忍者ブログ

私ではなくキリストⅡ(東洋からの風の便りI)

「あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている。」(ピリピ2:15)

今こそ、神の家から裁きが始まる時です。わたしたちがまず裁きを受けるのだとすれば、神の福音に従わない者たちの行く末は、いったい、どんなものになるだろうか。

愛する人たち、あなたがたを試みるために身にふりかかる火のような試練を、何か思いがけないことが生じたかのように、驚き怪しんではなりません。むしろ、キリストの苦しみにあずかればあずかるほど喜びなさい。それは、キリストの栄光が現れるときにも、喜びに満ちあふれるためです。

あなたがたはキリストの名のために非難されるなら、幸いです。栄光の霊、すなわち神の霊が、あなたがたの上にとどまってくださるからです。あなたがたのうちだれも、人殺し、泥棒、悪者、あるいは他人に干渉する者として、苦しみを受けることがないようにしなさい。しかし、キリスト者として苦しみを受けるなら、決して恥じてはなりません。むしろ、キリスト者の名で呼ばれることで、神をあがめなさい。

今こそ、神の家から裁きが始まる時です。わたしたちがまず裁きを受けるのだとすれば、神の福音に従わない者たちの行く末は、いったい、どんなものになるだろうか。
「正しい人がやっと救われるのなら、
不信心な人や罪深い人はどうなるのか」
と言われている通りです。だから、神の御心によって苦しみを受ける人は、善い行いをし続けて、真実であられる創造主に自分の魂をゆだねなさい。」(Ⅰペテロ4:12-19)

兄弟たちは、小羊の血と

 自分たちの証しの言葉とで、
 彼に打ち勝った。
 彼らは、死に至るまで命を惜しまなかった。」(黙示12:11)

* * *

夏が終わると同時に、筆者の心の休暇も完全に終わり、筆者に与えられた厳しい任務の全容が見えて来た。

人を助けることを仕事とするために、筆者は相応しい仕事に就き、干潟を開拓している最中であると書いた。しかし、人を助けるためには、人に対して優しい態度を取るのではなく、逆に、人の欲しない事柄を告げて、厳しい態度を取らねばならないという逆説があることを思わされる。

人間の欲望を助長し、人間を甘やかし、人間の罪を大目に見ることと、人を助けることは、正反対なのである。

筆者の訴えを裏づけるために、憎まれたり、嫌われる役目を果たしてくれた大勢の人たちがいる。警察も、行政の役人も、裁判官も、他者に違反を突きつけ、犯人を悪者とし、上から指導したり、有罪を宣告するために働かなくてはならず、その意味で、彼らは決して人に優しい仕事をしていない。

だが、そのようにして他者を罪に定めねばならない悲しみを知っているがゆえに、この人たちには、筆者がなぜ他者を告発するような訴えを出さざるを得なくなったのかを理解するだけの深い同情や思いやりもあった。

すべてがすべてそういう人たちばかりだったとは言わないが、不法行為は裁かれなければならないとの信念のもと、彼らの多くが、忠実に役目を果たしてくれたのである。

だとしたら、筆者は、彼らの仕事の成果を無駄にしないように働かねばならない。他人には、厳しい罪の宣告を口にさせておきながら、自分だけは、人に受け入れられ、誰にも苦言を呈さなくて済むよう上手く立ち回り、甘言だけを弄して、彼らの積み上げた仕事の成果を自ら台無しにするような生き方をするわけには行かないのだ。

そういう意味で、次第に、筆者自身が、彼らと同じように、権威を持って他者を裁くという立場に立つ時が近づいているのを感じる。もはや裁判官や、警察官や、弁護士や、役人など、宗教指導者はもちろんのことだが、誰か自分以外の権威者に決定を委ねるのではなく、彼らの果たしてくれた功績を基礎として、その上に、自ら判断を打ち立てねばならない時が近づいているのである。

聖書の神は、決して人類に媚びて、人に甘い顔をされる神ではない。

以前、当ブログでは、旧約聖書において、神がどれほど厳しい宣告を自らもしくは預言者を通じて人類に突きつけられたかを列挙したことがある。

ゼファニヤ書などは冒頭からこのように始まっている。

「わたしは地の面から
すべてのものを一掃する、と主は言われる。
わたしは、人も獣も取り去り
空の鳥も海の魚も取り去る。
神に逆らう者をつまずかせ
人を地の面から絶つ、と主は言われる。」(ゼファニヤ1:2-3)

人を地の面から絶つ・・・何度神はそのような宣告を人類に対してなされたことであろか。すべては人類の罪のためであった。

神は決して人類に対し、決して媚びて語りかけられるようなことをせず、一貫して、人類が耳を塞ぎ、足早に逃げ去り、聞かされたくないと願うような宣告を突きつけ続けて来られた。

神が人類に突きつけられた事実とは、人類は罪を犯し、神に背いており、生まれながらに死の宣告と永遠の滅びの刑罰にしか値しないという内容である。そして、その宣告の集大成が、カルバリの十字架なのであり、そこでキリストが受けられた死の刑罰こそ、生まれながらの人類にふさわしい神からの最終的な「判決」であり、恥辱に満ちた人類の真の姿だったのである。

だが、私たちはその刑罰をキリストだけに押しつけ、自分は一切無関係で生きて行くのでは、いつまで経っても、その贖いは、私たちのものとはならない。

自分で自分を十字架につけたり、自分で自分を苦しめたり、蔑む必要はないとはいえ、それでも、私たちには、日々、主と共に十字架を負う姿勢は必要である。主の十字架が私たちに適用されるからこそ、私たちはもはや罪の宣告を受けなくて良くなるのであり、その代わりに、その十字架が、罪赦されていない罪人と、私たちの間を、決定的に分けてしまう。

だから、この十字架の切り分けにより、私たちがどんなに和解を願っても、決して和解することもできず、一つになることのできない人たちが出現して来るのである。

地上の裁判官の最も主要な仕事は、他者に対して罪の宣告を下すことである。裁判官は、紛争当事者に和解を勧めることもあるが、最も重要な仕事は、やはり判決を書くことにあると言える。しかし、判決は、実に多くの場合、訴えられた者の不法行為を認定して、賠償を命令するものとなる。

裁判官がその役目を果たしてくれるからこそ、原告はそれによって救われるのである。

しかし、もしもこの世の裁判官が、判決を書く際、権力者や、宗教指導者や、企業の代表や、有名人などといった、この世で力と名声を持つ人々に媚び、自分が彼らに恨まれたり、報復されること怖さに、彼らをできるだけ罪に問いたくないと考え、この世の権力者に有利な判決を書いたとすれば、そんな訴訟に、あなたは原告として何を期待することができようか。

ところが、そういう日和見主義的な裁判官も、この世には相当数、存在するものと思われる。だが、裁判官に求められるのは、そんな自己保身や、この世の名声に気を取られ、この世の権力を持つ者を擁護し、彼らの罪を無罪放免したり、彼らに有利な決定を下す姿勢ではない。

そんな裁判官に訴訟を委ねるくらいなら、自らが判断した方がはるかにましなのである。だが、それを考えるとき、やはり、自分が恨みを買うことも恐れず、判決が憤りや反発を呼び起こすことも十分に理解した上で、それでも事実を厳粛に見据え、たとえ権力者であっても、悪者に対しては厳しい宣告を下すことが、人にとって非常に困難を伴う作業であることも分かる。

裁判官は、この世の権力者に媚びてはならないだけでなく、人類そのものに媚びてはならない。人類というものに幻想を抱き、人間を美化してとらえ、人間がそんなに悪いことをするはずがないとの先入観から、人をできるだけ罪に問いたくないなどと考え、どんな罪でも、できるだけ赦すべきだなどと説いて、和解勧告ばかりを行ったり、不法行為を認定して厳しい判決を書くべきときに、かえって不法行為を大目に見る判決ばかりを書き続けていたのでは、この世の秩序は崩壊してしまう。

そういう意味で、裁判官の仕事は、決して生まれながらの人類を満足させることにはなく、人間の罪なる本質をできる限り明らかにすることは避けて通れない、と言えなくもない。

このように、あらゆる紛争においては、誰かが命を得るためには、誰かが罪を宣告されねばならないという側面がある。罪人に対して、いつも容赦する決定が下されているのでは、誰も報いを得る者はない。赦しがあるとしても、それは、悔い改めと、謝罪と、償いのあとにもたらされるものであり、罪の自覚がないところに、謝罪も、償いも、赦しも、あるはずがなく、人は悔い改めない限り、罪赦されることなく、神に立ち返り、義とされることもないというのは、聖書の事実である。

そこで筆者は、キリスト者に与えられた使命は、どこかしら、この世の裁判官と似ており、決して、この世に迎合し、その罪を大目に見ることではないのだと知らされる。バプテスマのヨハネが、人々に悔い改めを迫ったように、十字架が、今も人類に対する罪の宣告なのであり、それゆえに、そこにはりつけられている人類の罪なる本質を決して見誤ることなく、その事実に立って、すべての物事を見据えねばならないのだと思い知らされる。

そういう意味で、筆者の仕事は、決して人間にとって喜ばしいものではないし、そうであってはいけないのであって、この世において真に正しい裁きが実現することを願うなら、筆者自身が、人類に対して媚びて甘い判断や決定を下してはならないのであって、決して人間的な感情から、対立を恐れ、違反を容赦してはならないのだという厳しい現実があることを思わされる。

おそらくプロテスタントもそうであるが、地上のキリスト教のあらゆる組織や団体が、地の塩としての役目を失ったのは、人助けと称して、この世に迎合し、人間が「恵まれる」ことだけを目的に、自己満足的なイベントを追及し、人類に対して甘い言葉しかかけなくなったためであろう。

カルト宗教にはすべてそういう要素がある。偽りのキリスト教は、偽りの救済論に基づき、罪ある人々が、罪を悔い改めずとも、罪あるままで、自己救済によって、救いを得ることができると説く。

偽りのキリスト教には、キリストの十字架の贖いがないので、そこには、その代わりに、人類の自己流の「罪滅ぼし」がある。それは一生続き、人生のすべてを投入してもまだ足りないのであって、罪滅ぼしのために、カルトの集団生活があり、不法行為が存在すると言って良い。

つまり、カルトの集団生活とは、人類の自己救済の手段なのであり、カルト宗教が犯す不法行為のすべては、彼らが結局、返済しきれない罪の負債をごまかして終わるための自殺行為のようなものなのである。

当初は「世界救済」などという名目をつけて、善行を行っているように見えても、そこで行われているのは、結局、自己救済のための不毛な「罪滅ぼし」である。

しかし、今日の組織としてのキリスト教にも、この世における労働にも、それと非常に似た要素が見いだせる。

最近、ふとしたことから、プロテスタントにおいては、2017年に日本信徒前進大会なる奇怪なイベントが催されていたらしいことを知ったが、そこに出席した信徒も、「恵まれる」どころか、きっとその正反対の災いしか受けなかったであろうと確信する。

以前には、こうしたイベントは「リバイバル」を売り物にしたお祭り騒ぎ的な内容のものが多かったが、クリスチャン・トゥデイの記事を読む限り、今は殺伐とした世相に合わせて、終末を感じさせる内容にシフトしつつあるように感じられる。

だが、どんな内容であれ、こうしたイベントは、すべて筆者にはマサダの自決へと続く「蛇の道」であるように思われてならない。以前から、「喜びの集い」や「リバイバル待望集会」や「聖霊降臨待望会」や「再臨待望集会」などと、様々な名をつけては、全国各地の信徒たちが、集団決起大会のようなイベントに、鈍行を乗り継ぐなどしながら、多大な時間的・経済的負担を負って駆けつけていたことを筆者は知っている。

しかし、筆者は、個人的には、それらのイベントのすべてが、要するに信者が浮世のすべての悩みを忘れ、我を忘れて現実逃避するためのまやかしでしかないから、そのようなイベントが、信者に幸いをもたらすことは決してないどころか、彼らの生活を後退させるだけであるとみなしている。

ノアはこの世に身を置いて、世人から嘲られながら、箱舟を建設していたのであり、洪水が来たときに、初めてノアの信仰の正しさが明らかになった。

ところが、今日の実に多くの信者たちは、洪水が来てもいないのに、早々と箱舟を作ってその中に閉じこもり、この世に出て行って奮闘するどころか、この世と接触して悩み苦しみを受けるなどたくさんだとばかりに、自分たちの間でしか通用しない特別な掟を振りかざし、特別空間としての箱舟に逃げ込み、いつか洪水が来て、自分たちの引きこもり生活の正しさが証明されると言っては、自分たちは「選民だ」と互いに囁き合い、慰め合っている。

その間にも、時は流れ、世の中では様々な事件が起き、彼らの家庭においても、子供たちが苦しんだり、夫婦が争ったり、彼らが自ら責任を果たして積極的に解決しなければならない出来事がたくさん起きるのだが、この人々は、信仰のイベントこそ、人生の中心であるかのようにみなし、彼らにとっては無菌室に等しい、居心地の良い特別の閉鎖空間(箱舟)に閉じこもり、そこから独自の理論を振りかざして物事を口先だけで論じているだけなので、この世においていかなる問題が起きても、見向きもせず、その解決に取り組むことも、責任を果たすこともない。

彼らはただ箱舟にさえ乗っていれば、この世のすべての困難は自動的に解決されるかのようなまやかしの救済論に身を委ね、実際に汗水流して取り組まなければならない様々な現実的な困難に取り組むことを自ら放棄して避けているので、そのような状態が長く続けば続くほど、現実に起きる様々な問題に対処する能力が低下して行き、この世も、彼らが現実逃避にいそしんでいるうちに、ますます悪くなって行くだけであり、彼らにはそれを止める力もない。

結局、この人々は、この世に正しい秩序をもたらすために働いているのではなく、この世の悩み苦しみから手っ取り早く逃避し、我を忘れるために、イベントに駆けつけているだけで、その現実逃避が「救済」であるかのように錯覚させられているだけなのである。

その光景は、カルト宗教の集団生活と何ら変わることはない。まだ地下鉄にサリンを蒔くところまで至っていないだけで、その末路は非常に厳しいものになると、筆者は予測せざるを得ない。

もっと進んで言えば、こうした特別なイベントだけでなく、彼らが何より重んじている日曜礼拝、教会生活そのものが、カルト宗教の集団生活と何ら変わらない、「現実逃避」なのであって、それは信者が自分自身の真の罪ある状態から目を背けるための「引きこもり生活」と呼んだ方が良いものであると筆者は感じている。

もしも彼らが真に現代のノアでありたいならば、この世に積極的に出て行き、そこにおいて、たとえ嘲られ、自分が劣勢にあるように思われても、粘り強く戦って、不正義の中に正義をもたらすために努力を重ねるべきであろう。

いつまでも手をこまねいて待っているだけで解決する問題などあるはずもなく、「自分たちは選民だ!」と豪語しながら、身内だけで集まり、自画自賛を重ねるだけで、世が罪を認めて彼らのもとにやって来ることは決してなく、天を地に引き下ろし、正しい秩序と裁きが、この世に実現するために、時を無駄にせず、労苦を惜しまないで取り組むべき様々な問題がある。

さらに、信仰者には、世に勝利した者が着いておられる。それなのに、なぜ大胆に世に出て行くのではなく、むしろ逆に箱舟など作って、そこに引きこもる必要があるのか。

「神から生まれた人は皆、世に勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。だれが世に打ち勝つか。イエスが神の子であると信じる者ではありませんか。」(ヨハネの手紙一5:4-5)

その信仰はどこへ消えたのか。その不安心理はどこから来るのか。筆者はとても奇妙に思う。

だが、そういうことになるのは、きっと彼らが真に十字架の贖いを受け入れて、罪赦されていないことの証なのであろう、と思わざるを得ない。

これは恐るべき逆説である。病院は、病人のために必要な場所であって、健康な人のための場所ではない。同じように、地上の組織や団体としての教会は、罪人のために存在するのであって、罪赦された人のためには必要ない。

イエスは、病を癒し、罪を赦すために来られたが、イエスの救いにあずかった人々は、自由になって召し出されて行ったが、その救いを拒んだ人たちは、どこにも召し出されることなく、かえって隔離されてしまったのである。

誰も彼らを力づくで隔離したわけではない。だが、彼らは罪赦されていないからこそ、自分たちは清められなければならないと考え、いつか罰せられる日に怯えて、身を寄せ合い、かばいあうために、バリケードを作り、そこを自分たちの安全地帯とし、神からも人からも顔を伏せて生きているのではないだろうかとみなさざるを得ない。

だが、自分たちがいつまでも罪のゆえにこの世から隔離され続けているなどとあまりに恐ろしすぎて認められないので、自分たちは贖いのために精進を重ねているのであって、聖化の途上にあるなどといったことを自分に言い聞かせ、何とかして罪赦されていない現実の恐怖から目を背け続けているのではあるまいか。

つまり、この世で一般的に教会生活とみなされているものは、いわば、己が罪を自己申告した人々による隔離生活のようなものであって、罪赦されたという確信がない限り、その人たちは、何度でも、罪悪感を薄めてもらうための投薬を求めて、隔離病棟に通い続けるしかないのである。そのような生活を重ねれば重ねるほど、罪の赦しが得られるどころか、ますます赦しは遠のき、不安と、ごまかしが増し加わって行くだけである。

そういう生活は、はたから見ると、カルト宗教の驕りに満ちた「世界救済」を目的にした集団生活と何ら変わるところはないように見える。だからこそ、その末路も、カルト宗教と同じものになるだろうと筆者は感じているのである。

5年、10年、あと何年かかるか分からないが、毎年のごとく繰り返されているこうしたイベントが、いつか最後には破滅的な内容になるだろうとの予感を持たないわけにいかない。

だが、そのようなことは脇に置いておこう。今までずっと書いて来たように、筆者の目から見れば、この世における労働も、実は、教会生活と本質的には全く変わらない、人類の自己救済のための集団生活(隔離生活)なのである。

あの悪名高いカルヴァンの予定説――人は救いの確信を内側に持つことはなく、神にしか、誰が救われるか分からないという、あの荒唐無稽な説が、救いの確信を持てない大勢の人々に不安を抱かせ、その不安心理から逃れるために、人々が労働に励む――という悪循環を作り出す。

その労働とは、とどのつまり、神に救われているかどうかが分からない人々が、自己の不安と罪意識から逃れるために、外側を飾って、自分が善行に励んでいるように見せかけるための、自己救済としての終わりなきバベルの塔建設の試みに他ならないのである。

だから、そのような文脈での労働は、従事すればするほど、ますます神への反逆としてその本人に豊かさではなく、死と呪いとをもたらすものとなってしまう。

筆者はある時にそのことに気づき、こうした悪循環としての労働からは退かねばならないことに気づいた。そして、自己救済のための労働ではなく、真に意味のある働きをせねばならないと理解した。

だが、その真に意味のある有益な仕事とは、筆者が当初考えたような、単純な人助けではなかったのである。

裁判官の主要な任務が、人の罪を告げ知らせ、場合によっては、死さえ宣告せねばならないものであるように、やはり、信仰者に与えられた最大の任務も、人に罪を告げ知らせ、裁きと、処罰の日があることを告げて、悔い改めを求めるという、この世では栄光の少ない仕事なのであろうという気がしてならない。

人類の耳に心地よい自画自賛の言葉をささやき、誰に対しても「あなたの罪は赦された」と言うのはたやすい。だが、違反と、罪の宣告を厳しく告げなければならないときに、そのような心地よい言葉ばかり並べて、罪人を大目に見ているならば、後でひどい処罰がその人自身に下るに違いない。

人々に率直に罪を宣告し、謝罪と、償いを求め、この世において、地の塩としての役目を果たすことは、非常に苦労の多い仕事であり、それは、人間にとっては、同胞を敵に回すがごとく、とても気の進まない、憎まれる、嫌な仕事であり、この世における報いも非常に少ないように見えるだろう。

だが、それを果たさなければ、私たちキリスト者に地の塩としての価値はないのである。そして、救いとは、この世から離れたところに存在する内輪の集まりでもなければ、集団生活でもない。

私たちはこの世のあらゆる不合理の只中に立って、決してそこから逃げることなく、その最中に正しい裁きと秩序がもたされるよう、奮闘しなければならない。

そして、十字架において御子の贖いが達成されていればこそ、私たちの奮闘にも、勝利が約束されているのである。この勝利の約束から、私たちはすべてのものを引き出す。地上における助力者も、必要な物資も、適宜、必要な時に届けられる情報も、慰めも、決定も、必要の何もかもである。

神の国と神の義を第一として生きている限りにおいて、私たちには、地上生活においてすべての必要を満たされることが約束されている。そして、真に命の豊かさに至り着く道を、見つけたいと願うならば、この優先順位は、決して逆転されてはならない。地上において人前に栄光を受け、人に喜ばれ、受け入れられることが、神から喜ばれ、栄光を受け、受け入れられることよりも優先されるようなことは、決してあってはならないのである。

当ブログが、神の御前に立ち続けることができているのも、それがあるためなのである。

もしも筆者が世に迎合し、さらに世に迎合している偽りのキリスト教に迎合し、人の恨みを買いたくないとか、争いを避けて通りたいというだけの理由で、地の塩としての役目を果たすことをやめて、罪人の罪を大目に見ることを始めたなら、当ブログも、役目を終えたものとみなされ、踏みつけにされて終わるだけである。
 
歴代預言者のすべてが同じ細く狭い道を通った。このように、キリストの十字架の贖いの正しさを主張するならば、どうしても人々の罪を告発するという仕事を避けて通ることはできない。神と人(富、世)との両方に兼ね仕えることは絶対にできないのである。
  
そういう意味で、この先の道は、今まで以上に狭き門、細い道となることであろうと思う。現代のキリスト者が最もなさなければならないのは、おそらく、神の家を支配する穢れを告発し、これに触れないようにしながら、本物の見えない神殿を構築することなのであろうと思う。

かつて多くの人たちが、日本のプロテスタントの嘆かわしい現状を訴え、改革に着手しようとした。その人たちが、真に御言葉に立って、神の家を告発していた間は、いかにその言葉が厳しくとも、神もその人を守って下さったことであろうと思う。

だが、その人たちは、みすぼらしい干潟のほとりで、神からのみ栄光を受けるために、人からは忌み嫌われる仕事を忠実に果たすことをやめて、かえって人からの栄光を受けようと、不公平な判断を下し、ついには、神の家を支配する穢れに自ら迎合し、干潟など見るのも嫌だと、きらびやかな公共事業を建設する方向へとなびいて行ってしまった。

その結果、彼らは堕落し、不法行為に手を染め、かえって筆者がその人たちからバトンを奪い、その人たちに罪を告げ知らせるという厳しい任務を任されている。
 
だが、筆者は、もしも地の塩としての役目を捨てるなら、誰であろうと同様のことが起きるであろうと理解している。

私たちは一体、何に依拠して、他者に対して厳しい宣告を突きつけることができるのか。カルバリで下された神の判決に立ってである。それがあればこそ、この世の何人をも恐れずに、私たちはあるがままの事実を彼らに対して宣告することができる。逆に私たちが世に媚びることは、十字架を曲げることであって、神を敵に回す行為を意味する。

筆者はこれまで地上の紛争を通して、裁判官が筆者を死地から救い出してくれるように考えたり、あるいは、警察官に助けられたり、善良な上司や、信仰の友に出会い、それによって、大いに救われたように考えて来たこともあったが、事実はまるでそうではないことがよく分かった。

そういうものはすべて神が備えて下さった束の間の条件の一つに過ぎず、それらすべての条件を超越したところに、キリスト者は立たされている。そして、最終判断はすべて、キリスト者自身が、誰にも奪われることなく、自ら下さねばならないのである。それは、神と二人三脚で進む孤独な道であって、そのようにしてすべてを自ら判断することができなければ、どんな困難をも人は切り抜けることはできない。

このようにして、他者に対して罪の宣告を行うという筆者の「任務」は、この先もずっと続くであろうし、それが筆者の仕事なのだということを、筆者は理解させられている。そのために、誤解や、迫害を受けることも、当然に予測される試練のうちであるし、もしこの「任務」が真に必要なものであれば、それを切り抜ける方法も、必ず天に備えられているはずである。

「キリスト者として苦しみを受けるなら、決して恥じてはなりません。むしろ、キリスト者の名で呼ばれることで、神をあがめなさい。」と聖書に言われている通り、それは何ら恥ずべき試練ではないし、いつか重い栄光で報いられる時が来る。

だから、もしもあなたが箱舟を作りたいならば、心の中に、神と自分とのみが入れる箱舟を作り、そこに避難しなさい。鳥が高い高い崖の上に巣を作り、そこに我が子を置くように、決して他者の入り込めない高みに、小さな安全地帯を設け、そこで、神と一対一で、誰にも知られないひそかな語らいを持ちなさい。いつ、誰に対し、どんな判断や決定を下さなければならないか、あなたが人々に何を告げねばならないかも、そこで考え、主に相談して決めなさい。

そうすれば、そこでひそやかに下された決定が、やがて大きな影響力となって、地上の出来事に波及し、あなたは自分の下した宣告が、まるで動かせない判決のようになって、すべての物事に効果を及ぼすのを見るだろう。

悪者は断ち切られ、正義が実現されて、命の水と、豊かさが川のように溢れ流れる。だが、そうなるまで、あなたは祭司として身を清め、神の御前で多くの孤独な時を過ごさねばならない。決して世に媚びたり、迎合したり、報復を恐れず、人からの寵愛を失うことを恐れず、非難されることを恐れず、神との間に、誰をも置くことなく、自分のすべてを、神の国とその義を地上に実現するために捧げなさい。

カルトの集団生活からは、何一つ生まれるものはなく、そこにあるのは、嘘と、虐げと、不法行為だけであるが、あなたが人の目からは完全に隠れたところで、生きておられるただお一人の神に捧げたものは、何一つ忘れられることはなく、豊かな報いと共に返される。地上の人々は、あなたの生き方を損だと言って、あなたが自分の幸福をすべて後回しにしてむなしいもののために身を捧げていると嘲るかも知れないが、恐れることはない、主はあなたの労にちゃんと報いて下さるからである。

PR