忍者ブログ

私ではなくキリストⅡ(東洋からの風の便りI)

「あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている。」(ピリピ2:15)

私ではなくキリスト―義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるから。

「義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるから。」(マタイ5:6)

さて、大きな解放があると、必ず、暗闇の勢力からの妨害が起きて来ることは、いつものことなのなので、驚くには当たらない。

実は掲示板に関しては、もう少し権利侵害の明白な証拠が欲しいと内心で思っていたところであった。そんな頃合い、再び、材料が手に入り始めた。

だが、その材料をどのように利用するか、作戦はあえて明かさない方が良いだろう。今、事件は高裁に行っているので、私はブログで反論することはあまり考えていない。私の戦いの舞台は、もはやネットではなくなっているのだから、虚偽のプロパガンダについては、しかるべき人たちに耳を傾けてもらえるよう、きちんと反論を書面にして作成すれば良いことである。

ところで、最近、私と似たような目的を目指していると思われる、非常に優秀な女性に出会った。詳しく会話したわけではないため、心の内をことごとく確かめることができたわけではないが、短い間、心の喜びを共有することができ、勇気づけられた。私と同年代ではない。こんな風な大人になりたいと少しばかり思える例を見たように思う。

このところ、困難な暗いトンネルを通過して、非常に大きな戦いの成果があった。巨大な妨害が起き、打ちのめされそうになった時、主が私を勇気づけて下さったのである。

「どうやってこんな嵐に立ち向かえばいいというのです?」と尋ねる私に、主は「一番、困難な道を行きなさい」と教えてくれた。

誰も行かない一番困難な道を黙って行けば、人々はいつか納得してくれる時が来て、ついに最後は敵だった人まで、根負けする時が来る、というのである。もちろん、すべての人が生きているうちに理解を示してくれるわけでないにせよ、少なくとも、自分の心の中で、無理解な人々に煩わされ、受けるダメージが減る。

誰がどんな態度を取ろうとも、それに影響されず、自分の十字架を取って主に従うために全力を尽くす姿勢を示し続けなさい、と主は教えて下さり、それから、特別に激しい困難や迫害が起きるときは、特別に大きい勝利の前触れなのだと気づかせて下さった。

悪魔と暗闇の勢力の妨害が最も激しさを極めるときは、最も大きな勝利が目の前に迫っている時だ。だから、ひどい誤解や、中傷が起き、離反が起きるときには、特に大きな喜びと栄光が目の前に迫っていることを信じなさい、と主は示された。

そして、ヨルダン川の底に立って、誰よりも困難な戦いを静かに続行しなさい、あなたの覚悟のほどを皆に見せなさいと、神は私に示して下さった。その時、私の心は落ち着いた。

ようし、最後までやって見せよう。そうして力の限りを尽くそう。分かってもらえても、もらえなくとも、全力を尽くして向き合おう。そう覚悟を決めると、やはりそれなりの成果が物事に現れて来たのである。

こうして、主が戦い抜くための力を与えて下さったので、大丈夫だ、私一人に見えても、主の軍勢が着いている、どんな攻撃や非難が起きても、何度でも立ち上がって、目的を目指し続けることができる、と勇気が湧いて来た。

ここ数ヶ月の中で、初めて勝利の確信をはっきりと心に掴んだ瞬間だった。逆に言えば、ここ数ヶ月は、それほど激しい嵐の連続だったということである。

さて、著作権侵害の申立などもせねばならないため、その用意も兼ねて、忘れないうちに、ひとこと欄の文章を掲載しておきたい。
 
当ブログでは、基本的に、ひとこと欄の文章は、記事の題材となるものでしかないので、そのまま載せないことにしているが、権利侵害を主張する際には、役に立つものと思うので、ここに掲載しておく。

以下は、本日(6月21日)に投稿したものである。
 
私はこの国で、特に労働関係の役所が非常にひどい腐敗ぶりを示していることを、長年に渡り、自ら観察して来た。厚労省を始め、この国では、雇用情勢を含めたすべてが上向き、改善しているかのような「真理省のデータ改ざん」のようなことが行われて来たが、それは偽りである。

この国の雇用情勢は決して改善などしてはいない。だが、最近、そうして虚構の成功を演出し続ける大本営発表も終わりに近づいている、という予感を私は持った。以下はその予感を告げたもの、そして、嘘を駆逐するのは、私たち自身の努力にもよるのだ、という決意を述べたものである。

* * *

これだけ労働関係の行政が腐敗すれば、この国の労働市場が悪くなるのは仕方がないですね。厚労省でもデータの改ざんが問題となりましたが、その下の役所はもっと徹底的に腐敗しています。しかし、私はこうした事情から、特に絶望は感じません。むしろ、雇用情勢を色よく見せかけ、この国の様々なデータを改ざんして来た大本営発表がもうすぐ終わる気配を感じます。彼らは下々の者に責任を押しつけて、自分たちは悪事を隠して逃げる時を待っています。営利が目的の民間企業だけでなく、役所の腐敗が何よりも労働者を搾取し、日本の雇用情勢の悪化の原因を作って来たのです。なるほど国が外国人技能実習生を見殺しにするはずです。

しかし、恐ろしいほどの知性の崩壊を目の前に、この国の終わりが近いと感じます。日本がかつて敗戦した時、責任を取れるリーダーは一人もいなかった。破滅へ向かっていることをみな知りながら、それを止める力もなかった。権威が、権力が、正しく行使されなかったのです。今はその状況に似ている。お偉いさんたちが、私利私欲のことしか考えなくなり、弱い者たちを平気で見殺しにした結果、国ごと理性を失っているのです。私は一度労働関係の役所が企業と意を通じて徹底的に腐敗していることについて、記事をまとめてみたいですね。

ただし、こうした情勢を終わりに近付けるのも、私たち一人一人の努力で可能です。個人の力で様々な事柄を明るみに出せますし、それなりに是正することもできるのです。私が訴訟を提起したのは、まず法律の専門家としての肩書がなくとも、個人の力で物事をはっきりさせることに貢献できると示したかったから。法令順守の精神を、行政や役所が失った代わりに、個人が持ち続けることができると示したかったから。

私は弁護士でも法律家でもありませんが、法律に対する畏敬の念はあります。現行法が完全だとは言わない。しかし、今あるものを守ろうとしない人たちが、未来に向けて規則を制定してみたところで、これを守るはずがない。法律は義務も定めているが、私たちの自由の根源であり、存在を深い所で規定しているのです。

私は違反に対しては、裁判所の判決や行政による罰則の適用を求めると同時に、できるなら、もっと法律そのものに近づき、中へ入り込みたいという気持ちがあります。なぜなら、法それ自体が変わることによって、多くの人たちの生活が根本的に変わり、もっと解放される見込みがあるからです。法律家の観点とは異なる立場から、私は未来に向けての法整備に人生のどこかで関わりたい気持ちがあるのですね。そのための試行錯誤が現在であり、現行法の抜け穴や欠陥と言える部分についても学習を重ねているのです。

クリスチャンにとっての御言葉との一体化と、法との一体化はどこかしら似たものである気がします。法との一体化とは、つまり、 命令が私自身のうちですなわち実行となる時、約束された保障が値引きなしに実現される世界を私が求めているということです。

私たちは憲法で保障されている権利さえ、まだ値引きなしに自分の手にしたことがなく、多くの保障が絵に描いた餅で終わっているのです。その観点から見ますと、法体系からは、まだまだ汲み出せるものが無限にあると共に、法に保障された私たちの権利が実現しないように妨げている中間搾取者の排除も必要です。牧師階級からの信徒の自立が不可欠であるように、国民が肥大化した役所の助けを不可欠とする時代も終わりつつあるように思います。私たち自身が自立へ向かうことが肝要なのですね。

* * *

そして、以下は、6月20日に書いたもの。これは私が心から正しい、真実な裁きが欲しいと、そのために妥協なしに戦い抜くという決意を述べたものである。
 
私は当ブログを巡る第一審を担当してくれた裁判官にも、同じことを述べたのを覚えている。私は本当に正しい判決が欲しい、そのためなら、争いの決着までに、どんなに時間がかかっても構わないと述べたのだ。

聖書には、義に飢え渇いている者は幸いだ、その者は飽き足りるようになる、という一説がある。私はそれは私自身のことではないかと考えている。
 
私は真実な判決が下されることをどれほど待ち望んでいるだろう。そして、それが私一人だけでなく、多くの人を潤し、自由にするものとなることをどんなに心から願っているだろう。

地上の裁判官に判決を求めるというのは、確かにこの世の人々の判断を仰ぐことである。しかし、緻密な議論の積み上げがないのに、裁判官の人情や知性や人柄だけで、正しい判決を出せるわけではない。

一審では、担当裁判官から、書類が読み切れないとSOSが出されたことがあったのを思い出す。だが、私は、結果的に、書面を減らすどころか、もっと多くの書面を出さなければ、議論を尽くせなかったことを思う。

これは裁判官のせいではないし、実際には、私自身が、あの当時、それ以上の書面を出すことも、議論を尽くすこともできなかったのは確かであるから、当時は、それで良かったのである。
 
しかし、今になって思うと、私はその当時から、本気で戦っているつもりであったが、それでもまだ決意のほどが足りなかったことを思う。最後まで沈黙せず、裁判官を説得してしまうような主張を書き、足りない主張を補えば良かったのである。そのために、前進し続けなくてはいけなかった。

だが、その頃はまだ色々と見えていない事柄があり、争点も十分に理解し得ていない点があった。判決が下されて初めて新たな争点が浮上して来た。そういう意味で、まだまだ第一審は多くの改善点を残すものであったが、それがあればこそ、主張を補うのはやりがいがある。

これから先は、今まで以上に最後の一瞬まで真剣勝負をやめずに進んで行かねばならない。

* * *

どう言えばいいんでしょう、私は正しい裁きがほしい。死ぬほど正義の実現に飢えている。目先の利益じゃなく、私がいなくなった後も残る正しい裁きがこの地になされてほしいのです。私個人を越えた利益を得ること、多くの人たちがその恩恵にあずかることのてきるリーディングケースを打ち立てること、そのためにこそ身を呈して戦う価値があるのです。そのために一番、遠くて難しい道を行きたい。

アクロバティックな作業の前半が完遂しました。大量の書面を作成しました。それでブログが更新できなかったのですけど。これはまだ前半戦に過ぎません。でも、呪いが完全に吹っ切れたのが分かります。その呪いの半分は、つい最近、私を打ちのめそうと悪魔が考案した底意地の悪い決定と、どうしようもない役所への無意味な期待から来ていたように思います。

たとえば、当ブログを巡る一審は、警察の捜査がまだ何も進まないうちに終わらねばなりませんでした。その当時、警察には指一本期待できない状況で、捜査の進展に期待を寄せて、それが訴訟において強力な援護射撃になってくれることを期待していた私は、どれほど煮え湯を飲まされたか分かりません。それは本当につらい状況でしたが、でも、この時期、私は一人で戦い抜くことが必要だったんですね。

一審判決は、警察の手を借りて勝ち取ったものでは決していけなかったのです。私と主との二人三脚でなくてはならなかったのです。その段階が終わってからは、警察は心強い仲間のようになりました。今では、事件のために関わっているというより、人生相談みたいなこともやれるようになりました。以前には考えられないような展開です。たくさん有益なアドバイスももらっていますし、気づかされることもあります。かつての状態を考えると、ものすごい変わりようです。

今回、それと似たようなことが起きました。本当は役立ってもらわねばならなかったのに、どうしようもなく足手まといとなった役所が、さんざん私の書面の作成を邪魔し、私を滅多打ちにして苦しめましたが、結局、私はこの役所を振り切って、一人ですべての作業を完遂しました。最後の校正を終えた瞬間、「終わった!!」という解放感に包まれました。書面の効果のほどはまだ分かりませんが、主張というのは、霊的存在に対して宣言するものでもあるため、目に見える相手に届いておらずとも、内容が言い切られた時点で、すでに効力を発しているのです。

実は、反論の書面を書き続けることで、呪いを解除できるということを知っている人は少ないと思います。私は究極的に圧迫された状況でも、誰の手も借りず、自分の力だけで、最後まで自分の言うべき言葉を出し切らねばならないことを知らされています。どんなに大変でも、人の力を借りず、主と自分だけの努力によって勝利を掴まねばならないのです。

他人から受けた負の言葉、マイナスの宣告や、明白な呪いの言葉を跳ね返すのは、ものすごく困難かつ大変な作業ですが、そういう言葉を放置しておいてはなりません。やはり、納得のできない決定は、とことん追及して覆さねばなりません。それができるのは、しかし、主張対主張の対決をする時だけなのです。反論せねばならないのですよ。

悪魔は、キリスト者に大きな勝利がもたらされようとしている直前に、徹底的に打撃をもたらして来ることを、よく覚えて置かれると良いと思います。今回、私に痛烈な打撃を与えた悪だくみに満ちた決定がありますが、なぜこのようなものが、今の時期に出されたかと言うと、その先に大きな勝利が待っているからなのです。それを阻もうとして暗闇の勢力が仕組んだことです。諦めさせるために。主張を述べることを断念させるために。

私はそのことを予測していたからこそ、これに絶対に負けないで前進しようと決めて、自ら主張すべき事柄を一歩も退かずに書き続けました。ものすごく大変な作業でした。でも、一方的にやられっぱなしになっているのではなく、脱出のチャンスが近いからこそ、敵は意気阻喪させようとして来るのだということを知っていれば、困難だけに注目するのでなく、その向こうに、すぐ目の前に、目には見えないが、非常に大きな栄光と幸せに満ちたチャンスがぶら下がっていることが、予測できるはずです。真っ暗闇のトンネルを抜けるまで、あと一歩という地点が、一番攻撃が激しい地点なのです。

だから、呪いの預言なんか受けることがあったら、もしもあなたが敵から死にもの狂いの攻撃を受けることがあったなら、その一歩先に、大きな勝利があることを予測した方が良いと思いますよ。敵はあなたにそれを掴ませたくないから、祝福があることを決して信じさせないように仕向けているだけなのです。しかし、決めるのは、悪魔ではなく、あなた自身です。このように、「なぜ敵は今私を攻撃してきたのか」という問題を考えてみること、そして、「もうすぐ先に主が用意された出口があるのだ。勝利があるのだ」ということを予測し、彼らが妨害しようとしている祝福を、何としても諦めずに、絶対に邪魔されずにつかみ取ると決意することは有益です。

正直な話、私が通されている道の困難さ、苦しさについては、とても説明することはできません。これはあまりにも激しすぎる妨害で、私自身がこれほどまでに地獄の軍勢の徹底的な憎しみの前に立たされていることに、驚愕せざるを得ません。しかしながら、その中で、キリスト者は、すべてを主と自分との間で切り抜ける方法を学ばなければならないのです。誰の助けも借りることなく、誰をも当てにすることなく。主はそのすべてに対して勝利を与えうる方であることを信じ、何があっても、それを取り逃がすことなく、敵を上回る執念で勝利を追い続ける覚悟と姿勢が必要なのです。

徹底的な戦いを通され、勝利の秘訣を学ぶことが必要です。ある時期までは、なりふり構わぬ激しい戦いが続きます。何トンもの重荷に押しつぶされかかっているかのような状態で、自分の正常な意識さえ遠のき、すべての人に理解されないという感覚に陥ることもあるでしょう。しかし、敵を上回る執念で勝利を目指し続けねばなりません。そうしたら、必ず、戦いを抜ける時が来ます。呪いが解除されて、肩から荷が転げ落ち、解放されて、終わったと分かる時が来ます。それは平安が到来するから分かるのです。

圧迫は敵から来るものです。意気阻喪であれ、悲しみであれ、失意であれ、それは敵から来るものです。勝利を掴むためには、どれほど困難があっても、圧迫に立ち向かうことをやめてはなりません。全ての重荷を跳ね返さねばなりません。それには非常な困難が伴いますが、徹底して立ち向かう術を学ぶこと、それが訓練であり、学びなのです。

もしもあなたが嘘を言っているのでないならば、困難が伴っても、徹底的に真実を追及すれば、道は必ず開けます。ですから、語ることをやめてはなりません。真実な証言は、絶対にやめてはいけませんよ。絶対に人に遠慮して口をつぐんではいけません。相手がどれほど権威を持っていても、人間に過ぎない者は、恐れるに足りない。

私が目指しているのは、前にも書いた通り、私自身を超える利益なのです。私が自分を手放している以上、他の人々の利益にも、絶対にとらわれるわけにはいかない。とことん信じる道を突き進むしかないですね。 


* * * 

以上の文章に書いた通り、実は第一審が進行していた間、警察とは実に様々なやり取りがあり、手続きが遅々として進まないことに私は焦燥感を覚えていた。そのことは当時、書くわけにいかないと思い、こらえていたのだが、長大な時間を費やして、警察とは書類のやり取りをし、何とか早く事件を進めてもらいたいと幾度も懇願を重ねたものである。

ところが、判決が下り、しばらくしてから、警察との関係が以前と変わった。今は焦燥感もなければ、緊張関係もない。そして、この事件に限らず、様々な出来事について、私には見えていない多くの点について、たくさんの指摘をもらえるようにもなった。

警察官と接触していて思うことは、彼らはやはり数多くの悲惨な事件や事故の現場に立ち会ってきているためか、人の苦しみや悲しみを受け止める深い感受性がある、ということである。

それは、一概に同情や共感の能力が高いという意味ではなく、通常人が滅多に経験しないような出来事に遭遇して来ているので、普通の感覚では理解し得ないような様々な尋常ならぬ事件や、尋常ならぬ人々の性格を受け止める耐性があるということである。

だから、こういう人たちと話していると、普通の人たちからは得られない助言や、面白い気づきを得ることがある。とにかく事件を早く進めてもらいたいという焦燥感から解放された時に、私は彼らの言い分をとても面白く感じられるようになった。

私は伝えている、いつか、この事件に関わるすべてのことを、私自身が手放せるようになったとき、自然とあるべき結果が出されるだろうと。

何としても賠償金を回収したいとか、何としても犯人を有罪に追い込みたいといった気負いも、すべてが通り過ぎたその後で、何一つ自分の力で進めていないのに、自然と、あるべき結果が出る時が来るだろうと。そうなったときに、この事件は、自然と調和のとれた終わりが来るだろうと私は述べた。

私は正義の実現をあきらめるわけでは決してないし、約束された権利を手放すつもりもないし、罪に対してはふさわしい罰が伴うべきであるという考えを捨てるつもりもないが、ただそれを自分の力で実行しようとはせず、神に信頼して裁きを委ね、そして、必ずその裁きが実現することを信じるというスタンスを取るべきであると思い、これからもそうすることを決めたのである。

そういった結論は、警察官との会話の中で、得られたものであった。そこで、私は第一審の時に、警察が民事訴訟の助けにはあまりなってくれなかったことを、今は不満には思っていない。警察官を証人として呼ぼうとしたが、それも実現しなかったことにも、それなりの意味があると考えている。

ひとこと欄に書いた通り、私には誰の力も借りず、(主と)自分自身の力で敵の虚偽を跳ね返したと言える状況が必要だったのである。
 
さらに、以下は、その2日ほど前に掲載したもの。これはとても残酷な言葉を突きつけられ、まるでどん底に突き落とされたように困難を感じる状況の中で、立ち上がる決意を決めて書いたものである。

これまで、多くの人たちが、残忍な行為に加担するのを見て来た。私はその度毎にショックを受けて、人の心の頼りなさを思わされた。しかし、この先、周りにいる人たちが善良な人々であるか、それとも悪人であるか、ということに一切煩わされまい、と決意したのである。

言ってみれば、想像を絶するような悪人に遭遇することがあっても、人間とはもともとそういうものであって、神が介在されない限り、みなこの罪深い状態が出発点なのだというところに立ち、物事のひどい状況に目を留めず、あくまで主を見上げて進んで行きたいと願ったのである。

そして、たとえ今まで私をとりまいていた善良な人たちや、恵まれた環境条件などが、一切、なくなったように見える時でも、主が私の解決であることを見て、環境の変化に煩わされることなく、進んで行こうとの決意を述べたのである。

* * *

良い人たちと出会わせて下さるのも主。しかし、それだけに決して頼らないこと。 運の良さや、周りの人たちの善良さ誠実さに期待して、それによりすがって物事を進めようと思わないことが肝心。たとえ周りに誠実で良い人たちが絶え果てたとしても、それでも信念に基づいて物事を進めて行く努力をやめないことです。

私は真っ暗闇の中を通される時にも、主が私の足の灯であるということを考えさせられます。
これほど暗闇が深くなった時代もないと思いますが、それでも、神は必ずご自分を求める者に、
応えて下さる方であることを信じることに変わりはありません。

知っていますよ、良い人たちは存在していること。でも、私は人間に栄光を帰したくないのです。たまたま条件が揃っていたから物事がうまくいったと思われたくないのです。たとえ完全な
闇が周りを取り巻いている時でも、私は神以外の助けなしにその状況を打開できることをきちんと証明してみせたいのです。

だから、金輪際、周りの人たちの善良さを評価し、彼らに栄光を帰することはいたしますまい。
目に見える人間の歓心をどう買ったか、とか、どう上手く立ち回り、人の心を得、誤解されたり、 敵対されないように歩んだか、ではなく、主と私との二人三脚、誰にも知られないところでのひそやかな祈りと語らいがすべての物事を決定し、左右して行くことを私は確信している。
人の心も、状況も、何もかも主が掴んでおられること、神にあって、私はすべてを動かすことが
できることを決して忘れることはありません。暗闇は打破されるでしょう。 

女性の弱点は、自分が引き裂かれることに耐えられないことにあるんですよ。 男性は打たれても耐える力がある(例外もいますが)。基本的に美に執着しない。プライドを折られても、その痛み苦しみを自分で黙って負うことができる。しかし、女性の90%は、私が知っている限り、栄光と美を失うことに耐えられません。そして、苦しみを自分一人で負う力がない。女性が年がら年中、愚痴ばかり言っているというのは本当のこと。自分一人で苦しみを負えない生き物だからです。

しかし、私は女性もそういう弱さは脱却する必要があると思います。そのためには、ある意味、女性も墓の向こうまで行く必要がある。手放すものが何もないという境地まで。そして、そこまで行っても、まだ尊厳を保って生きられるところをきちんと証明する必要がある。

女性の中には、残念ですが、優秀な人はとても少ない。でも、いないわけじゃない。私自身、その少ない人たちに出会って来た経験はあります。そして私は女性の中に優秀な人が少ないのは、守られるのが当たり前の世界で生きているからだと、そして、自己の尊厳を失うことに男性よりもはるかに弱いからではないかという気がしてなりません。私はそれとは別の道を行きたいのです。本当に困難な道を、弱くとも、並大抵の強い人が通らないような道をあえて行きたいのですね・・・。

そして、そのためには、やっぱり、自己の美と栄光とを徹底的に死に渡すことがどうしても
必要ではないかという気がするのです。

男女を問わず、「私は正義のために命がけで戦っている」なんて軽はずみに言う人たちがいますが、 試金石は、自分を捨てられるかどうかでしょう。自己の栄光と美を、正義の実現と引き換えに、 一体、どれくらい犠牲にすることができるのか、そこだと思いますよ。1ミリたりとも自分を手放さないまま、正義など唱えても、むなしいだけなのです。しかしそれは結局、自分が踏みにじられたり、誤解されたり、讒言されたり、傷つけられたりすることを、どれくらい耐え忍ぶことができるかという問題に直結するわけです・・・。

だから、私は何度でも言います、神の正義と真実は、私のこの身とは引き換えにならない価値があると。それは私の価値を何倍も超える、比べられない価値であると。だから、私は自分をそのために投げ打つことを惜しいとは思わないし、自分自身の名誉、評判、権利、利益がそのために傷つけられることを全く惜しまないと。

どうぞ、傷つけたいなら、好きなだけ傷つけなさいな。でも、私が選ぶのは、常に「私ではなくキリスト」なのです。その選択がある時に、初めてキリストと共に私も死を経て、生かされるわけですね。私も守られるのです。その勝利を私は知っているし、信じているのです。 これは通常の女たちにはない絶大な防御ですよ。

でも、女性であっても、その価値が分かる人はいると思います。

*  * *

そして、以上に書いた通り、実際に、女性であっても、自分自身を超えた正義の実現のために、自分を捧げることの価値が分かる人は必ずいるのだ!ということが判明した。

やはり、思った通りになった。たとえ優秀な人が数少なくとも、女性の中にも、当然ながら、優れた資質を持つ人たちが存在するのである。
 
キリストの系譜には、貧しく弱く見捨てられた女性たちがたくさん登場している。そのような女性たちに、神は目を留めて下さり、彼女たちを重宝された。見た目の優秀さではなく、多くの苦難を経験し、心を打ち砕かれて、へりくだって、神の御言葉に真実に従った女性たちを、主は重んじられた。その原則は、多分、今日も変わらないと考える。

だから、私はやはり、「私ではなくキリスト」、十字架の死に自分を渡したいと願う。

以下は、さらに少し前に、神の御前で自立するという決意を述べたもの。自分よりも強い者たちに頼らず、誰の力によっても支えられず、自分で信じるところに従って、主と自分との力ですべての苦境をくりぬけようと決意したもの。

* * *

さて、これまでは私も未熟だったので、他人に守ってもらったり、かばってもらったりということも時折はあった。しかし、一人前になるためには、独り立ちせねばならない。真に自分の実力だけで歩いて行かねばならないと痛感。そして、誰もを納得させねばならない。しかし、それは可能であるということも、これまでの経験上、分かった。
そのためのポイントは最も難しい道を行くこと。敵は常に口を封じようとする。しかし、語りなさい。語りやめないで、 勇気を持って証しを続けなさい。重要なのは、サポートしてくれる人がいるかいないかではなく、主にあって、自分自身の中にある霊的中心性を手放さないこと・・・。

いいですか、考えられる限り、一番困難な道を行きなさい。人に誤解されることも、嘲られることも、 踏みにじられることも、見捨てられることも、讒言されることも、疑われることも、中傷されることも、 何もかも覚悟し、すべての重荷を負って、他の誰よりも著しく困難な道を行けば、必ず、見ている人は、 すべてそれが冗談でもなければ、私怨でもなく、信念から出た行動であることをやがて確信せざるを得なくなる。
しかし、その荷は私が自分で背負うのではなく、主が負って下さる荷。だから、人が負わせる荷に比べれば軽いのです。

私はこの先、他人の善良さにはもう期待しないでしょう。周りにいる人がたまたま良い人で、
理解と思いやりがあるから、その人にサポートしてもらえたおかげで、運よく何かが好転した
などと決して思われたくない。松葉杖を一切捨てて、自分自身で歩いて行かねばならないし、
そうする時に初めて、自己の尊厳が着いて来るわけです。私は本当にすべてのことの手柄を
自分だけのものにしておきたい。それは自分を誇るためではなく、もはや誰にも中間搾取を
されないためなのです。 
 
* * *

さらに、最後にレジ袋無償化について。実はこのひとこと欄をもとに記事を書きかけていたので、以下に掲載しておく。

* * *

レジ袋無償配布禁止が来年4月からまことしやかに実施されるかのように報道。法整備もなされていないうちから、まるで既定路線のごとく、反対を封じ込め、国民を諦めさせようとしている。ここまで全国津々浦々のスーパーに至るまでの民間企業のサービスに国が介入するなんて、もはや社会主義国ですね!! これ、どこから始まったか知ってます? 環境省のマイバッグ運動。

要するに、プラスチックごみを減らし海洋汚染を防ぐためにレジ袋を規制するという口実なわけ。しかし、プラごみ全体の中でレジ袋が占める割合など全く証明もされていないほど微々たるもの。レジ袋の中にもプラスチック原料でないものがある。天然素材のものまで禁止するのはおかしい。それなのに、一網打尽に無償配布を禁止しようとしていることの恐ろしさ。違うでしょ、プラスチック由来のゴミ袋だけを禁止しないと、環境汚染を止めるという口実さえ成り立たないのに。理屈がおかしい。こうして、産業ゴミには規制をかけず、国民の負担になることばかり実施。それを環境のためと偽る。

かつてのマイバッグ運動は国民に強制できないとして法制局で頓挫した。今回は前回の教訓もかえりみず、法制局まで巻き込んで、強引に無理やり押し通そうとしている。そういうことをすれば、大手スーパーは打撃を受けず、中小零細の店がつぶれ、ますますシャッター街が増えるだけ。

私から見れば、これ、国家総動員体制の復活の始まりね。そのうち、買い物袋持参の上、配給の列に並ばせ、鍋や釜も全部出せって話になっていくのでは。東京オリンピックを前に、心の国家総動員体制を敷きたいだけなんですよ。今考えるべきは、除染した土をどこに埋めるかという問題であって、レジ袋の有料化じゃない!!呪われたオリンピック・・・。

でも、まことしやかに報道している割には、実際には、プラごみ由来ではないレジ袋の無償配布まで禁止する法的根拠が本当にないんですよね。無償配布したから、汚染が拡大するという因果関係も立証されてない。こんな滅茶苦茶な法律は通せないし、通ったらもはや世も末と思います。だって、無償配布が害になるという因果関係の証明がない限り、禁止する根拠がないんですから。法制局がどう出るかですよね。

もしレジ袋の無償配布が禁止できるなら、この先、何だって禁止できますよ。ホームレスへの炊き出しだって無償配布ですし、駅前でのポケットティッシュの無償配布だって同じ、理屈さえあれば、何だって禁止できることになりますよ。小さく産んで大きく育てる式に、レジ袋はほんのとっかかりで、次々と無償配布が禁止に・・・。多分、そこが狙いなんだと。国民生活はますます不自由と窮乏へ向かう。まさに恐るべき時代が到来しつつある・・・。

「産めよ、増えよ、地に満ちよ」vs.「産むな、増やすな、地から絶え果てよ」

* * *


レジ袋無償配布禁止が来年4月から実施されるなどという報道がまことしやかに飛び交っている。法整備もなされていないうちから、まるで既定路線と言わんばかりだ。

こうして盛んに報道発表することで、反対を封じ込めようとしている気配がありありと感じられる。だが、国がここまで全国津々浦々のスーパーに至るまでの民間企業のサービスに介入するなど、もはや社会主義国ではないかという印象だ。
  
要するに、プラスチックごみを減らし、海洋汚染を防ぐためにレジ袋を規制するというのが口実なのだが、プラごみ全体の中で、レジ袋が占める割合など、全く証明もされていないほど微々たるもののはずだ。

しかも、レジ袋の中にもプラスチック原料でないものがある。



画像:海洋汚染をなげくサーファーが作った「飲めるプラスチック」とは?

プラスチック製のゴミ袋だけを禁止しないと、環境汚染を止めるという口実さえ成り立たないのに。天然素材のものまで含め、無償配布を禁止するというのは、理屈がおかしいではないか。

しかも、こうして、産業ゴミには規制をかけず、国民の負担になることばかり実施。それを環境のためと偽る。

これはかつてのマイバッグ運動の焼き増しのようなものらしいが、かつて環境省はマイバッグ運動を法制化して国民に義務づけようとしたが、そこまで国民の選択を強制できないとして、法制局で頓挫したそうだ。

ところが、今回は前回の教訓もかえりみず、来年4月から必ず実施してやると、大臣らが叫び、法制局まで巻き込んで、強引に無理やり押し通そうとしている気配が感じられる。だが、そういうことをすれば、大手スーパーは打撃を受けない代わりに、中小零細の店がつぶれ、ますますシャッター街が増えるだけではないか。

以下の記事を見ると、インドではスーパーのビニール袋を禁止したが、法律は死文化しているというから、日本でも、強引に押し通したとしても、この法律の先行きは暗そうだという気がしてならない。

インドのスタートアップ企業、100%生分解性の「食べられるビニール袋」を開発」

インドでは増え続けるゴミ対策の一環としてスーパーのビニール袋は所持、使用、補完しているだけで最大19万円の罰金となる違法な物質とされました。正直なところ多くの場所でほぼ死文化している法律とはいえ違法は違法であり、賄賂目当ての悪徳警官にとっても格好の口実となります。
EnviGreen創始者である25歳のAshwath Hedgeさんはこの法律によって悩まされている人に新たな選択肢をと考え、この製品を開発しました。Hedgeさんは4年の再悦を掛けて多くの材料を研究、実験してきました。」
 
無償配布を一網打尽にしようとしているのは、有償化することによって、電話のユニバーサルサービス料のように、環境税のようなものをもうけて、政府の新たな財源にすることが狙いだからなのか。

だが、筆者から見れば、そもそもこはれ、国家総動員体制の復活の始まりだ。この政府は、東京オリンピックを前に、国民生活を統制し、心の国家総動員体制を敷きたいだけなのだ。

そのうち、買い物袋持参の上、配給の列に並ばせ、鍋や釜も全部出せという世の中に逆戻りするのではという悪寒がしてならない。今考えるべきは、除染した土をどこに埋めるかという問題であって、レジ袋の有料化ではないだろうに。

プラスチック由来かどうかも確かめず、レジ袋の無償配布を禁止したからと言って、汚染が縮小するなどという因果関係を、誰も立証できるはずがない。なのに、こんな滅茶苦茶な法律が通るようであれば、世も末だ。

レジ袋の無償配布を禁止ししたからと言って、プラスチックごみが減らないとなると、第二、第三の規制が法制化される可能性がある。

また、レジ袋の無償配布を禁止にできるなら、それを皮切りにして、この先、何でも禁止できる。ホームレスへの路上の炊き出しも禁止、駅前でのポケットティッシュの配布も禁止。チラシの配布も禁止。理屈さえあれば、小さく産んで大きく育てる式に、次々と無償配布を禁止にできる・・・。

多分、そこが狙いなのではないのと筆者は考えている。国民生活をますます不自由と窮乏へ向かわせるための策が練られているに過ぎない。さに恐るべき時代が到来しつつある・・・。

「産めよ、増えよ、地に満ちよ」vs.「産むな、増やすな、地から絶え果てよ」

* * *

以下は、誤解しないでもらいたいが、当ブログを巡る訴訟そのものを指すものではなく、その書面を置き去りにしてまで、当時、真剣に取り組んでいた別の問題のことである。

当時、裁判記録の捏造とか、証言の偽造といった問題を考慮していた。なりすましとは、裁判所で作られた不正な記録のことである。

裁判所で作られた判決は、基本的に、裁判所を出ないので(当事者がもらうものはコピー)、判決でさえ偽造されるという事件は過去にも起きている。

以前は、そんな問題については、考えてみることさえなかったが、そういう事件を防ぐためには、やはり、すべてを光のもとにさらすことが不可欠だと、私は考えるようになった。

訴訟とは、原則的に公開の手続きであるから、裁判官も、滅多なことでは、不正な判決など出せない。市民が見ているからだ。当事者も、裁判官も、自分たちは市民の目にさらされているという緊張に包まれている。だから、誰もが襟を正さねばならない。そこが、訴訟の強みでもある。

訴訟に限らず、隠れたところで物事を論じるのではなく、公の光のもとに出すことは有益だ。当ブログに過去に掲載したある人物の陳述書も、こうして公開の場に持ち出すことによって、本人の人柄、また、これを信じる人の人柄に光を当てることができたと私は考えている。

あの陳述書の内容を信じるとすれば、信じる人もそのレベルだということが証明されるだけである。

このように、怪しげな内容のものは、どんなものであれ、光の下に公然とさらすことで、その悪しき効果は半減する。そして、やはり記録が公開される訴訟というのは、ブログなどには比べものにもならない重さを持っているし、そうであればこそ、そこで話し合われる内容、下される決定には、相当な意味があるものと思う。

そういう意味で、私は仮に裁判所で不正が行われるようなことがあったとしても、それでも、裁判所が持つ権威を否定するつもりには全くならないし、訴訟や、法的手続きに対して持っている一種の畏敬の念を失うこともないだろうと思う。
  
偽造すなわちなりすましの問題については、虚偽は虚偽であることを、オリジナルとの対比によって、公然と示すことが、何より必要である。そういうわけで、「なりすまし」問題を訴えるに当たり、オリジナルを掲載しておくことが有益と考えればこそ、ひとこと欄をこの記事にまとめた。
 
* * *

アクロバティックな方法ですが、主張書面を作り上げています。記事を止めているのは、他に書き上げねばならない書類があるためで、全部を仕上げるのに、そう時間はかからないでしょう。「語らせない」「沈黙させる」「口を封じる」この流れに、全力で対抗せねばなりません。さらに「なりすましによって他人の言葉を奪う」人たちにも、全力で抵抗せねばなりません。しかし、同時に、議論を終えなければならない時を、見間違えてもいけない。いつまでも果てしなく語れば良いというものでもないのです。

それにしても、物事を公開するインパクトは大きいですよ。嫌がらせはいつも隠れたところで行われますので、その事実をそっくりそのまま、公開してあげれば良いのです。保全事件はすべて非公開。だからこそ、暗闇の中で、彼らにはやりたい放題のことができる。むろん、すべての裁判所の保全係がヘンなわけではない。多分、横浜だけでしょう。ですから、電話の録音も、決定文書も、証拠も、全部、公開の場所に引き出して、裁きに委ねましょう。そうすれば、氷が解けるようにその効果も消えて行くと思います。本当に、嫌がらせって、本人にしか分からないようにやるからこそ、いつまでも続けられるんですよ。掲示板もそうだけど、社会からの非難が集中するところに持ち出せば、辞めざるを得なくなる。

ウソの情報を信じて広めると、広めた人が罪に問われるんですね。誰かさんの陳述書とかも同じで、他人の発言を根拠にして発言するときってよほど注意しなくてはいけない。

なりすましの法則。これを警戒せねばならない。少し前までは身近な人の裏切りや讒言が問題となっていましたが、今は何気なく近づく人たちのなりすましによる簒奪。次は思いがその人自身を奪取するという問題か。なりすましは主従関係の逆転です。この逆転した関係を覆して元に戻す必要があるわけです。

* * *
  
まだまだ仕事が山積みのため、ブログ記事の更新はスローペースとなるが、それでも、やはり、主の恵みを語り続けることは有益であるがゆえ、口を閉ざすわけには行かない。

私たちの主は、最も困難な瞬間に、力強く共にいて下さる方である。そして、義に飢え渇き、神の正しい御言葉に合致する、正義の判決が欲しいと願い続けている私を、決して置きざりにしては行かれないだろうと信じている。

私は、私がこの地上から取り去られた後も、ずっと世に残り続け、多くの人たちを不自由や圧迫から解放することのできる裁きを求めている。そのためにならば、長い時間をかけて犠牲を耐える価値があると思っている。

だが、その原則は全てに共通する。朽ちる卑しいものから、朽ちない尊い永遠に残る収穫を生み出すためにこそ、我々は日夜、奮闘し続けている。そして、私たちを生かしていることば――正しい掟――の実現のためならば、目に見える地上の存在としての自分をなげうっても構わないと思うほど、私はこれを尊重している。

それは、聖書の御言葉への畏敬の念に基づくクリスチャンとしての当然の信念であると同時に、私自身の中では、この世の法に対しても、似たような畏敬の念となって表れている。私たちが求めているのは、この世の目に見える世界に、正しい掟が適用され、命令と実行が一つになる世界であり、私たち自身が、主なる神の御言葉と一つとなって、その約束の実現の中を生きる時である。それはまだ完全な実現を見てはいないが、私たちは飽くことなくその実現の日を待ち望んでいる。主の御言葉が、私たち自身をとらわれの状態から完全に解放してくれるその時を――。

だから、私たちは告白する、信じます、いつか必ず、そのようになることを。お言葉通り、僕の身になりますようにと。

「御言葉はあなたのごく近くにあり、あなたの口と心にあるのだから、それを行うことができる。」

申命記30章1~20節から

わたしがあなたの前に置いた祝福と呪い、これらのことがすべてあなたに臨み、あなたが、あなたの神、主によって追いやられたすべての国々で、それを思い起こし、

あなたの神、主のもとに立ち帰り、わたしが今日命じるとおり、あなたの子らと共に、心を尽くし、魂を尽くして御声に聞き従うならば、

あなたの神、主はあなたの運命を回復し、あなたを憐れみ、あなたの神、主が追い散らされたすべての民の中から再び集めてくださる。

たとえ天の果てに追いやられたとしても、あなたの神、主はあなたを集め、そこから連れ戻される。

あなたの神、主は、かつてあなたの先祖のものであった土地にあなたを導き入れ、これを得させ、幸いにし、あなたの数を先祖よりも増やされる。

あなたの神、主はあなたとあなたの子孫の心に割礼を施し、心を尽くし、魂を尽くして、あなたの神、主を愛して命を得ることができるようにしてくださる。

あなたの敵とあなたを憎み迫害する者にはあなたの神、主はこれらの呪いの誓いをことごとく降りかからせられる。

あなたは立ち帰って主の御声に聞き従い、わたしが今日命じる戒めをすべて行うようになる。

あなたの神、主は、あなたの手の業すべてに豊かな恵みを与え、あなたの身から生まれる子、家畜の産むもの、土地の実りを増し加えてくださる。主はあなたの先祖たちの繁栄を喜びとされたように、再びあなたの繁栄を喜びとされる。

あなたが、あなたの神、主の御声に従って、この律法の書に記されている戒めと掟を守り、心を尽くし、魂を尽くして、あなたの神、主に立ち帰るからである。

わたしが今日あなたに命じるこの戒めは難しすぎるものでもなく、遠く及ばぬものでもない。

それは天にあるものではないから、「だれかが天に昇り、わたしたちのためにそれを取って来て聞かせてくれれば、それを行うことができるのだが」と言うには及ばない。

海のかなたにあるものでもないから、「だれかが海のかなたに渡り、わたしたちのためにそれを取って来て聞かせてくれれば、それを行うことができるのだが」と言うには及ばない。

御言葉はあなたのごく近くにあり、あなたの口と心にあるのだから、それを行うことができる。

見よ、わたしは今日、命と幸い、死と災いをあなたの前に置く。

わたしが今日命じるとおり、あなたの神、主を愛し、その道に従って歩み、その戒めと掟と法を守るならば、あなたは命を得、かつ増える。あなたの神、主は、あなたが入って行って得る土地で、あなたを祝福される。

もしあなたが心変わりして聞き従わず、惑わされて他の神々にひれ伏し仕えるならば、

わたしは今日、あなたたちに宣言する。あなたたちは必ず滅びる。ヨルダン川を渡り、入って行って得る土地で、長く生きることはない。

わたしは今日、天と地をあなたたちに対する証人として呼び出し、生と死、祝福と呪いをあなたの前に置く。あなたは命を選び、あなたもあなたの子孫も命を得るようにし、

あなたの神、主を愛し、御声を聞き、主につき従いなさい。それが、まさしくあなたの命であり、あなたは長く生きて、主があなたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブに与えると誓われた土地に住むことができる。
PR