忍者ブログ

私ではなくキリストⅡ(東洋からの風の便りI)

「あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている。」(ピリピ2:15)

今や、恵みの時、今こそ、救いの日。神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません。

今もなお忍者ツールズにはログインもできない状態が続いている。このブログを除き、ホームページやブログの更新ができなくなっているが、物事は困難な方が面白い。大々的に自己宣伝して更新を触れ回るようなことは、もともと筆者の好みではない。いつまでこうした状況が続くか知らないが、表向きは、更新もされていないように見えながら、知る人のみ知るよう、記事がこっそり書き足されている状況は、なかなか乙だと思う。

昔々、大震災が起きたとき、亀裂が入り、液状化現象が起きているアスファルトの道路の上を、自転車をこいで願書を出しに行ったときのことを思い出す。大事な時期に、まあ、世界の終わりのような、えらいことが起きてしまった、と感じたが、筆者はただ自分のなすべきことを淡々と果たすだけであった。

当ブログに対しては、何とかして当ブログの正しい訴えを妨害しようと、ひどい中傷の嵐が掲示板で吹き荒れたことは記憶に新しい。その後も、ひどい妨害が起き続けた。まことに異常な事件が起き続け、今になっても、何とかしてこのブログを地上から消し去ろうと願い続けている存在があるらしい。だが、目的は初めからそこにある。この信仰の証しのブログを地上から殲滅することが、敵の目的なのである。

要するに、それほどまでに、牧師制度を糾弾することが許せない、と考えている人たちがいるということだ。

いや、牧師制度を糾弾するというより、地上にはまるで本物のように広がっているキリスト教界の偽りなることを語る者が出て来ては困るということなのだ。牧師や教師などとに頼らず、万民祭司の原則を、この地上で忠実に実現し、神にのみ頼って生きようとする者が現れると、困る人々が大勢いるのだ。

何しろ、霊的中間搾取が成り立たなくなってしまうからだ。中間搾取だけで成り立っている商売が、あがったりになってしまうからだ。だから、妨害はいつまで経ってもやまないのである。

とはいえ、掲示板での中傷などは、それが止まった時期を考えてみれば、どの筋から来た妨害工作であったのか、読者にはすぐ分かるはずだ。

筆者は諦めたり、退却するつもりもない。今はまだ語れない多くのことがあるが、時が来れば、明らかにできるだろう。

筆者が目指しているのは、あらゆる意味で、この悪しき中間搾取から抜け出て、主イエスの名を通して、父なる神に直結し、誰からも霊的搾取を受けないで、神から恵みをじかに受け、神との直接的な交わりを失わないでいられる、そういう生活を送ることなのである。

そして、栄光から栄光へ、鏡のように主に栄光を反映させながら、本当に主に似た者とされるとは、どういうことなのか、知りたいと思っている。

霊的中間搾取というのは、モーセの書を朗読するときに、顔にかかる覆いのようなものである。そして、霊的中間搾取を受けるか受けないか、という問題と、地上で中間搾取を受けるか受けないか、という問題は、どこかしら密接につながっているように思われてならない。

本当はキリスト者一人一人が、父なる神に直接つながり、御言葉を自分で解釈し、恵みを受けられるはずなのに、これをピンハネする存在がある。キリスト者の目をくらまして、何とかして霊的中間搾取に気づかせまい、そこから逃がすまいとする勢力は確かに存在する。

聖書は、全世界は悪しき者の支配下にあると言う。しかし、同時に、我々、贖い出された者たちは、サタンの支配下から連れ出され、愛する御子の支配下に入れられている。主に向くときに、私たちの心の覆いは取り除かれる。私たちの命は、キリストと共に、神の命の中に隠されている。このことをはっきりと心に覚えよう。

私たちはこの土の器の中に神のはかりしれない力をいただいているのであり、神は教会を通じてすべての存在に対して、ご自分の多種多様な知恵を現されることを願っておられる。私たちは弱くとも、主は強く、カルバリでキリストは勝利を取られ、世に打ち勝ったのだから、彼を信じる者も、必ず勝利する。このことを覚えよう。

それゆえ、何も絶望することはなく、我々は勝利を求め、根気強く、敵に渡った陣地を取り返し、そこに復活の旗を立てて行かねばならない。

「でも、ヴィオロンさん、あなたは少しも勝ってなんかいないじゃないですか。いつも追い詰められて、中傷されて、恥をかかされ、窮地に立たされているのではありませんか? それでどうしてキリストの勝利の証なんかできるというんです? どこに勝利があるんです?」

人々はそう尋ねて来るかも知れない。ヨブに対して神を呪って死になさいと言った彼の妻のように。しかし、筆者は言う、いや、今日が恵みの日、救いの日だと。パウロの言葉を思い出そう。


「わたしたちはまた、神の協力者としてあなたがたに勧めます。神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません。なぜなら、「恵みの時に、わたしはあなたの願いを聞き入れた。救いの日に、わたしたちはあなたを助けた」と神は言っておられるからです。


今や、恵みの時、今こそ、救いの日。わたしたちはこの奉仕の務めが非難されないように、どんな事にも人に罪の機会を与えず、あらゆる場合に神に仕える者としてその実を示しています。


大いなる忍耐をもって、苦難、欠乏、行き詰まり、鞭打ち、監禁、暴動、労苦、不眠、飢餓においても、純真、知識、観桜、親切、聖霊、偽りのない愛、真理の言葉、神の力によってそうしています。


左右の手に義の武器を持ち、栄誉を受けるときも、辱めを受けるときも、悪評を浴びるときも、好評を博するときにもそうしているのです。


わたしたちは人を欺いているようでいて、誠実であり、人に知られていないようでいて、よく知られ、死にかかっているようで、このように生きており、罰せられているようで、殺されてはおらず、悲しんでいるようで、常に喜び、貧しいようで、多くの人を富ませ、無一物のようで、すべてを所有しています。」(2コリント:1-10)


聖書の原則は、私たちがキリストを知ることにより、「選びから除外された者が選ばれた民になる」、「愛されなかった者が愛される者となる」、「罪を宣告された者が赦しを得る」、「死に定められたはずの者が生きる」というものだ。

世には自分の手練手管により栄達を得る者がいる。もしくは、生まれた家柄によりかかって繁栄を手にする者もいる。その他、運の良さ、巡り合わせ、コネ、年齢の力などによって、色々なチャンスを掴む者がいる。もちろん、生まれ持った能力、知恵、経験も大いにものを言う。

ところが、私たちの主は言われる。「権勢によらず、能力よらず、我が霊によって」(ゼカリヤ4:6)


筆者はこの言葉を噛みしめ、前に向かって進んでいる。確かに、若い時分には、何も持っていない人でさえ、色々と自分により頼むものがあると考えているものだ。だが、そんな自信は時と共に消えうせていく。そして、主だけを頼りに進むとなると、他人を当てにすることはできない。時には、自分の無力さに、もうこれ以上、自分では対処できないと、叫びたくなることがあるだろう。

だが、筆者の場合、神は、そういう時の信じる者の叫びを、とても好意的に受けとめて下さる。

人間的な観点から見れば、「もう駄目だ!」と叫ぶことは、不信仰か、みっともないことに思われるだろう。

しかし、神は、人間が「もう駄目だ」という限界を迎えるときにこそ、速やかに助けの手を差し伸べて下さり、私たちが助けを求めることを、決して恥ずべきことや、みっともないことだとはお考えにならない。

むしろ、いついつまでも自分にはできると思って自己過信しているからこそ、神の助けを受けられないのであり、自己の力で生きる限界に早く達した方が、早く神の助けを受けられるから、早く平安に到達できる。そして、その平安、安息は、決してまやかしでも、偽りでもない。

ただし、そのようにして神の助けを受けるためには、しばしば真の窮地を通らされ、全身全霊で神を求めるという過程が必要になる。ただ単に困った時の神頼みなどという程度の求めではない、心の底からの願い求めが生まれる必要がある。人間的な観点から見れば、まさにすべてが絶望という状況から、ただ信仰によって、新たな望みが起こされ、キリスト者の勝利が始まるのである。

ローマの信徒による手紙9:13-33にはこうある。


「ところで、あなたは言うでしょう。「ではなぜ、神はなおも人を責められるのだろうか。だれが神の御心に逆らうことができようか」と。人よ、神に口答えするとは、あなたは何者か。造られた物が造った者に、「どうしてわたしをこのように造ったのか」と言えるでしょうか。


焼き物師は同じ粘土から、一つを貴いことに用いる器に、一つを貴くないことに用いる器に造る権限があるのではないか。神はその怒りを示し、その力を知らせようとしておられたが、怒りの器として滅びることになっていた者たちを寛大な心で耐え忍ばれたとすれば、それも、憐れみの器として栄光を与えようと準備しておられた者たちに、御自分の豊かな栄光をお示しになるためであったとすれば、どうでしょう。


神はわたしたちを憐れみの器として、ユダヤ人からだけでなく、異邦人の中からも召し出してくださいました。ホセアの書にも、次のように述べられています。「わたしは、自分の民でない者をわたしの民と呼び、愛されなかった者を愛された者と呼ぶ。『あなたたちは、わたしの民ではない』と言われたその場所で、彼らは生ける神の子らと呼ばれる。」


また、イザヤはイスラエルについて、叫んでいます。「たとえイスラエルの子らの数が海辺の砂のようであっても、残りの者が救われる。主は地上において完全に、しかも速やかに、言われたことを行われる。」


それはまた、イザヤがあらかじめこう告げていたとおりです。「万軍の主がわたしたちに子孫を残されなかったら、わたしたちはソドムのようになり、ゴモラのようにされたであろう。」


では、どういうことになるのか。義を求めなかった異邦人が、義、しかも信仰による義を得ました。しかし、イスラエルは義の律法を追い求めていたのに、その律法に達しませんでした。なぜですか。イスラエルは、信仰によってではなく、行いによって達せられるかのように、考えたからです。彼らはつまずきの石につまずいたのです。


「見よ、わたしはシオンに、つまずきの石、妨げの岩を置く。これを信じる者は、失望することがない」と書いてあるとおりです。」


あなたはどちらの組に入りたいだろうか? 義を追い求めながらそれに達し得なかった人々と、義を追い求めなかったのに、信仰による義を得た人々と?

努力して熱心に働き、熱心に財を築こうとして、ビジネスに成功した人でも、天災が来れば、一瞬でその富を失ってしまうことがあるように、自己の力で築き上げたもの、信仰によらないものは、神の目に永遠性を持たない。

霊的高みに達しようと、あらゆる勤行や精進を重ね、牧師や教師たちからお誉めの言葉を得て、日々、熱心に学びを積み重ねた人が、神から、義に達し得ないものとして疎外され、罪に定められる。義に到達しないどころか、罰せられて終わる。

キリスト教を、霊的高みに到達するための壮大な偏差値教育のようにしてしまった人たちがいる。そして、その無限のヒエラルキーの階段を日々上に上ろうと学びを重ねている人たちがいる。

だが、筆者はその階段をいつも中途で回れ右して降りて行く。真の高みに達するための方法は、その階段を自力でよじのぼろうとすることにはない。その階段には終わりがない。それは欺きであるから、高みもなければ、頂上というものも存在しない。あなたがどんなに努力しても、決して頂上を見ることはない。それは霊的搾取のために作られた階段であるから、どの段に立っていようと、恵みをかすめ取られ、栄光を曇らされ、他人に欺かれ、犠牲者になる道でしかないのである。

私たちのために、すでにすべてを達成された方がおられる。その方は、ご自分のもとにやって来る人に、ひざで階段をのぼれとはおっしゃらない。その方が私たちのために、すべての恥を負い、労苦を担って下さった。真の高みは、その方が就いておられる天の御座にこそあり、私たちは信仰によって、この方と共に死に、よみがえられ、共に御座に引き上げられている。だから、ひざで階段をよじのぼろうとしなくとも、すでにすべてを足の下にしているのである。

だが、それがあまりにも想像を超えた恵みであるがゆえに、そのことを素直に信じ、受け入れることは、人知では難しいであろう。だが、このパラドックは、考えれば考えるほど面白い。主イエス御自身が、「つまずきの石、妨げの岩」と呼ばれた。人には捨てられたが、神に選ばれた生ける石。人の目に尊ばれるものと、神の目に尊ばれるものは、正反対なのである。

とはいえ、神は信じる者を恥や失望の中に打ち捨ててはおかれない。だから、私たちをいつまでも弱さの中に打ち捨てて置かれることもなく、私たちの弱さの中に働いて、力となり、知恵となり、勝利となって下さる。すべての争いや、悪しき者のしかけた罠の中から、鳥のように救い出し、静けさと平安の中にかくまって下さる。そして義人の正しさはあけぼのの光のように輝き、明るさを増してやがて真昼のようになる。

だから、筆者は言う、今日が恵みの日、救いの日。望みを絶やすことなく、これを正直に主に申し上げながら、主と同労し、前進して行きたい。どんな状況にあっても、また、私たち自身がどうあろうとも、神の愛と憐れみに満ちた眼差しが、今日もふんだんに私たちに降り注いでいることを忘れたくはない。状況が私たちを支配するのではなく、主こそがすべての状況に対するまことの支配権を持っておられる方であり、私たちにとっての正解であり、栄誉であり、勝利なのである。

真実は、人間にもなければ、状況にもなく、ただ一人の真実なるお方がおられるだけである。この点を見失わなければ、私たちを取り巻く悪しき状況は、いずれ朝日を浴びた露のように消え去る。

「子たちよ、だれにも惑わされないようにしなさい。」(1ヨハネ3:7)

「わたしは、すぐに来る。あなたの栄冠をだれにも奪われないように、持っているものを固く守りなさい。」(黙示3:11)

PR