忍者ブログ

私ではなくキリストⅡ(東洋からの風の便りI)

「あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている。」(ピリピ2:15)

すべて肉なる者は知るようになる わたしは主、あなたを救いあなたを贖うヤコブの力ある者であることを。 

「シオンは言う。
 主はわたしを見捨てられた
 わたしの主はわたしを忘れられた、と。

 女が自分の乳飲み子を忘れるであろうか。
 母親が自分の産んだ子を憐れまないであろうか。
 たとえ、女たちが忘れようとも
 わたしがあなたを忘れることは決してない。
 
 見よ、わたしはあなたを
 わたしの手のひらに刻みつける。
 あなたの城壁は常に私の前にある。

 あなたを破壊した者は速やかに来たが
 あなたを建てる者は更に速やかに来る。
 あなたを廃墟とした者はあなたを去る。
 
 目を上げて、見渡すがよい。
 彼らはすべて集められ、あなたのもとに来る。

 わたしは生きている、と主は言われる。
 あなたは彼らのすべてを飾りのように身にまとい
 花嫁の帯のように結ぶであろう。
 
 破壊され、廃墟となり、荒れ果てたあなたの地は
 彼らを住まわせるには狭くなる。
 あなたを征服した者は、遠くへ去った。

 あなたが失ったと思った子はら
 再びあなたの耳に言うであろう
 場所が狭すぎます、住む所を与えてください、と。

 あなたは心に言うであろう
 誰がこの子らを産んでわたしに与えてくれたのか
 わたしは子を失い、もはや子を産めない身で
 捕えられ、追放された者なのに
 誰がこれらの子を育ててくれたのか
 見よ、わたしはただひとり残されていたのに
 この子らはどこにいたのか、と。

 主なる神はこう言われる。
 見よ、わたしが国々に向かって手を上げ
 諸国の民に向かって旗を揚げると
 彼らはあなたの息子たちをふところに抱き
 あなたの娘たちを肩に背負って、連れて来る。
 
 王たちがあなたのために彼らの養父となり
 王妃たちは彼らの乳母となる。
 彼らは顔を知につけてあなたにひれ伏し
 あなたの足の塵をなめるであろう

 そのとき、あなたは知るようになる
 わたしは主であり
 わたしに望みをおく者は恥を受けることがない、と。

 勇士からとりこを取り返せるであろうか。
 暴君から捕われ人を救い出せるであろうか。
 主はこう言われる。
 捕われ人が勇士から取り返され
 とりこが暴君から救い出される。

 わたしが、あなたと争う者と争い
 わたしが、あなたの子らを救う。

 あなたを虐げる者に自らの肉を食わせ
 新しい酒に酔うように自らの血に酔わせる。
 すべて肉なる者は知るようになる
 わたしは主、あなたを救いあなたを贖う
 ヤコブの力ある者であることを。」(イザヤ49:14-26)

* * *
 
オリンピックは、当ブログで再三、予想して来た通り、開催できずに終わる道筋がかなり現実的なものとなって来た。

また、この機に乗じて緊急事態宣言を狙っている人々がいるようだが、それは多分、叶わないのではないかと筆者は考えている。この点について、筆者自身は、よくは分からないし、在宅勤務で給与をもらえるならば、それが最善だと思っているのだが、筆者のいる職場は、テレワークにも、在宅勤務にも対応しておらず、そんな近代的な対応を期待できるところでもない。

だから、緊急事態宣言に伴い、外出禁止令が出され、出勤が停止されて在宅勤務になる…という「夢のような」話はあまり思い描けない。そして、筆者は日常生活が制限されたり、外出が禁止されることなど全く望んでいない。

「ウィルスのせいで内定取り消しになった人もいるのに、在宅勤務を望むなんて、ヴィオロンさんの話は不謹慎だ!」とおしかりを受けそうだ。

確かに、そういう批判が出てもおかしくないほど、街は殺気立っている。日曜日に外へ出ると、平和に見える家族連れさえ、殺伐とした雰囲気を漂わせており、ディスカウントストアに行くと、カップルのうち、まだ若い女性が、レジの店員をヤクザのようなまなざしでにらみつけている。「ウィルスをうつすなよ」と目で合図しているのかも知れないが、何と殺伐とした光景だろう、日曜日の家族の平和な買い物だというのに・・・。

筆者はというと、持ち物の修理のために、初めて行く店をネット上で探して家を出たが、日曜に予約もなく、もう夕方に近い時間帯になってから動いたというのに、思いがけなく、とんとん拍子に話が進んで、すべての必要がかなえられた。事前の説明では、できないと言われていたことさえ、可能となり、自前での修理であったとはいえ、とても嬉しくなってしまった。

ここのところ、筆者の日常生活においては、極限的なストレスが津波のように押しよせ、筆者は心の平安を保つことが困難となり、とても一人ではこの問題には立ち向かえないと考えて、「主にある2、3人」がどうしても必要だと感じた。言い知れない深さの悪に立ち向かうために、仲間が必要であると思ったので、探したのである。

その時、神は祈りの有志を与えて下さった。知り合いのつてさえないところを、ゼロから探したが、腐っても鯛、というたとえは不適切かも知れない。ほとんど絶望的と思われていた思いがけない場所に、仲間が見つかり、さすが、キリストへの信仰のあるところには、奇跡が伴うと、間違っても、他宗教の信者になど声をかけなくて良かったと思った。というより、出会わせてくれたのは主である。
 
「求めよ、そうすれば与えられる」、「捜しなさい、そうすれば見つかります」と、聖書に書いてある通りだ。

こうして、祈りの有志が与えられたことで、筆者の生活に対する天の防衛が強化されたのではないかと思う。不思議なほど、心に平安が戻り、日常生活で大切なことが何であるのかが、よく分かるようになって来たのである。

これまで筆者の人生には、助け手を名乗る様々な不誠実な人間が現れては消えて行った。彼らは、口先だけで調子の良いことをさんざん言って、筆者を持ちあげ、筆者を助けるふりをしながら、その実、自分が筆者から助けを受けるために、あるいは、栄光を盗み取るために接近し、しかも、筆者から取れるものをすべて取り尽くすと、空っぽになった筆者を踏みつけにし、嘲笑しながら、置き去りにして去って行った。

そういう種類の人々には、おびただしい数、遭遇して来た。そこで、彼らのパターンも大体分かるようになった。だから、基本的に、筆者はそういう人たちに利用されたくはないため、誰からの助けをも求めないし、誰かに自分を理解してもらおうとも願わない。

だが、そうは言っても、信仰の戦いにおいては、「祈りの有志(勇士)」が必要になることがある。それくらい、最近、筆者をとりまく環境はますます厳しさを増し、霊的戦いも、激しさを増している。

ある時、派遣社員は「愛人」だと、筆者に言った人がいた。それは永遠に「正妻」になれない「愛人」、蔑まれた地位だという意味である。しかし、筆者は、今、契約社員であろうと、正社員であろうと、一人の偶像(代表)のもとに雇われているすべての被雇用者は、いわば、男女に関わらず、みな社長の愛人みたいなものなのではなかろうかという気がしている。

職場の中で、ヒエラルキーを上にのぼりつめようと、ものすごい競争が行われる。男であれ、女であれ、嫉妬と憎しみに燃え、競争者を押しのけ、陥れてでもいいから、上に行こうとする。負担は他人に押しつけ、自分は楽をし、有利な立場に立つために、水面下で苛烈な競争が行われる。

だが、他者を押しのけて、ヒエラルキーの階段をのぼりつめさえすれば、「正妻」の座を勝ち得られ、誠実で信頼のおける関係に入れるというのは、幻想でしかないと筆者は思う。

一人の目に見える人間を象徴として頂点にいただく組織は、すべて「ハーレム」みたいなものである。ハーレムというのは、一夫一婦制の原則に基づいていないから、その中のどこを探しても、真実や誠実さなどないのだ。

そこで「夫」とか「主人」の役目を果たすトップとは、命の通わない、死んだ彫像みたいなもので、みんなの欲望を投影して作られた「もの言わぬ偶像」である。「虚無の深淵」と呼んでも良いかも知れない。生きた一人の人間とさえ呼べない、作られたむなしいイメージである。

だから、そのようなものとの「結合」を私たちは求めるべきではなく、そのようなものに「供え物」を捧げても、報いがあるわけではない。つまり、世の中で、人間関係の争いに勝とうと、必死に競い合って高い地位を求め、何とかして上部の覚えめでたい人間になろうと努力しても、そんなことは、無意味であるし、不実な偶像に近づく人は、傷つけられる。

とはいえ、私たちは自分に与えられた僕としての役目をきちんと果たすことは必要である。ただそれ以上に、与えられた契約以上に、心をすり減らし、疲れ果てる競争に巻き込まれたり、人からの賞賛や栄誉を受けようと願って、自分をすり減らさないことである。
 
この絶え間なく神経を消耗する競争社会にあって、筆者は、信頼できる、誠実かつ真実な人間を探している。我こそは信頼に値すると名乗り出た人間は、ことごとく偽りであった。

信頼できるかどうかは、一人一人の人間性にかかっており、職業上の立場や、知名度とは全く関係がない。

そして、確かな人間性とは、キリストにあってしか確保できないものである。
  
筆者は、筆者一人だけに忠実であって、誰とも筆者を競争させない関係を求めている。真に心を打ち明け合い、助け合うことのできる人間関係を。

筆者の人間関係の結び方は、非常に深く、求めるものが大きい。そして、その求めの中には、人間に対する期待のみならず、神に対する筆者の求めと期待の大きさが、反映しているような気がしてならない。

だからこそ、筆者の渇望を神に持って行くと、そこに平安が訪れるのである。そして、主は筆者の心の求めを、とても光栄なものとして受け止めて下さっている気がするし、その渇望の深さを知っていればこそ、ご自身の豊かさによってそれを満たすために、筆者を信仰に導いて下さったのではないかという気がしている。

神と人との関わりは、キリストだけを仲保者として、そこに誰をも挟まないものである。

同じように、人と人との間で信頼関係を築くためにも、そこに競争者がいてはならず、唯一無二の関係、「一夫一婦制」の原則が適用されていなければならない、と筆者は考えている。それは、夫婦だけでなく、その他のすべての人間関係に当てはまる原則のように思う。

つまり、筆者は、信頼関係が成り立つためには、まずは一対一の関係がなくてはならず、そこに誰かが競争者として挟まって来るようでは、初めから信頼は成り立たないと考えている。

筆者が求めているのは、筆者の他にスペアを作らず、筆者以外の誰をも賞賛せず、筆者を己の欲を満たす道具として扱わず、真に筆者の利益のために奔走してくれ、筆者が困ったときに筆者を拒まず、筆者の窮状を嘲らず、筆者の他に競争者を絶対に作らない関係だ。
 
喧嘩しても、仲直りでき、弱みを知られたからと言って、悪用される恐れがなく、一度、傷つけられたくらいのことでは、ただちに関係性が壊れることもなく、さよならを告げられると逆上し、恨みに燃えて、復讐に及ばれるような恐れのない関係。
 
非難されても、プライドを傷つけられたと怒り出さず、裏切られても、耐えることができ、誤解されても、誤解が解けるまで待つことができ、たとえ筆者が間違っていても、筆者がその間違いに気づいて立ち戻るまで、じっと待つことのできる関係・・・。

そんな関係が成立するためには、神のような忍耐が必要になると言えるが、それだからこそ、神は筆者の心の求めに対し、「分かった」と言って下さるような気がする。

「あなたの求めは、私でなくては満たせません。
 だから、あなたは私を待ちなさい。
 あなたが本当の本当の満足を得たいなら、
 私が現れてあなたを満たすまで、あなたは待ちなさい。
 また、私以外のものを決して求めてはなりません。」
 
神は、筆者が人間に求めている期待の高さを知っておられ、それゆえ、筆者の失望と嘆きの深さも知っておられ、今なお、筆者の求めを真に満たせるのは、神御自身しかいないことを知っておられ、そのことを幾度も筆者に告げて、主の内にとどまるよう説得なさり、その上で、筆者をそばにおいて、兄弟姉妹を配置し、見守っておられるという気がする。

だが、最近、人間の中にも、神の愛と忍耐に匹敵することはないにせよ、それに類する愛と忍耐を持つ人はいるのだろうと、筆者は思うようになった。それは筆者自身の内面の生長があったためかも知れないが、筆者の出会う人間の質が変わって来たのである。

以前のように、誠実さのかけらもない、裏切り者ばかりが現れるようなことはなくなり、少しずつ、少しずつ、人生を分かち合える仲間のような近しさを持つ人々が現れるようになって来た。
  
もちろん、それは信仰者であればこそだ。この世の人々であっては、やっぱりいけないのだ。

筆者は、喜びも、悲しみも、共に背負っていける唯一無二の関係、筆者の信頼に応えうる生きた人間を求めている。
 
どんなに見かけがよく、知的で、態度が洗練されて、注目や信頼を集めているようであっても、根本的に、内心が空虚で、生き方が病んでいるエフゲニー・オネーギンのような人間はもうたくさんである。

知性や、洗練された物腰が、すなわち誠実さや真実ではない。
 
オネーギンたちは、有名になりたがり、権力と地位を目指すことも多く、今の世では、余計者どころか、成功者である。大勢の取り巻きに囲まれて、常に幸せで、満ち足りていそうで、人気者で、自慢話にも事欠かない。

だが、筆者は個人的にオネーギン族はたくさんなのである。なぜなら、彼らは「ただ一人の人」に対して忠実であることがどうしてもできないからだ。よって、オネーギンの周りには、必然的に「ハーレム」ができる。オネーギンは内心が病んでいるので、どうしても保険をかけずに他人とつき合うことができない。だから、人と人を競争させる。自信がないので、誰かと向き合うときにも、常に心の逃げ場となりそうな「愛人」を別に用意しておかずにいられない。

それに、自己中心で自惚れ屋なので、本当の意味で他者のために心を注ぎだすことができず、他者を助けるのさえ、自己満足のためでしかない。

従って、オネーギンは誰かに向かって愛を語るときでも、それを語り出す前から、すでにその相手を裏切っている。究極的には、オネーギンは自分自身しか愛することのできない人間である。すべての他者を己の栄光の道具とすることしかできず、そして、その愛は病んでおり、本物ではない。

もちろん、これはすべてオネーギンという人物像を用いた人間関係の比喩に過ぎないが、そもそもこんな不誠実な種類の人間に、何も期待できることはないから、こういう種類の人々については、その生き方に巻き込まれないことこそ肝心である。

彼らの幸福は、きちんとした基盤の上に作られていないため、脆く、崩れやすいものでしかなく、彼らの価値観に巻き込まれると、ひどく傷つけられる。

だから、そのような生き様からは、離れ去るべきだと筆者は考えている。人と競争させられて、ヒエラルキーの階段をよじ登る人生から、離れ去るべきであって、その競争に勝つことが、幸福を得る手段であるかのような幻想にとらわれるべきではない。

筆者は地上に築かれたどんな関係においても、誰とも競争したくないし、競争させられるつもりもない。不実な関わりには飽き飽きしている。
 
筆者はキリストがその血の代価を支払って、贖って下さった人間であり、死を経て生かされたのだから、筆者の価値は、キリストの血の値段である。神がお一人であるように、筆者の代わりはどこにもいない。もともと代わりがないものに、どうやってスペアを作って競争させることができるのか。誰がどうやって、主に贖われた筆者が与えることのできる以上の満足を、信仰もないのに、人に与えられるのか。

そういうわけで、筆者が求めているのは、名実共に「あなたしかいない」という台詞だけであって、いつでもいくらでも予備のある、裏切りを前提とした関わりではないのである。

その唯一無二の関係は、私たちが信じる神が、ただお一人であって、スペアなどなく、私たちが、全身全霊で、ただそのお一人の神だけを愛すべきなのと同じである。

ただ一人の神だけに忠実であるからこそ、神は私たちの呼び求めに、応じることを光栄として下さる。
 
そこで、主にあって、贖われたキリスト者は、主の血の代価を持って贖われた自分の持つ絶大な価値をしっかりと認識しなければならない。
  
そして、キリスト者同士が出会うとき、その交わりには、1+1をはるかに超えた効果が生まれる。

それは、都合の良いときだけの連帯ではなく、都合が悪くなっても、切れることのない関わりである。主が結びつけて、出会わせて下さった関係であり、共に主を誉め讃えることを目的に、永遠にまで続いている。だが、その関わりは、義務ではない。あくまで自由意思に基づく関係性なのだ・・・。

そういうわけで、筆者の人生では、キリスト者との祈りの共同戦線が張られると同時に、たちまち見えない領域で、何かが打ち破られた気がしている。
 
それは、キリストご自身の豊満であるエクレシアから助けを得たからかも知れないし、あるいは、絶え間なく人々を競い合わせるオネーギンの不実な「ハレーム」社会の嘘の影響が、打ち破られたためかも知れない。
 
この世の立場がどうあれ、私たちは、断じてたくさんの競争者と競い合わされ、ヒエラルキーの階段をよじ登って行くことでしか、自分の価値を証明できない哀れな一群ではない。

私たちは、ただ一人の男子キリストによって贖われた尊い純潔の花嫁であり、この方が、私たちの価値を確かに認めて下さり、私たちを選んで下さったゆえに、私たちはこの方と同様に、愛と尊厳に満ちた存在なのである。

その事実が、雲間から太陽が姿を見せるように、はっきりと示され、取り戻された。

ああ、この深い心の平安に変えられるものが、何かあるだろうか。この世のどんな競争に勝ったところで、この平安を得られるだろうか、と感じた。

そういうわけで、筆者は、心の中からすべての不誠実な人々の影響を追い払い、この世の喧騒、また、うわべだけの立場に気を取られることをもやめて、キリストの内に住むこと、ただ彼の内だけに住むことへと戻って行った。

そのことについて、キリスト者と共に祈り合い、「アーメン(その通りです)」と同意したのである。

その時、この世を超越して、天の御座の高みからすべてを足の下にし、見下ろすことのできる心の自由が戻った。時を止めるように、何もかも、すべてに手を止めて、今一度、主に自分をすべてお捧げし、「彼の中に住む」道に入り、平安を取り戻したのである。

それと同時に、この社会で、疲れ切って、責任を押しつけ合い、非難し合う人々の哀れな状態が、はっきりと見えるようになった。つい少し前まで、筆者もその囚人のように疲れ切った人々の一人だったのだが、彼らの歩いている姿を見ただけでも、心の惨状がどんなものかがはっきり見えるようになった。

どれほど人々が主ではない別な事柄に気を取られ、そのせいで平安を失っているかが、彼らの姿を見たときに、改めてはっきりと理解できたのである。
 
だから、筆者自身、もう一度、何もかもを主に委ね、もつれた糸を解きほぐすよう、筆者の手に余るすべての問題を、主に解決してもらうために委ね、主が解決を握っておられることを固く信じて、真っすぐに前を向いて進んで行こうと思わされた。

もはや、すべての問題は、筆者の手を離れ、神の領域へと移されて行った。平安は、こうして筆者の手から重荷が取り去られるに比例して戻って来たものであった。
 
* * *

読者は読む必要を感じていないかも知れないが、筆者自身のために、オリーブ園、A.B.シンプソン、「キリスト生活」の「第6章 どのようにして主の内に住むのか」 から、部分的に抜粋しておきたい。これは何年も前に、筆者が十字架のキリストと出会ったときに、非常に新鮮な心持ちで読んだものであり、今再び、オリーブ園の新着ブログにも掲載されているようである。

この記事は、キリスト者が心の平安を保ち、キリストと二人三脚で進む上で、避けては通れない秘訣を記したものである。読むのは簡単であるが、実践している人がどれくらいいるか。この記事は、心の通い合った夫婦の生活のように、私たちが絶えず主の中で、主に立ち戻り、主と相談の上で、すべてを決めて、歩んで行かねばならないこと、それなしに、日常生活において、キリストの内にとどまることができないことを示している。

もちろん、その生活の中には、私たちの心に、主以外の何者かが挟まることはない。自分自身の衝動でさえ、その静かな平安な生活の妨げとならないように、警戒せねばならないのである。

* * *
 
ヨハネは、小さな子供たちだけが主の内に住むことができる、と言っているかのようです。すなわち、私たちが小さくなる時だけ、主ご自身を十分に知ることができ、自分の力を用いるのをやめて彼に依り頼む時だけ、私たちを保持する主の力を知ることができる、とヨハネは言っているかのようです。

ヨハネは私たちに呼びかける時、「あなたがた」と言わずに、「わたしたち」と言っています。これからわかるように、ヨハネは自分自身を小さな子供の一人と見なしています。ヨハネは、古い自分であるボアネルゲ(雷の子)が死んだ時から、霊の中でまったく小さな子供になりました。ヨハネはイエスの御胸によりかかりましたが、それはイエスの支える御腕から離れないためでした。

私たちはキリストご自身の栄光を見てきました。また、キリストにあることと、キリストを私たちの内に持つことがどういうことかも見てきました。そして今、私たちはこれらのものに強く印象づけられたいと願います。ヨハネは、「小さな子供たちよ、彼の内に住んでいなさい。それは彼が現れる時、私たちが確信を持つためです」と言います。

私たち信者は、主の内に住むこの生活をどのように維持すればいいのでしょうか?あなたは自分を主にささげ、自分の意志と力を放棄し、自分の生活を主に支えてもらうことに同意しました。またあなたは、真の花嫁のように、自分自身、自分の名前、自分の独立性を放棄しました。その結果、彼は今、あなたの主となっておられます。あなたのいのちは彼の内に飲み込まれました。そして、彼があなたのかしらとなり、すべてとなっておられます。

さて、愛する方々よ、この生活はどうすれば維持できるのでしょうか?主は、私たちは彼の内に住むべきであり、私たちが彼の内に住む程度に応じて私たちに内に住む、と言っておられます。「私の内に住んでいなさい。そうすれば、私もあなたがたの内に住みます」。
 

ヨハネによる福音書十五章四節。(訳注)


今を生きる


まず第一に、主の内に住む生活は、今を生きる生活でなければなりません。それは惰性で流れ続ける急流ではなく、小さな行いや習慣の連鎖です。あなたは、今この時、主を完全に所有し、今この時、完全に救われ、今この時、勝利をおさめます。今この瞬間を満たしたものは、次の瞬間をも満たすのに十分です。ですから、もしあなたが毎瞬この交わりを更新していくなら、あなたは常に主の内に住むでしょう。あなたはこれを学ばれたでしょうか?あなたの生涯における失敗の大半は、一瞬を失うこと、一針の縫い目の切断、小さな裂け目、岩の割れ目――そこから水の雫がしたたり落ち、一本の急流になります――から来ます。しかし、もしあなたが一歩も歩みを失わず、一つも勝利を逃さないなら、あなたは主の内に住んで常に勝利するでしょう。

ですからまず第一に、この秘訣を学びなさい。すなわち、もはや恵みも勝利も必要としないほどの聖潔に達することはない、ということです。しかし、もしあなたがこの瞬間に恵みを受け、次の瞬間にも恵みを受け続けるなら、生涯の終わりに、あなたは主の恵みの大洋をことごとく所有するでしょう。最初、それはほんの小さな流れかもしれません。しかし、毎瞬流れ続けさせなさい。そうすれば、その水路が終わらないうちに、それは無限の大海原になります。


意志による決断


次に、主の内に住むことは、意志による決断を続けることによって、また、常にキリストに信頼し続けることによって、確立されなければなりません。主の内に住むことは、あなたの意志の有無にかかわりなく、不可抗力的な衝動として自然に実現されるのではありません。あなたは、主に信頼することから開始して、それが習慣になるまで繰り返さなければなりません。これを悟ることは非常に重要です。

祝福を得た時、それ以上何の努力もしなくても、その祝福は流れ続ける、と考える人が大勢います。しかし、そうではありません。意志の行為、選択の行為は、霊的生活の真の舵輪です。人が罪から救われるのは、イエスを救い主として実際に選択することによります。人が聖別されるのは、自分自身を明確に明け渡して、キリストを自分のすべてとして受け入れることによります。

ですから、愛する方々よ、あなたは主の内に住むことが呼吸するのと同じくらい自然なことになるまで、しっかり舵輪を握って前進し続け、毎瞬毎瞬、キリストに信頼すること、キリストによって生きることを選び続けなければなりません。
それはちょうど、溺死から救われた人のようです。人々が彼を水から引き上げたとき、呼吸は停止しています。呼吸は自然に戻ることはありません。苦労して人口呼吸を続けることによって、呼吸が戻ります。人々が半時間ほど空気を吸わせたり吐かせたりした後、無意識的な呼吸活動が認められるようになります。そして、呼吸本能がよみがえってきて、自発的な呼吸が始まります。間もなく、その人は何の努力もせずに呼吸するようになります。

しかし、それは最初に一定の努力をすることによって起きます。そして、徐々にそれが自然になって行きます。キリストに関しても同じです。もし、キリストの内に住むことを自然なものにしたいと願うのなら、それを霊的習慣にしなければなりません。預言者は「神にとどまる心」について語り、ダビデは「私の心は主に信頼して揺るぎません」と言いました。私たちは決断をもって始め、いかなる代価を払っても主に従う必要があります。そうするなら、少しずつ習慣が確立されて行きます。

<中略>


自我の抑制


さらに、もしキリストの内に住むことを願うなら、自分に信頼しないことを常に学ばなければなりません。自我の抑制が、常に神聖な満たしと能力を得るための第一の要件でなければなりません。何らかの非常事態が生じた時、人は飛び出してしまいがちです。ペテロは、自分が敵に立ち向かえるかどうかわからないのに、剣を抜いて飛び出してしまいました。突然の衝動に駆られて行った行為は、数週間にわたる後悔という結果に終わることがあります。衝動的に事をなすのではなく、主を受け入れなさい。私たちが主から方法を教わる時だけ、主は私たちを用いることができます。

ですから愛する方々よ、自我を抑制することを訓練しましょう。そして何事についても、主を見上げて、「主よ、あなたの御旨は何でしょう?あなたのお考えはどうでしょう?」と尋ねるまで、決定を差し控えることを訓練しましょう。そうするなら、あなたと主の意向が食い違うことはないでしょう。そこにはさいわいな調和があるでしょう。このようにキリストの内に住む人々は、差し控える習慣、静かにしている習慣を身につけます。彼らは落ち着きのないおしゃべりではありません。彼らはよろずのことについて常に見解を持っているわけではありませんし、自分がなすべきことをいつも知っているわけではありません。彼らは性急な判断を差し控えて、神とともに静かに歩みます。むこうみずで衝動的な精神は、主に聞き従うことを妨げます。


依存


もしキリストの内に住むことを願うなら、キリストは人生の非常事態だけでなく、すべてを引き受けて下さることを憶えなければなりません。そして、常に主に頼る習慣を養わなければなりません。主に依り頼み、いたるところで主を見いだし、彼が私たちの生涯の事業を引き受けて下さったこと、そして困難は一つもないこと、もし私たちが主に委ねて主に信頼するなら、主が私たちを運び通して下さることを認識しなければなりません。


主の臨在を認識すること


さらに、もしキリストの内に住むことを願うなら、主が自分の心の中心におられることを認識しなければなりません。主を見い出すために、彼方の天に上って、主が行かれたあたりをさまよう必要はありません。主はまさにここにおられます。主の御座はあなたの心の中にあります。主の富は身近にあります。あなたは神の臨在を感じないことがあるかもしれません。しかし、聖霊があなたの心の中におられる事実を受け入れて、その事実に従って行動しなさい。すべてのことを主に持って行きなさい。そうすれば間もなく、主の臨在を実際に喜ばしく感じるようになります。感情から始めてはいけません。主がここにおられることを信じて行動することから始めなさい。ですから、もしあなたがキリストの内に住むことを願うなら、主が自分の内におられ、自分が主の内にあるものとして、主に応対しなさい。そうするなら、主はあなたの信頼に応えて、あなたの確信に誉れを与えて下さいます。


すべてのものの中におられる神


キリストの内に住むことを願うなら、人生に訪れるすべての事柄の中にキリストがおられること、そして、摂理の過程で起きることはすべて、ある意味で神の御旨と関わりがあることを認識しなければなりません。試練は偶然ではありません。それはキリストと関係無いものではありませんし、「神はなぜ私をこのような試練にあわせるのだろう」といぶかしんで抗議するしかないようなものでもありません。

私たちは、神が試みの中に導かれたこと、そして、たとえ洪水の高波が押し寄せても、神は御座に座しておられ、大波のうねりや水の轟きよりも力強い方であることを信じる必要があります。また私たちは、神は
「人の怒りを賛美に変え、怒りの余りをとどめられる」ことを信じる必要があります。私たちは「神は我らの避け所、また力。苦しむ時、そこにある助け。それゆえ、我らは恐れない。たとえ地は移り、山が海の真中に移っても。たとえ、水が立ち騒ぎ、泡だって、山々が揺れ動いても」(詩篇四十六篇一~三節)と言わなければなりません。

私たちはすべての出来事を、人が選択しうる最善のもの、あるいは、神が与えうる最善のものと見なす必要はありません。その出来事が私たちに臨んだのは、神がご自身の力を私たちに現すためかもしれませんし、あるいは、聖潔、信頼、落ち着き、勇気といった学課を私たちに教えるためかもしれません。その出来事は何か神の御目的にかなうものなのです。ですから、別の境遇を求めるべきではありません。今いる境遇に打ち勝つべきです。現実から逃避して、「自分の好きなところに行けば、キリストの内に住むことができるだろう」と言ってはなりません。私たちは、安らかな港にいる時も、嵐の海にいる時も、キリストの内に住まなければなりません。すべては神の許しによります。神は万事を共に働かせて私たちの益とし、ご自分の目的を果たされます。このことを認識しなさい。


外側の感覚に注意する


キリストの内に住みたいのなら、感覚に警戒する必要があります。体の感覚ほど、私たちをさまよわせ、危険な野原や牧場の脇道にいざなうものはありません。私たちの目は、どれほど私たちを迷わせてきたことでしょう!道を歩いていると、気を散らせる数千のものに出くわします。中には、クモのような目を持っている人々もいます。彼らは前後左右、あらゆる方向を見ることができます。
「あなたの目はまっすぐ前を見、あなたのまぶたはあなたの前をまっすぐに見よ」この世が心の中に侵入するのを許すなら、私たちは主の臨在から引き離されてしまいます。

箴言四章二十五節。(訳注)


会話は、それがたとえクリスチャンどうしの会話であったとしても、もしその百分の一でも聞くなら、完全に汚されてしまいます。ですから、あなたは自分の耳を閉ざし、自分の目を閉ざして、小さな範囲に生きなければなりません。
何かする時に、一度に多くのことをしようとしてはいけません。それは気苦労を招くだけです。

水グモという小さな生き物がいます。それは、沼地などの湖底の泥の中に住んでいます。泥の表面から数インチ中にもぐり、始終そこで暮らしています。水グモには不思議な器官があり、それによって自分の体よりも数倍大きな気泡を自分の周りに集めることができます。水面に上がって空気を集めては泥中にもぐります。この小さな気泡は水グモにとっては大気です。水グモはその中に巣を造り、子供を育てます。「空気のあるところに水は侵入しない」という法則のおかげで、にごった水に囲まれた小さな家庭は、水上の澄んだ大気中で生活するのと同じくらい安全です。そのように、私たちは自分の生息圏の中に入って、主と共にとどまることができます。たとえ罪に取り囲まれ、下には地獄があり、人々はもがき、誘惑され、罪を犯していても、私たちはキリスト・イエスと一緒に天上にいる聖徒たちと同じように安全なのです。


内なる祈り


さらに、キリストの内に住むには、内なる祈りの習慣、心の中で神と交わる習慣を養わなければなりません。私たちは、「神は霊ですから、神を礼拝する人は霊と真実の中で礼拝しなければなりません」「すべてのことについて感謝しなさい。なぜなら、これこそ神があなたがたに求めておられることだからです」という御言葉の意味を知らなければなりません。言葉を口に出さずに心の中で祈るこの習慣は、主の内に住む秘訣の一つです。神秘家が用いた古い用語の一つに「静思」というのがあります。これは「静かな霊」ともいえるでしょう。

ヨハネによる福音書四章二十四節。(訳注)
テサロニケ人への第一の手紙五章十八節。(訳注)


目をさましていること


主の内に住むことと関連するもう一つの言葉は、「目をさましていること」です。この言葉は、漂うことの正反対です。それは固守する精神であり、絶えず警戒していることであり、主に守られることです。さて、これは、あなたが固守警戒の働きをすべて一人でしなければならない、ということではありません。あなたは手を舵の上に置かなければなりません。そうするなら、キリストが舵を操作して下さいます。それは列車のブレーキのようです。運転手がブレーキのレバーに触れて電流を流すだけで、列車は止まります。それはまた、列車の動力のようです。技師は自分の力で列車を動かす必要はありません。レバーを回すだけで、列車は進みます。クリスチャンは自分で戦う必要はありません。イエスの御名の中で合い言葉を唱えさえすれば、天の力がそれに続いて働きます。このようにして毎瞬、私たちは交わりと勝利の中にとどまることができ、ついにはキリストが私たちのいのちそのものとなられます。


神の導きに従う


もしキリストの内に住むことを願うなら、神に自分を助けさせようとすることをやめて、神の道の中に入り込み、神に導いていただかなければなりません。信者は「私がキリストに仕えることを選んだのであり、キリストは私を助けなければならない」という考えを自分の中から取り除かなければなりません。信者はキリストの道に入りました。そして、キリストが信者を担っておられます。なぜなら、キリストは他の道を行くことができないからです。
もしあなたが川の真中にいるなら、あなたは川を下って行かなければなりません。もしあなたが神の真中にいるなら、あなたは神と共に行かなければなりません。あなたが自分の人生を神に明け渡すなら、それは何でもできるほど強くなり、天のように素晴らしくなるでしょう。


不慮の出来事


おそらく、不慮の出来事についてお話ししておいた方がいいでしょう。主はしばしば、私たちを警戒させるために、突然誘惑が襲いかかることを許されます。そのようなことが起きたら、それを主からのものとして受け入れなさい。まつげが閉じて目に危険を知らせるように、それはあなたに警戒させるために送られたのです。誘惑は、しばしば私たち自身の不注意から生じます。私たちが道を外れる時、私たちは誘惑にあうことによって、自分が敵の国にいることを悟ります。もし私たちが主の内に住んでいるなら、主の許しがない限り、悪は私たちを打つことができません。おそらく、私たちが中心からはずれる時、キリストは敵を利用して私たちを脅かし、ご自分に立ち返らせるのでしょう。それはちょうど、羊の群れを柵の中に追い込むために、牧羊犬が放たれるようなものです。大きな災いにあうより、小さな失敗を犯す方がましです。


失敗


しかし、十分注意していたにもかかわらず失敗してしまった場合、決して落胆してはなりません。決して、「自分は祝福を失ってしまった」、「こんな生活は自分には実行できない」などと言ってはなりません。「もし私たちが自分の罪を告白するなら、主は真実でただしい方ですから、私たちの罪を赦し、すべての不義から私たちを清めて下さいます」という御言葉を思い出しなさい。

ヨハネ第一の手紙一章九節。(訳注)


神を現実に経験する方法


多くの人は神を現実の方として感じていません。多くの男性にとって、自分が抱えている困難な仕事の方が神よりも現実的です。多くの女性にとって、自分の仕事や試練の方が神よりも現実的です。多くの病人にとって、自分の病の方が神よりも現実的です。私たちはどうしたら神を現実の方として経験することができるのでしょうか?私が知る最善の方法は、神を現実の事柄の中に迎えることです。頭痛は現実です。その中に神を迎えなさい。そうすれば、頭痛が現実であるように、神も現実となられるでしょう。そして、頭痛が去った後も、神の臨在がとどまるでしょう。これは素晴らしいことです。試みは現実です。それは人生において火のように燃えさかります。神はそれ以上です。洗濯やアイロンがけは現実です。神をあなたの家庭の中に迎えなさい。そうすれば、神は現実となって下さいます。私たちが自分の生活をキリストに結びつける時、彼は現実となって下さいます。

バンヤン樹もこのように成長します。まず、幹と枝々が天に向かって伸びます。次に、枝々が地面に向かって成長し、土地に根をおろします。そして徐々に、数百の枝々が互いに織り混ざり、絡み合って、嵐や風にも動じなくなります。インド洋の熱風ですら、引き裂くことができなくなります。そのように、神が一人の人を救われる時、神は一本の枝を植えられます。その後、神が困難の中にあるあなたを訪れて、あなたを満たし、聖別し、助けて下さる時、その神の満たし、聖別、助けが新たな枝々となります。こうしてあなたの人生は数百の枝々によって神に根ざし、神に結ばれます。地獄の全勢力といえども、その交わりを破ることはできませんし、あなたを主の愛から引き離すことはできません。

主イエスよ、あなたご自身を私にとって、
生ける輝ける現実として下さい。
いかなる外側の物事よりも、
信仰のまなざしにはっきりと見せて下さい。
甘美な地上の絆よりも、
さらに親しく、さらに親密にならせて下さい。

さらに私に近づいて下さい、
生ける愛する救い主よ。
あなたの御顔の幻をさらに明るく輝かせ、
あなたの恵みの御言葉をさらに栄光で満たして下さい。
人生が愛に変わるまで、
地上の天が天上の天に変わるまで。
PR