えることもできたであろうが、なぜかそれに踏み切れない思いがあった。

おそらく、それも理由のないことではなかっただろう。

この訴訟は、筆者にとって、人の思いを超えたところにある、何かしら神聖と言っても良いほどの価値のあるものである。特に、原審はそうであった。だから、たとえ判決が、裁判所から一歩も外に出ず、誰にも閲覧されず、何が書かれているのかも分からないまま、まるで聖域のような領域に、膨大な事件記録の一つとして、人知れず眠るだけであったとしても、その誰にも知られないリアリティの中に、筆者の栄誉、筆者の正しさが、確かに込められていることを感じてならないのである。

逆に言えば、筆者が訴えを取り下げ、その事実が、仮に誰にも知らされなかったとしても、それは確かなリアリティであるから、人が知ろうと知るまいと、筆者が判決を否認し、自分の正しさを認めてくれた人の言葉を裏切った事実は、宇宙的な規模で悪影響を及ぼし、何万光年先になっても拭い去れない罪と恥の記録になるに違いない。
 
筆者が肯定していればこそ、判決は尊い価値を持って、聖域の中に静かに保たれるのであって、もしも筆者がこれを否認すれば、それはまるで悪党どもによって暴かれた墓のように、さらしものにされ、土足で踏みつけにされ、神聖さを失って、蹂躙・冒涜されることであろう。

筆者は、これまでそのような瞬間を何度も見せられて来た。筆者が心の中で手放さなかった人々、手放さなかった団体、守り通したものだけが、確かな揺るぎないリアリティとして保たれるのであって、もしも筆者が、それらを守り通すことを断念したならば、それは敵の陣営に引き渡され、防衛の外に追いやられ、蹂躙されて、恥をこうむることになる。

だから、筆者と判決とは、互いに守り合い、かばい合う関係にあり、それはかけがえのない強い愛の絆にも似て、私たちは見えない領域で結ばれた手を、互いにしっかりと握り合い、死に至るまで、決して離してはならない。筆者が新たに出会った人々との関係においても、同様の愛の関係が成立しているのである。

それは死によっても、引き離すことができないほどの強い結びつきであり、命をかけてでも、守り抜きたいと願う、かけがえのない価値である。

ところで、筆者にも、和解協議の期日が来る前に、弁護士に相談することができそうなチャンスがあった。だが、のど元まで出かかった言葉を、筆者は飲み込んで、何も言うべきでないと思い直した。

信頼できる人に、せっかくの貴重な時間を、わざわざこのような事件のために費やさせる必要もないと思っただけではない。それ以上に、筆者の助言者は、ただ一人、キリストだけであり、御霊だけであるから、誰にも助けを乞わずとも、自分自身で何が正しく、何が間違っているかを判断することができるはずだと信じた。その強さ、独立性を失ってはならない、と思い直したのである。

さて、前回の期日に、双方から控訴の取り下げを行うという提案がなされた後、控訴の取り下げを行うと、事件記録が横浜地裁に戻って来ることを筆者は書記官から聞かされた。

その時、筆者の心には大きな喜びが湧き起こり、まだ結果が確定もしていないうちから、そうなることが動かせない事実であると感じた。被告Aから訴えの取り下げを要求された時でさえ、その確信は変わらなかった。

あの陰気な東京高等裁判所の建物ではなく、この海と空のある地にこそ、事件記録を迎えてやりたい。戻って来たら、おまえはよくやった、勇敢に戦った、と言って、その栄誉をたたえて、いつまでもここで静かに眠りなさいと、まるで祖国のために勇敢に戦って戦死した夫の亡骸を迎える妻のように、心の中で花束を携えて、出迎えてその労をねぎらってやりたい。

そして、その後も、筆者の生きているそば近くの、人に知られない静かな聖域のような一区画に、記録を眠らせておこう。あの電話会議が実際に行われた明るい裁判所の中に、海と空を同時に見ることのできるこの開放的な空間の只中に、その記録を保ち、それがいつも自分と共にあること、今も生きて効力を及ぼしていることを思い出し、見えない領域で互いを見守りながら生きて行きたい。

そうこうしているうちに、きっとその判決は、ますます不思議な効力を及ぼして、多くの人々を筆者のもとに送り、多くのかけがえのない宝をこの地にもたらしてくれるに違いない。それは誰も見ることのない秘められた聖域として、契約の箱のように、この地に眠るだろう。

筆者は人生で初めて、自分以外のものを、命がけで守りたいと願った。冒頭に挙げた御言葉は、ただ人間の男女のことを指しているだけではない。霊的には、それにはもっと深い意味があって、それは神の御言葉と、人が一体となること、御言葉なるキリストが、信仰によって、人の内に住まわれ、神と人とがもはや不可分の引き離せない関係になることを言い表している。

神はどれほど人を愛され、また、人の側でも、神を慕い求めた結果、神と人との出会いが生まれることだろうか。双方からの強い願いの結果、神が人に対してご自身を現して下さり、人の内側に住まわれるという信じ難い出来事が起きるのである。

そのことが、この事件を通して、筆者はよく分かる気がする。

判決はもはや筆者と不可分の関係になったのであり、今更、これを分離することはできない。歴史を逆行して、出会わなかった前に戻ることはできないし、出された宣言を無効化することもできない。 神が出会わせて下さったものを、人の力で引き離すことはできない。

だが、筆者は新たに出会った人たちにも、全く同様のことを思う。私たちは、人の力によって、決して引き離すことのできない領域で出会い、結び合わされたのだと。その結びつきから、未だかつて見たことのない新しい歴史がすでに始まっているのだと・・・。

そういう意味で、判決以前の世界と、判決以後の世界は、まるでノアの洪水のように、大きな境界となって、筆者の人生を二つに分けている。それには、まるでB.C.(Before Christ)とA.D.(Anno Domini)を隔てるくらいの威力があり、これも大きな十字架なのである。洪水と共に、以前の筆者は死んだのであり、泥沼の法廷闘争にも、すでに終止符が打たれた。その大いなる宣言がある以上、今更、被告らが筆者に何を述べたとしても、結論は変わらない。

紛争は、もはやとうに終わっているのであって、筆者には、ただ筆者に命と平安を与える命令に服し、これを忠実に実行に移すために労する義務と、これにそぐわないすべての行きがかりを最終的に終わらせるために知恵を尽くす任務が任されているだけである。


覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはない。

「覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはない。だから、あなたがたが暗闇で言ったことはみな、明るみで聞かれ、奥の間で耳にささやたことは、屋根の上で言い広められる。」(ルカによる福音書12:2-3)

さて、この一週間、筆者は示談書の内容を考えながら、ネット上の動きを観察していた。神は私たちに非常に丁寧かつ誠実にすべてを教えて下さる方であるため、私たちがお人好しや、楽観のゆえに、危険な領域に足を踏み入れようとしていても、信仰があって、主に聞く姿勢をきちんと持っているならば、きちんと警告して下さる。

前の記事に書いたように、筆者はすべての行きがかりを帳消しにする用意があったのだが、そういう行き過ぎた行為に及んではならないと、はっきりと示されたものと思う。

それはこの重要な時期に、紛争当事者が関わっていないとも決して言い切ることのできない、大きな疑惑を呼ぶ新たな権利侵害がネット上で続行したためである。
 
人物は特定されていないとはいえ、これは非常に残念なことである。筆者はこの事件についてはそっとしておいてほしいと書いたところであるが、一体、なぜ、ある人々は罪赦されることができるチャンスを自ら踏みにじり、救いが与えられているのに、そこから目を背け、暗闇の中に逃げ込んで行くのであろうか。

こうした権利侵害が今も続いている以上、犯人がきちんと特定されるまでの間は、その手がかりとなる可能性を含む情報を抹消してはならないと分かった。何より、これまで積み上げて来た事実関係を自ら否定するような行為に及ぶべきでない。
 
だが、もともと示談とは、あくまで一定の範囲の出来事について決着をつけるだけのものであって、紛争の永久解決を意味しないから、その範囲が限定されるのも、やむを得ないことである。

交通事故でも、事故後、すぐに示談を結んでも、しばらく経ってから後遺症が発生すれば、その時は別途、対応が必要になる。多くの場合は、後遺症には別途対応する旨が、示談書に予め盛り込まれる。

このように、もともと示談は紛争の永久的解決としての和解とは異なる上、さらに、一般に、クリスチャン生活における戦いの成果は、専有した領域の大きさで決まる。光の子らがもしも退却するならば、その領域は悪の諸霊に明け渡される。もしも私たちが自ら権利を放棄するなら、放棄した部分は、敵対者が占めることになる。

だから、紛争をとにかく早く終わらせたいという人間的な思いだけで、すべてのことが明らかになっていないうちに、事件を終結させたり、重要な証拠を消してしまうようなことをしてはならないのである。そのようなことをしてしまうと、物事が非常に中途半端なままに終わってしまい、本来、明らかにすべきであった結論が出されないまま、歴史的後退が起こってしまう。

当ブログを巡る訴訟では、筆者が人間的な感情に流されて判断を誤らないよう、随所で、天からの警告のようなものがなされて来た。

たとえば、筆者は当初、控訴もせずに、第一審判決で争いを終わらせるつもりだったが、それにも関わらず、判決の確定前に、控訴せざるを得ない新たな事情が出来た。それは筆者の予想を超えた事態であって、筆者自らが紛争の継続を願って起きたことではなかった。

また、控訴審では議論を戦わせることも念頭に置いていたが、それもしてはならないと示され、代わりに一方の紛争当事者との和解協議となった。その和解協議で、筆者は紛争の永久解決を目指すつもりであったが、それも今はしてはならず、踏み越えてはならない限度が明白にあることが示されたのである。

一言で言えば、原審判決は守らねばならないのだが、それが許した範囲を超えて、紛争を終わらせたいがための和解条項を結ぶことは、許されていないと分かったのである。さらに、紛争当事者は、おそらくは筆者の赦し自体も、届くかどうかが分からない場所にいる。赦しや救いを受け取り、和解が成立するような状態ではないということである。

こうした一つ一つの出来事は、筆者が人間的な感情に流されて判断を誤らないように示された天からの警告であると筆者は受け止めている。

前から述べている通り、当ブログはインターネット上で激しい権利侵害を受け続けており、今もそれは続行している。最近の裁判の流れとして、悪質な権利侵害サイトにリンクを貼るだけでも、有罪となる世の中だということを読者には周知しておきたい。そして、ネット上で行われている犯罪行為は、決して放置されているわけではないし、犯人が特定されれば、公表するつもりであることは前々から予告している通りであるから、こうした犯罪行為には、読者は絶対に関わらないように注意されたい。

リンクだけで警察に逮捕されます」(日本表現の自由協会)

「2ちゃん」にリンク貼るだけで名誉毀損 ウソの内容を書き込むのと同じと判断(東京高裁2012年(平成24年)4月18日判決)

筆者は、誰も罰せられることを望んでおらず、罪を犯した人にも、悔い改めて、罪赦されて、人生をやり直して歩き出して欲しい・・・と願っている。

それは嘘ではなく、どんな人間が相手であっても、筆者は自ら紛争を拡大したいとか、長引かせたいなどとは微塵も願わない。だが、そのことと、今もインターネット上で続いている犯罪行為の全容を明らかにすることは、全く別の話なのであって、今回の訴訟でも、本来の目的は、これらの権利侵害の全容を解明することにあった。

その目的がまだ果たされていないうちに、浅はかな楽観に基づき、今後、その究明の妨げとなるようなことを自らしてはいけないし、するわけにもいかない、ということが、今回、示されたのである。

だが、これも主の采配である。おそらく、こうした事態が起きなければ、筆者は楽観に基づいて、紛争は解決したものとして、踏み越えてはならない境界をあっさり踏み越えていたかも知れない。

残念なことであるが、筆者がどんなに赦したいと願っても、筆者の思いだけでは、事は成らず、相手が罪を悔い改めてもいないのに、筆者がその罪を赦すこともできないし、相手が守らない約束を、筆者だけが結ぶこともできない。片方だけがどんなに願っても、それによって最終的な和解が成立するわけでもないし、感情的な行きがかりを決着させることと、事実を明らかにすることは異なる。
  
しかし、繰り返すが、このような展開になっていることにも、神の深い采配が働いているのであって、冒頭に挙げたとおり、神は物事を明らかにされる方であって、隠す方ではない。今後、ますます事の真相は明らかになる方向へ向かうのであり、すでに明らかになっている事柄については、やはりきちんと公に記録に残しておかねばならないのであって、筆者の人間的な思いだけで、これを白紙撤回するわけにはいかないのである。

死に至るまで、キリストの復活の証人であり続けるとは、おそらくそういうことなのであろう。私たちの灯は、公然と街の上に掲げておかねばならない。それを隠すなら、証には意味がなくなってしまう。

迫害されたから、権利侵害に及ばれたから、紛争から早く解放されたいから、あるいは、提訴するとか、告訴するなどと脅されたから、そそくさと事実を闇に葬り、隠れたところで取引したり、公然と証言したことを撤回するというのでは、私たちの証は力を失ってしまう。

そういうわけで、今回の教訓は重く、おそらくは罪の赦しが相手に届かないことをよく物語っているように思う。この訴訟に提出された記録も、早晩、きちんと整理し公表することが、必要不可欠になるものと考えている。紛争を激化させるためではなく、何が行われたのか、事実を明らかに記録しておくため、そして、それに基づき、今後も、何が起きるかを記録して行くためである。

ところで、私たちは、兄弟姉妹を引き裂き、互いに対立させ、教会を分裂させようとする目に見えない力が働いていることに注意しなければならない。

筆者はかつて横浜である牧師が率いていた集会においても、敵の様々な陰謀工作が働いて、中傷が横行し、集会が分裂に追い込まれ、兄弟姉妹が互いに信頼を保てなくなり、牧師と筆者とを互いを引き離し、集会をバラバラにする作戦が功を奏するところを見せられた。

その結果、牧師は筆者に対して罪を犯すこととなり、筆者もその牧師の考えには全く共感できなくなり、その後、集会そのものが異端化するという事態が起き、我々は全く無関係となっているが、そうなるまでに、教会の破壊を試みた敵の分裂工作がいかに卑劣かつ巧みであったかは、今となっては十分に理解している。

その時のみならず、現在になっても、この牧師も、筆者も、誰も依頼もしていないのに、事件に全く無関係な者が、この牧師と筆者を何とかして対立させて、公の場所で対決させ、かつて兄弟姉妹だった人々が、いがみあい、教会が分裂する有様を、見世物にしようと願って、様々な情報をばらまいている。

その勢力が、今も自分は姿を隠して、様々な事件に介入し、当事者になりすましたり、その代弁者になることで、実生活においても、兄弟同士の争いを激化させ、インターネット上にも、人々の争いを煽る情報をひたすら投稿し続けているのである。

このような形で、人々の「代理人」になろうとし、他者の思いをあたかも代弁するかのように見せかけながら、クリスチャンの紛争や対立を煽り、徐々に人々の存在を乗っ取り、その相手を貶めて行くことが、この勢力のかねてよりの常套手段であったことに注意を向けたい。

むろん、こうした行為を行っているのが誰であるのかは、現時点では特定されていないが、彼らのやり方は常に同じであるから、その行動パターンの中に、彼らの本質的な特徴がよく表れていると言えよう。
 
彼らは、人々の許可がないのに、勝手に他者の代弁者となったり、権限もなく、他者の争いに介入することで、争いの火に油を注ぎ、兄弟同士をいがみあわせ、対立を修復不可能なまでに押し広げ、教会を分裂させるのである。

その上、クリスチャンを公開裁判の場に引きずり出し、できるならばそこで有罪宣告を受けるよう仕向け、教会が立ち直り不可能な打撃を受け、まことの主を信じるクリスチャンが孤立し、兄弟姉妹を通じて命を受けられなくなるようにし、神の花嫁たる教会を辱めて、神ご自身が損失を受けられるように仕向けることを目的にしている。

私たちを分裂させ、互いに敵対させようと、陰から争いの火に油を注いでいる存在が確固としてあることに、まず気づかねばならないのである。
 
だが、筆者は、そのように、自分は名を隠して、陰から人々の対立や争いを煽り立てている人物こそ、存在を暴かれ、名を公開され、裁判にかけられ、損害賠償請求を行われるに最もふさわしい者であると考えている。

自分は正体を隠したまま、他者になりすましたり、頼まれてもいないのに、自分には無関係の争い事に次々と介入・干渉しては、兄弟姉妹の対立を激化するために、火種をふりまくような者は、断じて裁かれねばならない。たとえその者が刑事罰を受けて、監獄の向こうに行くようなことがあっても、筆者は追及をあきらめるつもりはないことも、断っておきたい。

だから、このような問題が進行中である事情を考えると、なおさらのこと、今、証拠となる情報を消し去ってしまうような愚かで浅はかな約束を結ぶことはできないのである。
 
何とかしてクリスチャンを中世のような見世物裁判に引きずり出しては互いに争わせようとする人々がいることを分かっていながら、その脅しに屈するわけには行かない。かえって、こういう人々の名を特定し、その所業を公表し、彼らを排除し、報いを受けさせることによって、初めて教会は平和を取り戻せる。

それによって、誰がクリスチャンを最も憎んでいるのか、誰が匿名に隠れて、兄弟同士の対立を煽って来たのか、誰が教会に最も大きな打撃を加えて来たのか、世間の前にはっきり証明できるだろう。それは筆者では断じてないのである。

そういう意味で、現在の筆者は、かつてとは様々な点で異なっている。新しい人たちが筆者の周りに現れたおかげだ。もしも時を遡ってやり直せるなら、多分、あの時、こういう言葉で助言はしなかった、ああいう風に伝えただろう、などと思うことはたくさんある。

だが、以前と何より異なっているのは、真心から仕えて構わないと思うリーダーに出会ったことだろう。人を陥れたり、欺いたり、策略を弄しない、約束を守る謙虚なリーダーに出会ったことである。それによって、権威に服従することは、何ら困難ではなく、私たちは権威者に対してもの申すとき、王妃エステルが王の前に命をかけて進言したように、命がけでなければならないことが、よく理解出来るようになった。

私たちは、権威者が誤った道に逸れかけているときは、適宜、忠告せねばならないが、それはあくまで権威への服従の中で行われるべきことであって、忠告に名を借りて、秩序を覆すことが求められているわけではない。その服従とは何であるのか、どのようにすれば、敵の策略に翻弄されずに、信頼関係をつなぎとめることができるのか、様々な場面で、筆者は学ばされている。

以前から、筆者には(霊的な意味において)関節をつなぐ力があると書いて来たが、切れかけた絆も、完全な断絶に至っていないうちは、修復できる。弱った部位に命の息吹を注ぎ込み、傷を丹念に修復し、体が一体性を保って、健全かつ敏捷に機能するようになるまで、ひたすら命を吹き込み続け、回復をはかる。

王妃エステルは、ユダヤ人たちが絶滅を命じられることで、体(宮)としての教会が消滅しないで済むよう、彼らを不当な命令から救うために、命がけで、王に進言をする役割を担った。そのために、彼女は十字架の死を通る必要があったのであり、私たちが今日、何かをリーダーに本気で進言するときには、必ず、命がけと言っても良い服従のプロセスが必要となる。それがあって初めて、忠告は功を奏し、団体の滅びが押しとどめられるのであって、敵のあらゆる分裂工作は、私たちがそれを乗り越えて信頼を維持することを学ぶための戦いなのである。
 
そのようにして、激しい戦いの中で、互いの信頼関係を確固として維持し、互いに守り合い、弱った部位には命を吹き込み、回復されるべきは、兄弟姉妹と呼ばれる人々であって、兄弟たちを分裂に追い込む者ではない。

そういう意味で、憐れみを注ぐべき対象を見誤ってはならないのであり、当ブログを巡る訴訟は、教会に対する迫害が完全に終わらない限り、本当の意味では決着を見ないのであるから、やはり過去に起きた事実を白紙撤回するなどということはできないのである。

この先、控訴取り下げが行われたり、示談が結ばれたからと言って、ネット上でクリスチャンの争いを煽っている勢力に対する追及が終わるわけではなく、控訴審で取りこぼした課題も、それとは別に、これから解決を図らねばならないのであって、決着が着いたと言える日はまだ来ていない。

そういうわけで、今、越えようとしているステップは、ほんのわずかな一歩でしかなく、筆者にはこれからまだ解決せねばならない多くの仕事が残っている。
  
王妃エステルは、命がけで王の前に立つことで、ユダヤ人を絶滅から救っただけではなく、ハマンの処刑に貢献したことを、忘れるわけにはいかない。兄弟たちを分裂させ、主の民に滅びを願うような者は、相応の報いを受けねばならない。たとえ兄弟姉妹の絆が断ち切れて、もはや修復不可能になっているように見える場合にも、それは同じである。

だから、筆者にとって極めて重要であった聖徒の交わりをかく乱し、破壊し続けて来た者どもには、しかるべき報いを受けさせねばならない。そのために、暗闇で行われて来たことを明るみに出すことが、今後は最も先決の課題となる。必ず、その者は最後に存在を暴かれ、裁かれることになるため、くれぐれも読者はそうした犯罪行為に加担されないよう注意されたい。

* * *

<補足>

ところで、刑事事件においては、証拠の有無のみならず、被害者が犯人の処罰を求める感情がどれくらい強いのかも、ものを言う。そこで、示談というのは、刑事事件における罪を軽くすることにも貢献できるかも知れない非常に重要な手続きだったわけである。

筆者はこれについても、考えていたところであった。そのようなタイミングで、円滑な紛争解決や温情が注がれる余地を排除するような新たな権利侵害事件が起きたことは、非常に運命的かつ予表的な出来事であると筆者は思っている。もしも救われるべき人間を相手にしているならば、このようなことは決して起きないからだ。

示談が成立していなければ、訴えられた人間には、刑事事件を有利に運ぶ強力な材料がなくなるが、示談後にも、同様の権利侵害を行っていた事実が発覚するとか、再犯したなどの事実が加われば、それも非常に悪い印象を残すことになる。

これまで当ブログを巡る事件において、筆者は相手方のために、何度も、何度も、猶予をもうけて来たが、その温情も猶予も、紛争を有効に終わらせるために機能したことが一度もなく、かえってこじらせるために悪用されて来た経緯がある。そのことを考えても、やはり、罪赦されるチャンスがいくらでもあるのに、罪赦されることを自ら拒んで、自ら救いから遠ざかって行く人間というものも、この世には存在するのではないかという気がしてならない。

訴訟に関する記録は、いつかはまとめて公表せねばならないと考えて来たが、紛争を拡大しないために、今までこれを控えて来た。示談成立がないような場合には、やむをえないので、ただちに公開し、別訴を提起するなどして、対策を講じねばならない。

なぜなら、紛争のもう一方の相手方が筆者を告訴したなどと言っている以上、筆者も安全策を講じる必要があるためだ。しかし、そうすると、筆者を刑事告訴したとしている牧師の名も、当然ながら本人の書面により全国に向けて明らかになる。果たして信徒を告訴する牧師のもとへ行きたいと願う信徒がいるのかどうか、甚だ疑問である。

しかも、その牧師が、一審ではブログ記事をすべて削除して和解すると言っていたのに、途中で態度を翻したことも、本人の書面を通して明らかになり、なおかつ、当ブログの著作者人格権を侵害した事実があることや、当事者からの依頼もないのに、他者のプライバシーを侵害する記事をブログに多数、掲載している行為が、明らかに、不法行為に当たることも明白となる。

このように、他者の代理人となって紛争に介入することは、筆者の目から見ると、非常に怖いことなのである。今までにもこの人は、多くの事件に資格なく干渉を繰り返して来たわけであるが、それでも、その当時、それは誰かの依頼を受けてやっていることであったため、他者の権利を守るという大義名分がついていた。

だからこそ、筆者は、その人は他の牧師から依頼(提携)を受けて、非公開の資料を公にするようなブログ記事の公開に踏み切ったのだろうと考えていたが、その牧師は、そんな提携はない、それは筆者の考え違いであると嘲笑った。そして、本人の言によると、実は、その牧師は、誰からの正式な依頼も受けていないのに、勝手に他者の代理人になって、他者のプライバシー権を暴き、自分とは無関係の紛争に介入したことが、本人の書面の内容から、明らかとなった。これは極めてまずいことである。

捜査機関が、誰からの依頼もないのに、独自に動き出し、人々の身辺調査を秘密裏にやり出したら、どうなるだろうか。しかも、自分たちの機関に逆らった人々の情報を秘密裏に集めて勝手に公表するようなことをすれば・・・?そうした懸念があることを、ずっと前から筆者は訴え続けて来たのであるが、相当にそれに近いところまで現実が追いついていることが発覚したのである。もはや「代理人」や「相談役」という肩書さえかなぐり捨てて、他人の名を勝手に使って、縦横無尽に争いに介入するところまで来てしまったのであり、その次なるステップとして残るのは、あからさまな「なりすまし」のみ・・・。

よく考えてもみられたい、一体、誰が頼まれてもいない他者の代理人に勝手になって、他者の人物像を勝手に「創作」などしているのであろうか? 誰が他者の名を使って、クリスチャン同士の対立の火に油を注ぎ、教会を分裂させ続けて来たのか?

筆者が訴えて来たのは、そうした「なりすまし」の目的は、教会の簒奪にあるということ、すなわち、聖なる者でない者が、聖なる者の名を詐称して、自分には手に入れられない高みにある宝を奪い取り、これを破壊し、最終的には、教会を乗っ取ることで簒奪し、神ご自身を簒奪することにあるということである。

クリスチャンの名や存在を簒奪することは、聖なる神の教会を簒奪することを意味し、花嫁なる教会の簒奪は、花婿なるキリストの簒奪・蹂躙を意味する。本物を駆逐・破壊して、偽物だけを残すこと。これが異端の目的なのであり、実は異端狩りに熱中している人たちこそ、最も教会を簒奪・破壊している危険な存在なのである。

そのことを、当ブログでは再三再四、主張して来たのだが、それがついに誰の目にも明白になるほどまでに客観的に明らかになろうとしているのが現在である。


主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。

筆者が初めて横浜に来た際、横浜にいる兄弟と、福島にいる兄弟との連携により、福島の山小屋へ連れて行ってもらい、そこで親しい交わりを持った時のことを思い出す。

もう10年も前のことであり、その時の交わりも今はもうないが、今も不思議な縁で、筆者はこの二つの土地に縁のある暮らしをしている。筆者は福島へは行かないが、それでも、この土地と密接なつながりができ、御言葉の交わりの代わりに、法を中心とした交わりが出来、信徒の交わりではないが、これまでに出会うことのできなかった新しい貴重な人々に出会うことが出来た。

最近も、心癒される交流のひと時があったが、そこでこれまで筆者がキリスト者を名乗る人々と関わった時には全く得られなかった大きな収穫が得られた。

これまで筆者の人生においては、真に心から喜んで従うことのできる権威者というものは、現れなかった。言葉ではなく、その人の生き様そのものが、筆者の心の琴線に触れ、接しているだけで、あらゆる説明抜きに、筆者自身が変化を迫られるような関係というものは、あった試しがなかった。

いや、断片的には、そういう出会いもなかったわけではないのだが、それは束の間であり、筆者が何かを掴みかけたと思うと、すぐにその交わりも散ってなくなっていった。

だが、今回、新たな交流が生じたことにより、筆者がこれまで自分では気づけなかったもの、自分では取り払うことのできなかった限界が、何の説得も、命令もなしに、軽々と取り去られてしまった。

それと同時に、「助け手」であり、「影」である筆者の役目が、はっきりと形を取って現れ始めた。

筆者は、これまで著名な指導者の率いる宗教団体や、権威者のいる団体に足を踏み入れた際、筆者を秘書や参謀のように使えば、その指導者は栄えるだろうに・・・と考えたことが何度かあった。ほんの少し観察しているだけで、何をどうすれば、その組織がもっと良くなるか、指導者に何を補えば、その人が引き立つのか、筆者には尽きせぬアイディアが生まれて来たからである。

10年以上も前から、そのような考えは何度も湧き起こった。そして、その度に、筆者は家族などにもよくそうした印象を話していたものだ。「もったいない。あの人たちは、私の使い方を全く知らない。私を有効活用すれば、もっと大きな成果が得られるのに」と・・・。

そうした考えは、おそらくは決して筆者の自信過剰や、思い過ごしではなかったものと思う。

それらの指導者や権威者は、筆者の当時の考えなどには全く注意を払わなかったし、筆者の助言にも忠告にも何らの価値も見いださなかった。筆者の発言は、単なるこざかしい子供の自信過剰か大言壮語として忘れられて行っただけであろう。

だが、そうして筆者の助言を軽んじたことの結果として、彼ら指導者にも、人生そのものが根本的に狂わされるような何かが起き、栄光を傷つけられることになったのである。

なぜ自分の周りに適切な助言者を置かず、正しい忠告を退け、自分一人の考えだけで前に進んで行き、人生を滅ぼすのか・・・、筆者は非常に残念な思いであった。

その後、幾度か出会いを重ねているうちに、少しずつ、筆者に助言者の役割があることを知って、これを開発しようと期待をかける人々が現れるようになった。ところが、その場合でも、筆者が決定的な助言をせねばならない瞬間になると、必ず、信頼関係をかき乱し、破壊しようとする人々が現れて、筆者はそれにどう打ち勝てば良いかも分からないまま、策略に翻弄され、その結果、筆者が心から伝えようとしている言葉が、権威者に届かなくなる、という結果が繰り返された。

そして、かえって筆者が濡れ衣を着せられたりして、信頼関係が損なわれて、助言も役に立たないまま、関わりが離散してしまうのである。その後は、お決まりの通り、その権威者もまた、誤った道を歩き続けることになり、筆者を迫害する側に回るだけであった。

筆者はその後、沈思黙考し、一体、自分の助言者としての役割は、何をどう補えば存分に発揮されるのかを考えた。どうすればこの人々を敵に渡すことなく、信頼を損なわず、策略によって破壊されることもなく保ち続け、共に命に至り着くことができたのであろうかと。

だが、そうした出来事はあまりにも大きな幻滅を筆者に抱かせるものであったため、筆者は、その後、人間の指導者や、権威者には注意を払わず、静かに神に仕えて生きようと考えた。目に見える人間の思惑に振り回されるなど、もはや御免だと思っていたのである。

筆者は、自分のことを今も「取り分けられた器」であると感じている。ガイオン夫人やら、マーガレット・バーバーに自分をなぞらえるのはおこがましいかもしれないが、それでも筆者は、今、自分自身のために生きているのではなく、主のために特別に捧げられ、人々から取り分けられた存在であるとみなしている。

これは、自分が特別だと言っているのではなく、むしろ、自分の満足を捨てて、主の訪れを待ち望むために待機して生きることが、筆者の召しであると言っているだけである。

繰り返すが、筆者は、神のために特別に取り分けられた器になりたいし、そうして生きることに満足を覚えている。

それは10年前に福島の兄弟が教えてくれたことであった。せわしなく活動し、集会から集会へ飛びまわり、人々の前で教師然とメッセージを語り、多くの人々から感謝され、いかにも自分は神に仕えている御言葉の奉仕者であると、人々に盛んにアピールしながら生きるのではなく、かえって、静けさの中に立ち止まり、自分の人生の時間を人々に対してではなく、ことごとく主に捧げ、人には知られないところで、祈りの中で主を待ち望んで過ごす・・・、そういう奉仕のあり方が存在することを知った。

そして、神はそのようにご自分のために心を捧げる人々をかえりみて下さることも分かった。

その時から、筆者は自分の存在は、まことの主人を満足させるためにあるものだととらえている。それが人類が神に対して担うべき、本当の意味での「内助の功」であり、神の助け手としての私たちに任されたとりなしの役目なのであろうと思う。

だが、そのような考えも、振り返ってみると、近年になって初めて筆者の中に生まれたのではなく、10年以上前から、筆者はひたすら助言者となるための訓練を続けさせられて来たように感じている。

しかし、それはすでに述べた通り、失敗の繰り返しであり、筆者の「使い方」を知っている人は現れなかった。そうであるがゆえに、筆者は人に仕える道を断念し、神に仕えさえすればそれで良いと考えて、その後は権威者には関わらず、人生を送って来たのである。

ところが、この度、改めて筆者の助け手としての召しを引き出そうとする人が現れた。そして、その召しが発揮されるためには、筆者が、まず権威に服従するという過程が必要となることが分かった。

助け手としての役割が、服従なしには決して成し遂げられない仕事であることが分かったのは、当ブログを巡る訴訟の最中のことである。

訴訟を提起するまでは、筆者は自分があたかもすべての物事において、人生の主人であるかのように振る舞い、仲間を持たず、単独で先頭に立ち、自分が創造的な役目を率先して担うべき立場にあることを信じて疑わなかった。自分自身が誰にも服従せず、また、誰からの助けも受けることなしに、望みに向かって邁進すべきと考え、それができると信じ、そう行動して来た。

それゆえ、筆者は自分の主張について、誰がどのように反応しようと、それによって全く影響されることのない自信や確信を持っていたのである。

そこで、訴訟を提起した当初、裁判官でさえ、筆者にとっては、自分の主張を裏づけてくれるための存在としか見えておらず、筆者は裁判官に心を開いていたわけでもなければ、裁判官に訴訟を指揮する主導権を委ねていたわけでもなかった。

むしろ、自分が提起した訴訟なのであるから、最後まで自分で引っ張って行かねばならないと決意していた。

原審を担当した裁判官は、最初の口頭弁論期日から、筆者が、全世界から心を閉ざすがごとくに、遮蔽の措置の中で、自分の作り上げた訴状を目の前に、じっと黙って何も見えない前方を見つめている姿を注視していた。

遮蔽の措置は、すべての方向に対して閉ざされており、ただ裁判官に対してのみ開かれていたが、これはある意味で、予表的なことであった。

筆者は、裁判官の眼差しが、決して悪意のあるものではなく、むしろ、好意的に、筆者を自分の主張の外へ連れ出そうとしているものであることをうすうす感じていたが、それでも、その当時の筆者は、誰にも頼らずに、自分の願っていることを実現するために、人の同情や助けにすがってはならないと考え、裁判官の眼差しをも、気づかないふりをして半ば排除していたのである。

それは、もしも筆者がその当時、誰かからの同情や慰めの言葉を受け、それを受け入れてしまったならば、多分、心弱くなって、そこで倒れて立ち止まり、もはや自力で前に進んで行く力を失ってしまうかも知れないという予測から出た防衛的行動でもあった。

だからこそ、筆者は気丈に顔を上げて、裁判官からさえ同情を受けず、審理の行く末は自分で決めるのだと考え、そう振る舞っていたのである。そのため、訴訟に出す書面も、途中までは、裁判官に読んでもらうために出していたのではなく、天に向かって書いているものと考え、裁判官も読み切れないほどの分量の書面を出すことにも、全くためらいがなかった。

だが、そんな筆者も、原審の審理の途中で、裁判官に対して、ついに心を開かざるを得ない時が来た。その過程を詳しくここで振り返る必要はないであろうが、様々なきっかけがあり、筆者はある瞬間に、訴訟における主役は自分ではないこと、自分が積み上げて来たすべての議論も、ただ一人の裁判官に認定されることがなければ、無きに等しい暗闇にしかならず、裁判官との協力・協調関係がなければ、自分一人では、決して事件を正しく終結に導くことができないことを思い知った。

そのことが分かった瞬間、筆者は、これまで自分が、自分の人生の主役であるかのごとく考えてひた走って来たが、実は、筆者は自分の人生においてさえ、補佐役、助け手でしかなかったことを理解した。助手は、主人がいなければ何もできない。

筆者は、それまでの人生には、誰も筆者を従えることのできる権威者がいなかったのに、それにも関わらず、自分が、誰かに服さねばならない存在であり、そうしてこそ、初めて自分の真価が発揮されることが分かった。自分があたかも神から光をあてられて、よみがえらされる瞬間を待ちながら、墓の中にじっと横たわっている死人のような存在でしかなく、単独では完成に至れないことが分かったのである。

「光あれ」と誰かが命じてくれなければ、存在すらも、あるかどうか分からない真っ暗闇。それゆえ、まことの主人の到来を待ち焦がれて、墓の中にむなしく横たわり、命令を待つしかない存在。苔むしたかび臭い土の中で、見た目の美しさを失いながら、ただまことの主人から「生きよ」との声をかけられなければ、すべてのものから見捨てられ、蔑まれ、忘れられ、踏みつけにされ、生きていることさえ、認められず、痛みも苦しみも否定される存在。それが、自分自身の本質なのであり、被造物の影なる本質なのであり、全被造物が持つ、悲しいまでの「女性性」なのだということが分かって来たのである。

命を吹き込む役割は、男性にしかなく、被造物の象徴たる女性には、単独ですべてを支配する力はない。それゆえ、筆者の役目は、補佐や助け手になることであっても、自分が人生の主人として立つことではない、ということが、その時にはっきりと分かった。同時に、そのようにして、神に対して補佐役をつとめることが、人類の役目であるということも分かったのである。

そこで、補佐役なる私たちは、すべての苦労を、自分のまことの主人と分かち合わなくてはならない。神が私たちの地上での労苦をねぎらってくれて、慰めと、励ましを与えて下さらなければ、私たちが地上で何を苦労してみたところで、その成果はむなしい。

共に喜びと悲しみを分かち合い、心に起きるすべてのことがらを何もかも知ってもらい、これを受け止めてくれる存在がなければ、私たちの被造物としての苦労に、一体、何の意味があるというのだろうか。

筆者は、自分の主張した事実や証拠が認定されないことを恐れたのではない。人生において初めて、筆者は目の前にある存在に対して心を開き、心を分かち合い、筆者の協力を待っている人の命令を聞いて、その守りの盾の中に隠れねばならないことを知ったのである。

それができたときに初めて、筆者は守られ、かばわれ、安全地帯にかくまわれることが分かったのであった。

そのことが分かってからは、筆者はもはや訴訟を自分だけが思う方向へ引っ張って行くのではなく、裁判官と協力して成果を打ち立てなければならないことを理解した。さらに、そこから一歩進んで、裁判官を信頼して判断を委ねねばならないことが分かり、また、そうして判断を委ねるに際し、筆者の主張が邪魔になる場合には、これを投げ捨てねばならないことも分かった。

それは筆者が最も大切にして来たものを、投げ捨てることを意味した。筆者の主張は、筆者の正しさそのものであり、筆者の生き様の集大成でもあり、よすがであり、経験であり、苦労の蓄積でもある。

だが、筆者はそうして生まれた自らの主張も、判断も、すべて放棄することを決めた。裁判官は、筆者がそうした後で、筆者を守ること、筆者の求めに応じて、権威ある命令を下し、筆者を生かすことを約束してくれ、筆者はそれに応えて、その命令に従うと約束した・・・。

* * *

それにも関わらず、筆者が提起した控訴審は、非常に面白い展開を辿った。ひと言で言えば、すべてが、原審判決を鉄壁のように完全に守り抜く方向へと動いたのである。

筆者の理屈が正しくなかったというつもりはない。だが、控訴審においては、筆者が知らなかった制約があった。それは、控訴審における議論は、原審で築かれた議論の土台から一歩たりとも外に出ることができないという制約である。

そのため、原審判決言い渡し後に、原審において提示していなかった新たな証拠を提出しても、それが原審において審理されていた事件の根幹に関わるものでなければ、却下されてしまうという結果になる。

今回、筆者は判決言い渡し後に被告Bが書き加えた記事を、被告Bによる新たな不法行為の証拠として控訴審に提出し、また、被告Aもそれに関与していることを主張し、それにより、原審における主張を補おうとした。

ところが、このアクロバティックな議論と一連の新たな不法行為の証拠は、原審の議論の土台の外にある(原審とは異なる木を接ぎ木しようとするもの)という裁判体の判断により、控訴人が提出した一連の書証そのものが採用されないという結果になったのである。

そこで、裁判所は、筆者の提出した控訴理由書は採用するが、甲号証はすべて却下、また、その後、筆者が提出した答弁書や第一準備書面とその続紙についてもほぼ同様に、原審判決から外に出る議論はことごとく却下した上で、それ以外の部分だけを採用して陳述扱いするという措置を取ったのである。

証拠が採用されない限り、不法行為が認定されることなど絶対にあり得ないから、これでは、控訴自体にほとんど意味がなかったことになる、と思うだろう。それどころか、こんな状態で審理を進めれば、この先、どんなひどい判決が待っていることやら、と。

ところが、そこから先が、裁判所の知恵の見せ所であり、これまで筆者が一度も見たこともない手続きが取られたのである。

裁判所は、以上の措置を取った上で、一回の口頭弁論で審理を終結し、あえて判決言い渡し期日を未定とした。

これは、結局のところ、裁判所自体が、こんな判決は俺たちも出したくはないんだぜ、だから、控訴を考え直してくれやと、言外に言って、当事者に再考を促したことの表れである。

もう少しソフトな表現をすれば、原審判決を維持することが、あなたたち全員の身のためですよ、という言外の忠告を込めて、そうしてくれたのである。

むろん、そんな忠告を、筆者は誰から受けたわけでもないが、現実にはそういうことであると理解した。

こうして、三人の裁判官は、ほとんどやる気のない態度とも見える措置を取って、結論を当事者に投げ返し、弁論をただちに終結したのであった。だが、これは非常に優れた知恵と配慮の結果であり、裁判体は、このようにすることによって、原審判決には指一本、触れることなく、これを守り抜くために一計を案じたのである。

このようにして、裁判所は、審理を進めているふりをしながら、原審の結審時で永遠に議論の時計の針が止まるようにしてしまった。

しかも、その間に、裁判所は筆者と被告A、筆者と被告Bとの審理を、口頭弁論が始まる前に分離し、筆者と被告Aとを別室に隔離して、ただちに和解協議を開始することとした。

被告Aとの間では、口頭弁論さえ開かれず、控訴審でいきなり和解協議の運びとなったのであるが、それも、水面下で実に様々なやり取りがあった結果であり、いずれにしても、裁判所の深い配慮がそこに込められていた。

こうして、筆者と被告Aとが出会わなくて良い措置が取られた一方で、筆者と面識のある被告Bとの口頭弁論においては、遮蔽の措置も認められなかった。

被告Bとの口頭弁論が始まる前、書記官は、筆者がまだ甲号証が却下になることも知らないで、審理の行く末に望みを抱いているうちに、筆者を和解協議のために用意された部屋に導いて、そこで審理が分離され、被告Aとの間では和解勧告がなされたことを告げた。その上で、被告Bとの間では、遮蔽の措置は取られていないと説明し、「出廷しますか?」と筆者に尋ねた。

実は、期日当日になるまで、遮蔽の措置が取られるかどうかも決まらず、筆者はその前日にも、こんなにも決定が遅れているようでは、裁判所に行って良いかどうかも分からず、判断ができないと書記官に尋ねていた。その後、ようやく、期日前日の夕方になって、当事者が顔を合わせなくて済むよう配慮がなされるという漠然とした回答が得られたのであった。

筆者はそれを受けて、てっきり遮蔽の措置は認められるのであろうと考えたが、裁判所は、被告Bとの口頭弁論に遮蔽の措置は取らないと、当日になって言い渡した。だが、それもあくまで表向きのことであり、裁判所は、筆者がそれまでさんざん訴えていた危険について、相当に心ある配慮をなしてくれ、筆者を始めから別室に案内した上で、誰もいないところで、書記官が、遮蔽の措置なしに口頭弁論に出席するかどうかを改めて筆者に尋ねたのである。

「悔いのないように主張をされたいなら、出廷された方が良いと思いますが?三人の裁判官に会うことができるのは、今を措いて他にないですからね」

筆者はこの質問を受けて、悩みながら尋ねた。

「傍聴人がいるかどうか見てもらえますか」

「今の様子でいいですか?」

書記官はそう言って、法廷の様子を見るために部屋を出て行った。

その後、筆者は一人で声に出して祈った。

「主よ、私には何もかもが突然すぎて、こんな状況でどう行動すべきかも分かりません。でも、私の願いは、私の考えではなく、あなたの栄光が表されることですから、私が間違った選択をすることがないよう、何が正しい行動であるか、疑いのないように、はっきりと教えて下さい。」

書記官は法廷を覗いてから戻って来て、傍聴人は現時点で誰もいないが、被告Bとの口頭弁論を、被告Aが傍聴したいと言っている旨を告げて来た。それを聞いた瞬間に、筆者は、出廷してはならないことを確信した。

おそらく、被告らは、筆者が出廷すると考えて、そのために、被告Aも傍聴を希望したものと考えられる。そこでもしも筆者が遮蔽の措置なしに出廷すれば、筆者はまるで捕らえられた獲物のように、見世物として法廷に引き出されたことになってしまう。

どんなに出廷することが権利であるにせよ、霊的にはそのような文脈にしかならない。むろん、そんなことをすれば、原審において、せっかく裁判官が深い配慮のもとに取ってくれた遮蔽の措置も、まるで意味がないことになってしまう。そのような行動を絶対にとってはいけない、と分かった。

筆者はその時、「悔いのないように争いたい」などという願いが、もしも心にわずかでもあれば、それが命取りになるであろうことを、はっきりと理解した。逆に、こういう時は、絶対に争ってはならないのである。

ウォッチマン・ニーが幾度となく書いていた「十字架の装甲」の中にとどまるべきなのであって、その外に一歩でも出れば、命の保障はない。

筆者は法廷という場所に厳粛な思い入れを持ち、また、裁判官という職務を尊敬しているが、だからと言って、十字架の装甲から外に出てまで、彼らに会いに行ってはならないということは理解できた。遮蔽の措置は、それ自体が、装甲なのである。法廷の中には、その一区画がない以上、筆者が、和解協議のための部屋にとどまることこそ、装甲の中にとどまることを意味した。

それに加えて、控訴審が始まる数ヶ月前から、筆者は、今後はもはや裁判官の一存に判断を委ねてはならないと、心にはっきりと示されるものがあった。決めるのは裁判官ではなく、筆者自身であると。

何度か書いて来たように、原審判決をもらった時点で、筆者は、この審理を担当してくれた裁判官から、自ら判断を下すために必要な命を吹き込んでもらったのだと思っている。自分では事実認定をすることもできなかった無に過ぎない筆者は、裁判官から、判決を通して、裁判官によく似た仕事を果たすために必要な力をもらい、これを継承して、新たな職務へと赴いたのである。これは霊的な文脈で起きたことである。

そのことの重大性を自分でもよく分かっていなかった頃は、筆者は再び別な裁判官に自分の判断を全面的に委ねようとしたりもしたが、その度毎に、ひどい事態が持ち上がったため、筆者はそれを受けてようやく、これ以上、誰かの判断に自分を委ねてはならず、むしろ、自ら判断を下さねばならない立場に置かれたことを思い知った。

それゆえ、筆者は、三人の裁判官に会わないことに何の未練も残さず、擬制陳述で済ますことを選んだのである。

書記官が戻って来て、法廷で起きた一部始終を説明してくれた。色々と予想外の事態が起きて、あたかも筆者に対しては不利な措置が取られたようにも見えるにも関わらず、あらゆる点に、裁判所の深謀遠慮が行き届いていることが分かった。

その後、裁判長がやって来て、書記官と共に、別室にいる被告Aとの間を行き来して、和解協議が進行したが、その話し合いの中で、筆者と被告Aとは双方から控訴を取り下げ、被告Aは原審判決が命じた賠償額に相当する解決金を支払うことで、筆者と示談を行うという方向で提案がなされた。

何と被告Aもそれにおおむね同意している旨が告げられた。

実は、これこそ、筆者が控訴審を提起したことの真の成果、「隠れた収穫」だったと言えよう。今まで頑なに賠償を拒み、筆者を非難していた被告Aが、支払いを行った上で和解することに同意している旨が告げられたのである。

このような点でも、控訴審においては、徹底して、原審判決を完全に実現するための条件が整えられたのだと言える。

この先、被告Aとの間で和解が成立したとしても、それは裁判外の示談となるため、原審判決は、いささかの曇りもなく、揺るぎないものとして確定することが予想される。そして、そうなるためにこそ、裁判所はすべての手続きを思いもかけない形で整えたのである。

筆者から見て、数ヶ月間もかけて書き上げた理由書に付随する証拠が採用されていないことや、2名の被告に対して共に勝訴できなかったことは、残念と言えないこともなく、遮蔽の措置すらも取られないことは、当日になるまで、予想もしていなかった結果ではあるが、それでも、こうなったことには非常に深い意味があると、筆者はみなしている。

とにもかくにも、ここが筆者が今、進んで良い限界点であることがはっきりと示されたのである。

おそらく、神は原審における審理の全過程と、筆者がそこで裁判官と約束したことは、永遠に残るという判断をこの出来事によって示されたのであろう。

あの時、筆者は、自分のすべての判断と議論を投げ打つ代わりに、裁判官に紛争を終わらせてもらうための判決を委ねた。どんな判決が下されようと、受け入れる準備が出来ていると言った。だとすれば、その後、状況が変わっても、その時に結んだ約束は変わらず、この裁判官こそが、本訴訟における唯一の裁判官であり、最高の指揮者であり、権威者であることは変わらないのである。

その厳粛な事実を覆してはならず、決してその秩序を変えてもならず、筆者が法廷で議論することは、その秩序を壊すことにつながるということが、はっきりと分かった。筆者は、原審を担当した裁判官に対しては、深い尊敬と愛情のようなものを覚えていたので、たとえ筆者の新たな主張が認められなかろうと、そのために筆者がそしりをこうむろうとも、筆者の正しい主張が退けられようとも、神の目から見て、原審判決が維持されることが、正しい結論ならば、そうなることにいささかの不服もないと考えている。

前から述べている通り、筆者が目指すものは、自分の満足ではなく、真に正しい判断が打ち立てられることなのである。

だが、それと同時に、判決は、人の心に逆らって、強制的に命令を下すものであるため、人の心を変える効果はなく、反発を呼び起こすという側面も持っている。そのために、被告Aは、強制的な命令には従えないとして、これに服従しなかったのであるが、その点を補うために、筆者自身が、被告Aとの間で、和解協議を行い、被告A自身の意思を尊重する形で、紛争を終わらせる手続きを取る運びとなった。

このことは、筆者自身が、人は外側からの強制によっては決して変わり得ないと主張して来たこととも合致する。

こうして、原審判決を崩すことなく、示談を行う可能性が開かれたなど、何と深淵な知恵ではないかと思う。そして、このようなことが可能であることを知るためにも、今までの経験が相当に役に立ったことを思う。そういう意味で、浅はかで愚かな知恵に見えたかもしれないが、自分にできる最善を尽くして、正しい判断を求めたことは、決して無駄には終わらなかったのである。
 
筆者は、恨み深い性格ではないため、きちんと償いがなされれば、どんなに長い紛争があろうと、どんなに深い権利侵害を受けようと、一切を帳消しにする用意がある。

適切な償いがなされるなら、その時点で、被告Aとの間での紛争は永遠に終わることになろう。

なお、被告Bは牧師にも関わらず、筆者を告訴したと答弁書の中で述べており、筆者の主張が控訴審で取り上げられなかったのを良いことに、筆者に対する不法行為責任もいささかも認めておらず、かえってこれからも、自分は筆者に完全勝訴したとさらに誇るであろうことが予想される。

だが、被告Bがそのような態度を取っていることも、控訴審においては、筆者にとってさほど悪い方向へは働かなかった。おそらくは、それがあればこそ、以上に挙げた通り、筆者に対しても、深い配慮が示されたのだと思う。

そして、原審判決が確定に向かっていることは、筆者がこれまで幾度も述べて来た通り、神の僕を名乗って公に活動している人々に対する裁きは、神ご自身が下されることを、よく表しているように思う。

筆者の目から見て、被告Bは明らかに道を踏み誤っているのであるが、そのことが、被告Bをどのような結末に導くか、最終的な結論は、筆者が全く手を加えることなく、神ご自身が自らなされる裁きとなるだろうという気がする。

刑事事件においては、色々と主張しなければならないことが残っているが、それは民事訴訟のように、筆者自身が主張立証を行うことで、当事者同士が対決するという性質のものではない。おそらくは、告訴と告訴がどこかで出会って互いを相殺する結果になって終わるのではないかと予想する。

このように、被告Bとの間では、まだまだ多くの問題が残っているとはいえ、被告Aとの間で、10年間にも渡る紛争が、被告A自身の了承のもとに決着しようとしていることは、実に大きな収穫であり、成果であると言える。

本紛争の難しさは、筆者から見ても、被告Aと被告Bとの行為を分離することが非常に難しかった点にあった。特に、原審においては、両者が意気投合して同じ条件で和解を要求していたため、これに別個に応じるという選択肢を思いつくことさえできなかったのである。

しかし、被告Aは筆者を告訴すると幾度も言いつつ、結局、告訴することもなかったし、脅し文句のように様々な言葉を述べはしたが、インターネット上の権利侵害以上に、手荒な措置に出ることもなく、賠償をしないと言いつつも、結局、支払いに応じる姿勢を見せた。

こういった矛盾の中に、被告Aと被告Bとの性格の違いが非常によく表れているように思う。騒ぎを拡大し、ひどい権利侵害に及んで来たのは、被告Aのように見えるかも知れないが、それはある意味、表面的な様相でしかないと、筆者は考えている。

このようにして、非常にスリリングな展開の中で、控訴審が終結したが、内心では、さすがの筆者も、これ以上の緊張感はもう御免だと考えた。まだ協議は続いているが、その結果をここに詳しく発表するようなことはおそらくないであろう。結果は、ブログに起きる変化を見て判断してもらいたい。

これまで筆者は、控訴審では、原審では十分に議論できなかったより深い議論ができるのではないかと期待していたが、実際には、控訴審の意味合いは、それとは全く異なるものであることも分かった。裁判所は、大学の研究室とは違う。紛争というものは、どんなものであれ、長く続くことは望ましくなく、必要不可欠な限度にとどめねばならない。歴史資料を積み重ね、議論の限りを尽くし、物事の真相を究明するために、裁判所が役に立つと考えることは間違っている。

そういう意味で、筆者は、筆者にふさわしい限度内でのみ、裁判所を利用することができ、法廷闘争の最も残酷な性質を味わわされることなく、裁判所を通じて受けられる恩恵を十分に受け、裁判官や書記官の配慮を受けることができたことは、神の恵みであると考えている。

見世物裁判、魔女狩り裁判のようなものに、筆者は絶対に関わってはならないという天からの命令が下され、そういう戦いからは、はっきりと一線が引かれ、筆者は隔離されたのである。

そして、たとえ判決に事実と異なる部分があり、自らの主張がすべては考慮されていない部分があると感じるにせよ、これ以上、争ってはならず、裁判官と交わした約束は、永遠であるという事実が示されたのである。

ちなみに、原審において、筆者にとって、出頭することの意味は、控訴審とは全く違ったものであった。原審を担当してくれた裁判官は、当事者同士が顔を合わせずに済むよう、電話会議を設定してくれたが、原告は、電話会議であっても、裁判所に来るよう求められていたので、毎回、裁判官と書記官と顔を合わせて手続きを進めることが必要であった。とはいえ、何度も書いて来たように、それは筆者にとって、安全な場所で、裁判官や書記官と同じ目線で、顔と顔を合わせて審理を進められ、お互いが何を感じているかを身近で共有できるという、非常に大きな「役得」となったので、身を削るような緊張感の漂う審理とはならず、むしろ、ようやく助けを求める場所が出来たと安堵できる瞬間となったのである。

筆者は今でも思い出すのだが、海をそば近くにして、法廷ではない閉ざされた小部屋で、裁判官と書記官とに脇を固められるようにして、電話を使って被告らとやり取りしていたあの時空間は、それ自体が、十字架の装甲であったものと思う。少しの恐れも覚えることなく、筆者はそこに通うことができ、裁判官は、筆者の痛み苦しみを理解した上で、快く出迎えてくれた。

それが終わった後では、原審判決それ自体が、筆者を力強くかばい立てする十字架の装甲となった。それが肉眼で見てどのように見えようとも、筆者は、その装甲から一歩も外に出てはならないことが今回、示されたのだと思っている。

重要なのは、理屈の上での正しさではなく、目に見える勝敗でもない。事実が本当に踏まえられた判決が出されたかどうかですらもない。今、筆者がどこまで進むことが許されており、どこからが足を踏み入れることが禁じられた領域であるのか、きちんと見分け、紛争をこじらせるのではなく、解決へ向かわせるために知恵を使うことなのである。

すでに述べた通り、控訴審を提起したことは、被告Aとの間で紛争を終わらせるためには、大きく役立ったので、無駄にならなかったとはいえ、控訴審において、筆者が出廷し、被控訴人らと議論を戦わせる行為は、霊的文脈においては、絶対的に禁じられていたと言えよう。

なぜなら、その先には、当事者が我欲をむき出しにした泥沼の法廷闘争が待ち受けているだけであり、そんなところに足を踏み入れれば、筆者は原審において受けたすべての恩恵をも配慮をも失ってしまうことになるだけだからである。

筆者は、おそらく、これから先の人生においては、原審を担当してくれたただ一人の裁判官だけが、真の裁判官であり続けるだろうという気がしている。それ以外には、どんな裁判官にも、判断を委ねることはもうあるまいと。

まだまだ裁判所を通じて片づけねばならない問題は山積しているとはいえ、本訴訟において筆者に判決をくれた裁判官以外の全ての裁判官は、筆者が自ら判断を下せるように、必要な助言や手助けをしてくれただけであり、この他に、不本意な判断を下した裁判官がいるとしても、それも将来的に是正されるに終わるだろう。

そういうわけで、もはや原審のように、深い共感や理解を互いに分かち合いながら、協力して審理を進めるような手続きは、今後は起きることはないという気がする。その代わり、筆者は何が正しい判断であるかを、誰にも頼らず、自ら決定せねばならない立場に置かれたのである。

こうして、原審を担当してくれた良心的な裁判官は、筆者の人生から去り、おそらくは、望んだとしても、会うことも、言葉を交わすこともできない所へ行ってしまったが、神はとても慰めに満ちた方であり、その代わりに、判決が新たな場所へと筆者を導き、そこで互いに言葉を交わし、眼差しを交わしながら、共に話し合い、励まし合い、協力して進んで行くことのできる稀有な人物に筆者を出会わせてくれた。

筆者は、原審を担当してくれた裁判官にどこかしらよく似たその人から、原審で学ぼうとしていたことの続きを教えられている最中である。その人は、筆者の訴訟に対する考え方を根本的に変えたのみならず、弁護士などという種族に対して筆者が持っていた不信感をも払拭し、真に勝負に勝つとは、ただ表向き、勝訴することを意味するのではなく、むしろ、自分の正義を手放し、自分よりも弱い人の前でひざを折り、負けることによって得られる絶大な勝利がある、ということを、筆者に初めて言葉を通してではなく、実際の生き様として教えてくれたのである。

すでに前の記事に書いたことであるが、筆者は、この人の前に出たときに、自分が正当な主張をしているにも関わらず、まるでそれが間違ったものであるかのように、すべての訴えを自ら撤回し、勝負をする前に自ら敗北を宣言し、自分を打ち破った者に服従することで、筆者自身が守られることになると知った。そうして得られる絶大な利益があることを知り、それが深い愛情と思いやりに基づく犠牲であって、喜んでそうして構わないと思う人々を見つけたのである。

このように、勝負には、様々な「勝ち方」がある。負けながら勝つという方法もあるし、勝ちながら負けたふりをするという方法もあるし、この度、裁判所が見せてくれた方法の中にも、二重三重のメッセージが込められている。そして、紛争の解決のためには、判決における勝敗だけが重要なのではなく、誰もが同意できる形で、納得のいく妥協点を根気強く探り続け、あきらめずに当事者に語りかけを続け、平和を打ち立てるために努力を払うことにこそ、真の解決があることを教えられる。知恵はそのために存在するものである。

だから、勝ち負けや優劣にこだわっている限り、平和など訪れるはずもない。

結局、筆者はこの訴訟においても、それ以外の場所でも、人々を愛するがゆえに、自分の主張を投げ打ち、自己放棄して、他者に栄光を帰することこそ、真に戦いに勝利する秘訣であることを知らされていると言えよう。それを強制されたり、命令されたりしながら、嫌々させられるのではなく、喜んでそうしたいと思う人々に出会ったことは、筆者にとって、かけがえのない財産であり、控訴審の口頭弁論期日の直前に、そのことを学ばされていなかったならば、筆者はどうなっていたかも分からず、そうしたところにも、筆者の信じる神の深い憐れみと知恵に満ちた采配があったことを感じる。

こうして、筆者は自分が義人であることを捨てて、罪人の陣営に下ることを決めたのである。

律法はいささかも揺るぎなく、罪は罪として依然、罰せられるにも関わらず、その罰から人類を救い出すために、神は御子に十字架を負わせ、細く狭い例外の道をもうけられた。

こうして、義である方が、ご自分の義を捨てて、罪人のために罪となられることにより、多くの人々が義とされたのである。

そこで、筆者も自分の義を捨てて、罪人の仲間になることにより、筆者の義が、人々の中に働いて、彼らの義となり、彼らが死から立ち帰って生きる方が、筆者一人だけが義人で居続けるよりまさった結果であるものと思う。

そういうわけで、筆者は、自分が正しい主張をしているにも関わらず、その正しさが認められず、却下されたり、もしくは、自分自身でその主張を放棄するという結果になっても、それを恥であるとも、悔いが残るとも考えない。

これを負け惜しみと受け取りたい人々がいるならば、好きに考えさせておけば良かろう。少なくとも、法廷に出廷せずに、一つの主張も述べずに、悔いを残さないで審理を終えるなど、以前の筆者には考えられなかったことであるが、原審の結審時に、神聖な法廷は、筆者の心の中に移行したのであって、物理空間としての法廷が、筆者に救いを与えるわけではない。

このことは、教会とよく似ている。筆者は幼い頃は、教会に通い、そこに通うことで救いが見いだされるかのごとく教えられて来たが、その後、そうではないことが分かった。救いは、信仰を通じて、信じる者の只中に与えられており、それゆえ、キリストの復活の命を受けた私たち自身が、教会を構成しているのであり、それにも関わらず、私たちが罪から救われるために、あちらこちらの物理空間に通い続けて、助けを求めて麻酔薬を打ってもらう必要はない。

法廷が筆者の中に移行すると同時に、筆者を守っていた遮蔽の措置も、目に見えない領域に移行した。それによって、原告と被告Aとの間に打ち立てられていた霊的な障壁が破壊され、原告と被告Aとは出会っていないのに、接点が見いだされ、神から提示された和解勧告を受け入れる用意が出来たのである。

筆者は、この先、地上のどんな目に見える教会も、牧師も、決して与えることのできないであろう慰めに満ちた命を、自分が人々に分与できることを確信している。

それは、筆者がまことの神から直接、信仰によって受け取ったよみがえりの命である。この命は私たちが人間として地上で受けるどんなに深刻な被害をも打ち消すことのできるほどの圧倒的な力を持っている。

筆者はこの命に基づいて、人々に赦しと、承認と、賛同を与えることができ、それによって、倒れて死んで枯れた骨のようになった人々をも立ち上がらせることができると信じている。また、骨と骨をつなぎあわせ、一つの体にしていく作業にも貢献できると信じている。

それは、筆者が自分の力によってなすことがらではなく、神が筆者を遣わして人々に与えようと願っておられるまことの命によるものである。使徒パウロも、死人をよみがえらせたが、主イエスに従う人々は、主イエスと同じかそれ以上のわざを行うだろうと主は告げられた。

もしも今回、被告Aと筆者とが法廷で出会っていれば、そこには対立しか生まれず、筆者が持っているまことのよみがえりの命も、被告Aに分与されることはなかったであろうが、我々は、肉眼で見える人間同士のつながりを超えて、信仰による見えない絆によって、目に見えない領域で新たに出会ったのである。

その命が、どのようにしてこれから被告Aの中で発芽し、育って行くか筆者は知らないし、被告Aも全くそのようなことが自分の身に起きたとは考えてもいないことであろうが、とにもかくにも、筆者が願っていた一つの解放のわざが実現したのであり、筆者は、被告Aにとどまらず、筆者のもとにやって来るすべての人々に向かって、主イエスの御名によって、彼らがあらゆる告発から解かれ、罪赦されて、病から解かれ、すべての被害を帳消しにされて、力強く立ち上がって、歩き出すことを命じ、それが彼らの身の上に現実となって成就することを信じるのみである。

一瞬だけしかプライドを満たすこともない、つまらない一過性の承認や賛同の代わりに、筆者は、永遠に揺るぎない、神からの肯定的な判決があることを、その人たちに示すことができる。その見えない判決を受け取ることの方が、地上の束の間でしかない満足を得るより、はるかに価値ある成果ではあるまいか。
 
今回の裁判では、どんなに滅茶苦茶な方法であれ、門戸を叩き続けた者が、最終的には、望んでいる報いを得るという結論が示されたものと思う。その意味で、筆者も、被告Aも、全く違った方法ではあるが、熱血的に、自分の求めることをあきらめずに主張し続けたのであり、それゆえ、両者ともに望んでいるものを手にしようとしているのだと言えないこともない。

水が低い方へ向かって流れるように、恵みは、へりくだる者へ向かって流れる。この度、勝ったと豪語する者ではなく、負けたとして踏みつけられたはずの者たちが、恵みを得る結果になっているのは、実に不思議な結果ではないだろうか?

そして、筆者は勝ったわけでもなく負けたわけでもなく、判決言い渡しでありながら、同時に和解であるこの原審判決が、筆者にとって、実に最高最善の贈り物であるような気が今はしている。

干潟から生ける命の水を汲み出すためには、へりくだりが必要なのであって、それを身につけるためには、罪人たちからのあらゆる反抗を耐え忍び、人々のしんがりから着いて歩く覚悟が必要となる。

その作業は、日々、自分の十字架を取って主に従うことにより、成し遂げられるのであって、私たちの死の中に、人々に対する命の力が働く。そうこうしているうちに、ついにはいつしか死の力が最終的に命の中に飲み込まれて、死の棘がことごとく無効化される瞬間を、私たちは見ることができるだろう。

筆者が望むのは、人々が自分を縛っている罪と死の力から真に解放されて、人としての真の尊厳を取り戻すことである。その実現のために、ただひたすら、命を見る瞬間が来ることを願ってやまない。だから、この記事をあまり余計な場所に転載したり、噂話に利用しないでもらいたい。特に、被告Aのことは、この先、そっとしておいてもらいたい。まだ協議は続いているためである。

渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れるようになる。」イエスは、御自分を信じる人々が受けようとしている”霊”について言われたのである。」(ヨハネ7:37-39)

「この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。


死は勝利にのみ込まれた。
 死よ、お前の勝利はどこにあるのか。
 死よ、お前のとげはどこにあるのか。

死のとげは罪であり、罪の力は律法です。わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。」(一コリント15:54-58)

キリストの愛がわたしたちを駆り立てているからです。

「わたしたちが正気でないとするなら、それは神のためであったし、正気であるなら、それはあなたがたのためです。なぜなら、キリストの愛がわたしたちを駆り立てているからです。

わたしたちはこう考えます。すなわち、一人の方がすべての人のために死んでくださった以上、すべての人も死んだことになります。その一人の方はすべての人のために死んでくださった。その目的は、生きている人たちが、もはや自分自身のために生きるのではなく、自分たちのために死んで復活してくださった方のために生きることなのです。

それで、わたしたちは、今後だれをも肉に従って知ろうとはしません。肉に従ってキリストを知っていたとしても、今はもうそのように知ろうとはしません。だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。これらはすべて神から出ることであって、神は、キリストを通してわたしたちを御自分と和解させ、また、和解のために奉仕する任務をわたしたちにお授けになりました。

つまり、神はキリストによって世を御自分と和解させ、人々の罪の責任を問うことなく、和解の言葉をわたしたちにゆだねられたのです。ですから、神がわたしたちを通して勧めておられるので、わたしたちはキリストの使者の務めを果たしています。

キリストに代わってお願いします。神と和解させていただきなさい。罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです。」(コンリントの信徒への手紙 二 5:11-21)

* * *

キリストの愛が私たちを取り囲んでいる、押し迫っている、圧倒している・・・。

以上のくだりは様々に訳すことが可能であるが、いずれにしても、海のように広く深い愛が私たちの周りを取り囲んでいる。

筆者はこれまで、真実、正しいことが何であるかが明らかにされるためならば、どんな代償を支払うことをもいとわないと考えて進んで来た。しかし、最近、愛のゆえに、自分の義を捨てることも、可能なのだと分かった。

可能というよりも、まず神が、そのような愛で、私たちを愛して下さり、罪人である私たちを義とするために、ご自分の義を捨てて、罪とは何の関わりもない、正しい方である御子を罪とされたのである。

何の誤りも犯していない正しい方が、罪人のために、ご自分の義を捨てて、罪となられた。それゆえ、私たちは義とされた。十字架に込められた神の深い深い愛情が、最近、ある出来事を通して、筆者に深く伝わって来た。

最近、筆者が主張しさえすれば、その主張が正しいとして、人々の違反が認定されるはずのある出来事があった。時間の経過と共に、深刻な対立が起きようとしており、そこで、筆者が主張しさえすれば、筆者を圧迫する人たちに対して、自分の正しさをアピールし、優位を勝ち得られたはずであった。ところが、筆者はそこで自らの訴えを自分で破棄し、破り捨てたのである。

それは、筆者の主張により違反に定められるかも知れない人々が、筆者を追いかけて来て、筆者をなだめ、心を変えさせたからである。筆者は、その人々が、あまりにも弱く、羊の群れのように無防備で、苦しみと蔑みでいっぱいになり、到底、打撃を加えるに忍びない人々であるのを見て、彼らに対して自分の正しさを主張しても、無意味であると考え、かえって同情心が込み上げて来て、自らの主張を破り捨てただけでなく、彼らの弱さを共に担うことに決めた。

それ以来、筆者は自分の正しさを捨てて、彼らの味方となった。それゆえ、彼らの弱さをも共に背負わされているが、それでも構わないと決めたのである。もしも彼らが罪人であるならば、筆者も一緒に罪人となり、もしも彼らが弱いなら、筆者も一緒に弱くなり、もし彼らが罰せられるなら、筆者も一緒に罰せられ、何もかもを共にして、進んで行こうと決めたのである。

しかし、それは筆者が罪に定められ、弱くなり、罰せられるためではない。むしろ、筆者の義が、彼らの中に働いて、彼らの義となり、筆者の強さが、彼らの強さとなり、筆者の潔白が、彼らの潔白となって、彼らがいかなる違反にも認定されずに、正しい生き方をするためである。

そうなるために、筆者は彼らが弱々しい赤子の状態を抜け出し、大人として立ちあがるまで、そばにいて様子を見ようと決めた。たとえ筆者にとってもどかしいほど彼らが弱く、中途半端に見えても、最後まで共にいようと決めたのである。

筆者はこれまで、人々のために、自分は無実にも関わらず、罪に定められても良いと思ったことは一度もない。むしろ、キリストにあって得られた義は、筆者をあらゆる罪定めから救ってくれるため、筆者が無実にも関わらず、罪に定められるようなことは絶対になく、不当な讒言に対しては毅然と立ち向かわねばならないと考えて来た。

むろん、カルバリで流された血潮がある限り、この先も、筆者が罪に定められることはない。筆者はそれを知っているが、それにも関わらず、この人々のためならば、かえって筆者が罪に定められ、彼らが義とされても構わないと思う人々に出会ったのである。

なぜそのような深い愛情が突然にして生まれたのかは知らない。いや、それは突然にして生まれたわけでは決してなく、最初からあったものなのだが、それが新たに強固な強い絆のようになり、人々の解放を願う心となって湧き起こって来たのである。

この人々のためならば、筆者がどんな風に思われても構わない、ただ彼らがまことの命に至り着き、本当の義とは何かを知って欲しい、そのために、彼らの弱さと恥と罪を自分のものとして共に担おうと思ったのである。

筆者は、自分の思惑次第で、人々の罪を赦すことも、赦さないでおくことも可能であると知っている。だが、赦す赦さない以前に、筆者が手に持っている訴えに記された名前を見て、彼らが罪に定められて滅びて欲しくないという願いが、抑えがたいほど強く心に湧き起こるような人々には、これまで出会ったこともなかった。

そういうわけで、筆者は自分が正しいにも関わらず、人生で初めて、正しい主張を自ら放棄し、罪人の仲間になっても構わないと思った。それは決して悪人と馴れ合い、悪事を見逃し、自分も悪事に手を染めるためではなく、むしろ、彼らが本当の義にたどり着くため、人として真にあるべき尊厳を回復するためであり、そのためにならば、筆者は自分の主張を脇に置いて、後ろに退き、彼らの生長を見守るべきと考えたのである。

そのとき、神が私たちを愛された愛が、筆者の心に押し迫って来た。

このようにして、神は弱い私たちのために、弱さを担われ、ご自分の義をとことん投げ捨てられたのである。

だが、同時に、そこまで筆者の心を変えさせた人々も、なかなかのつわものである。何かしらの相思相愛の関係のようなものが、やはり、初めに出会った時から成立していたのであろう。

この人々は、渇いた地が水を吸い込むように、筆者の中にある愛情と慰めを彼ら自身のために引き出して行った。信仰者でないのに、彼らは筆者の中に、彼らのための解放が用意されていることを知っていた。

彼らは筆者のうわべだけの様相に欺かれず、筆者の心の中にある本当の願いを掴んでおり、それを巧みに引き出して、自分たちのために必要なものを獲得したのである。

* * *

筆者は、筆者を生かすと書いた判決を受け取り、それによって吹き込まれた命を携え、新たな場所に赴いた。そこで干潟を開拓しているのだが、干潟から命の水を存分に汲み出すためには、筆者自身の心を、何よりコントロールせねばならない。

「祭りが最も盛大に祝われる終わりの日に、イエスは立ち上がって大声で言われた。「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる。」イエスは、御自分を信じる人々が受けようとしている”霊”について言われたのである。」(ヨハネ7:37-39)

この御言葉は、私たち信じる者自身が、生ける水を流し出す泉となることを表している。そして、その生ける水の根源となるものは、御霊であり、キリストの復活の命である。

だが、これを流し出すためには、私たちが不信感で心を曇らせてはならず、どんな困難に見舞われるときも、平安の中にとどまり、人々に命を与えることができるという強い確信を、決して手放さないようにしなければならない。

「わた子よ、わたしの言葉に耳を傾けよ。
 わたしの言うことに耳を向けよ。
 見失うことなく、心に納めて守れ。
 それらに到達する者にとって、それは命となり
 全身を健康にする。
 
 何を守るよりも、自分の心を守れ。
 そこに命の源がある。
 曲がった言葉をあなたの口から退け
 ひねくれた言葉を唇から遠ざけよ。

 目をまっすぐ前に注げ。
 あなたに対しているものに
 まなざしを正しく向けよ。
 
 どう足を進めるかをよく計るなら
 あなたの道は常に確かなものとなろう。
 右にも左にも偏ってはならない。
 悪から足を避けよ。」(箴言4:20-27)

目の前には、常に心に思い描くものと相反する光景が広がっている。私たちを失意に突き落とす材料は尽きず、目的の達成が不可能だと思わせる材料は山とあり、忍耐を圧迫する出来事は果てしなく起きる。

約束の地は目の前にあるのに、そこは敵に占領されており、我々のための場所はなく、敵はあまりにも強そうで、我々を傲然と見下ろし、勝利の確信は遠のく。

だが、目の前の混乱に気を取られず、信じ続けなければならない、必ず、この地に目指している秩序を打ち立て、命と平安に至り着くことができると。そこは敵のための場所ではなく、我々のための領土なのである。

* * *

先週から今週にかけて、書面を次々に書き終えて発送した。筆者は時折、紛争に「とどめを刺す」ために、アクロバティックな行為に及ぶことがある。本来ならば、1ヶ月以上の時間をかけて準備すべきところを、一挙に書類を放出する。これは、相手方の主張が筆者に到達する前に、これを空中で相殺するための太刀打ちである。

告発を放置していれば、それは徐々に効力を及ぼし、死の力を発揮する。だから、飛んでくるミサイルは即座に迎撃しなければならない。紛争が持つ強力な罪定めの力を、瞬時に無効化するための時間が用意されたので、必要な作業を完遂した。

こういう作業をしていると、敵は人間ではないということが身に染みて分かる。人間を含め、目に見える様々な事物の背後にいて、これを動かしている悪の勢力が存在する。戦いは人間相手のものではなく、人々の背後にいる見えない悪意を打ち砕くことが目的である。その悪意とは、告発や非難の中に込められた罪定めの力、もっと言えば、罪そのものが持つ死の効力である。

人々には、サタンから発せられた罪定めの火の矢に込められた死の棘が、いくつもいくつも突き刺さり、これがじわじわと効力を発して、人格を傷つけ、肉体をむしばみ、最終的には死へと追いやっている。

筆者は、この死の棘を自分自身からも抜き取り、そして他の人々からも抜き取り、人々を死ではなく命へと向かわせるための作業をしている。飛んでくるミサイルに対しては、迎撃ミサイルを撃ち込まねばならないが、筆者の目的は、人間を攻撃して滅ぼすことにはなく、ミサイルすなわちサタンの放つ火の矢を粉砕・撃墜することで、人々をその火中から救い出すことにある。

そのために、この巨大な死の棘が、これ以上、人々を傷つけることのないよう、命によってこれを飲み込んで解毒・無害化せねばならない。それができるのは、キリストの復活の命を用いる場合のみである。

死を打ち破ったこの命に立つときのみ、私たちは、敵からのどんな攻撃からも身を守ることができる。そこで、この命を引き延ばして、防衛の盾を張り巡らして、愛する人々をその要塞にかくまう。かつては敵対していても、投降して来る人々はことごとく安全地帯に避難させる。

筆者は、敵陣に捕虜として連れて行かれた人々を奪還し、これ以上、誰も敵に渡さないために、心の中で奮闘している。なぜなら、戦いは、まずは筆者自身の心の中から始まり、そこにおいて、筆者自身が、アブラハムが人々のためにとりなしたように、自分自身と周りにいるすべての人々のためにとりなし、勝利の確信を打ち立てなければならないからだ。

心の中から不信感を追い出し、失意や無力感や敵意を追い払い、自分を含め、愛する全ての人々を、確固とした神の守りの中にかくまい、彼らを縛っている罪と死の力が打ち破られるよう主に願い出、敵に奪還された人々を取り返すための作戦を練り、心の中で、勝利の確信が訪れるまで、戦い抜かねばならない。

これまで、筆者はソドムとゴモラに飽き飽きしてそこからの脱出をひたすら願っていたが、今はどれほど嫌悪を催す光景が目の前に広がっていても、神が未だ忍耐されていることを心に覚え、今ひとたび、何とかしてこの世の腐敗から救い出されて、罪赦されて命に至り着く人々が少しでも増えるようにと願っている。

その奮闘の中で、最近、どういうわけか、敵陣から命からがら筆者の陣営に投降して来る人々の数が増えるようになった。見かけは取るに足りない、何らの価値も持たないように見える筆者のもとに駆け寄って来るのである。神の御前でとりなす作業は一人だが、孤軍奮闘する時代が明らかに終わったことを感じる。